論語詳解451陽貨篇第十七(17)巧みの言うるわしの色

論語陽貨篇(17)要約:おべっかや作り笑顔する奴には気を付けろ。論語の冒頭、学而篇にあった言葉が再登場します。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」

論語学而篇3と同文。

校訂

武内本:唐石経此章傍添。

書き下し

いはく、たくみのことのはうるはしのかんばせなまぐさなりじん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「巧みな言葉、うるわしい笑顔だと、生臭くなってしまう、常時無差別の愛が。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
おべっかと作り笑いで迫られては、せっかくの思いやりもインチキ臭さがプンプンする。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「ご機嫌とりにろくな人間はいない。」


*本章は、三章と全く同一で、重出である。同一の訳文をくりかえす代りに、ここでは思い切り。くだけた意訳を試みてみた。三章と対比されたい。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 巧 古文 論語 巧
(古文)

論語の本章では、”人為的にたくみに作られた”。現行の書体「工」+「丂」は、当然ながら中国を統一した秦の文字の系統を引いているが、それ以外の系統の文字では、へんは扌であったり木であったりする。楷書化した字体も論語 巧 異体字 や論語 巧 異体字など多様性がある。
論語 巧 書体
「巧」古文一覧:Image via http://xiaoxue.iis.sinica.edu.tw/ccdb

「丂」は『学研漢和大字典』は屈曲して線につかえたさまといい、「工」とともに巧みに加工された成果を指すとするが、『字通』は曲刀といい、「工」とともに加工の手段とする。いずれにせよ人為的に巧みに作られた意とし、つくりもの、あるいはニセモノを意味する。

論語 言 金文 論語 音 金文
「言」「音」(金文)

論語の本章では”言葉”。論語の時代では「音」と書き分けられない場合があったが、音はカールグレン説では「言」ŋi̯ănと「音」ʔi̯əmで異なり、諸家とも異音であることは一致している。

原義は『学研漢和大字典』は「辛(刃物)+口」で、不明瞭に言うのを音、明瞭に言うのを言だという。『字通』は「辛(入れ墨の刃物)+サイさい(祝禱のりとを収めた器)」で、言葉に偽りがあれば入れ墨刑を受けるという誓いだという。「音」はサイではなく「曰」とする字体が多い。

詳細は論語語釈「言」を参照。

論語 令 金文 論語 令 甲骨文
(金文・甲骨文)

論語の本章では”見た目の良い”。『学研漢和大字典』による原義は△=屋根の下で紙や君主の言葉を伝えることといい、『字通』では跪いて神意を伺う人の姿という。要するに△を屋根と取るか、冠と取るかの違いだが、金文以前の書体を見ると『字通』が正しいように思える。

論語 色 金文 論語 色 古文
(金文・古文)

論語の本章では”表情”。『学研漢和大字典』・『字通』ともに、原義は背後から行う男女の愛情行為の象形という。『字通』によるとなべて高ぶった感情を指すという。この文字は甲骨文では未発掘。

論語 鮮 金文 論語 鮮
(金文)

論語の本章では”なまぐさい”。原義は『学研漢和大字典』では「魚+羊」で生魚と生肉を意味するとし、『字通』では「羊」は生臭みを意味するという。この文字は甲骨文では未発掘。

矣(イ)

論語 矣 金文
(金文)

論語の本章では”~であることよ”。詠嘆の意。原義は『学研漢和大字典』では人の振り返った姿といい、『字通』では「㠯(農具のスキ)+矢」で、スキに矢を結わえて清め祓う意であり、その際に発する声という。

「矣」は「焉」「也」と共に、完了や断定の意を表すが、呪術医が病魔を祓う掛け声として「」が用いられた例を『字通』「也」の項で引くが、「矣」も同じく掛け声から、語句を強く結ぶ意になったと推測している。詳細は論語語釈「矣」を参照。

この文字は甲骨文では未発掘。

論語 仁 甲骨文 論語 仁 古文
(甲骨文・古文)

論語の本章では”常時無差別の愛”。孔子の教説の中心概念。原義は『学研漢和大字典』によると人が二人寄り添う姿で、『字通』では人のために敷物を敷いてやる姿という。

論語:解説・付記

論語の本章が学而篇と重複している事情については、武内義雄『論語之研究』によると次の通り。まず論語で最も古く成立したのは論語前半(いわゆる上論)の雍也篇~泰伯篇の元・河間七篇本で、その次が論語後半(下論)のうち先進篇~衛霊公篇、および子張篇~堯曰篇。

これを斉論語(古論語から派生した斉論語とは別)と言い、子貢派の手によるとする。その次に成立したのは斉魯二篇本で、論語学而篇と郷党篇(現伝論語の第十)であり、子貢派と曽子派・有若派の言葉が併記されていることから、孟子が斉に遊説してから後の成立とする。

そしてこの論語陽貨篇は、論語のうち上論の子罕篇、下論の季氏篇・微子篇、それに現伝論語の堯曰篇に含まれている子張問章を独立させた篇(子張問篇)と共に、後世の付加とし、最も新しいのは戦国末、あるいは秦漢まで成立が下るという。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
  学而 為政 里仁 八佾 公冶長 雍也 述而 泰伯 子罕 郷党 先進 顔淵 子路 憲問 衛霊公 季氏 陽貨 微子 子張 堯曰 子張問
                           
                           
                                     
                               

これが現在、学界でもおおむね定説として受け入れられているようで、となると本章は学而篇の同一文の章よりもさらに後で、論語に加えられたことになる。ただ内容については極めて孔子の言いそうなことで、孔子の肉声と考えていいだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)