論語詳解437陽貨篇第十七(3)唯上知と下愚は*

論語陽貨篇(3)要約:とびきりの賢者は賢者のまま変わらない。●゛カに付ける薬はない、と孔子先生。人は習い性によってどうとでも変われると前章で言ったのですが、両極端に限ると、これはもう変わらないと。そうかもしれません。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「唯上知與下愚、不移也。」

復元白文

子 金文曰 金文 唯 金文上 金文智 金文与 金文下 金文禺 愚 金文不 金文也 金文

※論語の本章は移の字が論語の時代に存在しない。定州竹簡論語にも無い。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、唯〻ただ上知じやうち下愚かぐは、うつらざるのみなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「最高の知者と最低の愚者に限ると、変化しないのである。」

意訳

ニセ孔子
賢者には言うことがない。●゛カに付ける薬はない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「最上位の賢者と、最下位の愚者だけは、永久に変らない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「衹有上等人聰明和下等人愚蠢是不可改變的。

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「上等の人は聡明で下等の人は愚劣だという事実に限ると、これは変わりようがない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


論語 唯 金文 論語 指差呼称 唯
(金文)

論語の本章では、「ただ~のみ」とよみ、”ただ~だけ”と訳す。単独・限定の意を示す。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』による原義は”これ”と指し示すことで、そこから限定の意が生まれた、という。詳細は論語語釈「唯」を参照。

上知

論語 上 金文 論語 知 金文
(金文)

論語の本章では”知者の中でも上等の者”。”うまれながらに道理を知っているすぐれた賢者”と古来解する。これは「下愚」と並んで、論語季氏篇からの推論による。

孔子曰、「生而知之者、上也。學而知之者、次也。困而學之、又其次也。困而不學、於斯爲下矣。」

孔子が言った。「生まれつき知っている者は上等だ。学んで知る者はその次だ。困難に行き当たって学ぶ者はその次だ。行き当たっても学ばない者は、これこそ下等だ。」(論語季氏篇12)

論語 知 訟
「知」は論語の時代、「智」と書き分けられていない。現行書体の初出は秦系戦国文字。『学研漢和大字典』によると「矢+口」の会意文字で、矢のようにまっすぐに物事の本質をいい当てることをあらわす、という。詳細は論語語釈「知」を参照。

與/与

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では”~と”。初出は春秋中期の金文。『学研漢和大字典』による原義は”力を合わせること”。詳細は論語語釈「与」を参照。

下愚

論語 電車

論語の本章では、”最も愚かな者”。「愚」の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。部品の禺が置換候補となる。『学研漢和大字典』による原義は、ものまねザル+心で、愚かなこと。詳細は論語語釈「愚」を参照。

論語が武士の必須教養となった江戸時代、”バカ”を意味する文語として「下愚」が用いられた。

惣て下愚成ものは、強きを以て勇なりと思ふ、其是非にかゝわる事なく、彼等が仲間の頭と呼ぶものをみるに、かよふの喧嘩などあれば、町内に入用をかけ、茶屋にて、仲直りの和談のとて、莫大の物入をかけ、其払を茶屋へは遣さず、己が方へ引込、博奕或は酒食に遣ひ捨る、是を催促すればあたをなすゆへ、茶屋も酒屋も穏便にして難渋す、都て彼等は常に絹布などを著し、或は白銀の多く付たる烟草入の大なる抔を提て晴とす、弱きを倒し、強きを恐る、いにしへの男伊達と反する事尤甚し。(加藤曳尾庵『我衣』文化六年)

日本語「阿呆」は近松門左衛門にもあるというから由緒正しい罵倒だが、「馬鹿」は判然としない。秦の二代皇帝の故事、「鹿を献じて馬となす」が語源というのは嘘くさい。馬「バ」は漢音だが(語釈)、鹿「か」は漢音でも呉音でもなく、日本語の訓読みの略だからだ(語釈)。

趙高欲為亂,恐群臣不聽,乃先設驗,持鹿獻於二世,曰:「馬也。」二世笑曰:「丞相誤邪?謂鹿為馬。」問左右,左右或默,或言馬以阿順趙高。或言鹿(者),高因陰中諸言鹿者以法。後群臣皆畏高。

馬 甲骨文 鹿 甲骨文
「馬鹿」(甲骨文)

宦官で宰相の趙高は国を奪おうと企んだが、高官たちの反撃を恐れ、それを封じるために一芝居打つことにした。

ある日朝廷に鹿を連れてきて二世皇帝に献上し、「馬でございます」と言った。皇帝は笑って「馬鹿を申すな。鹿ではないか。皆の者、そうであろう?」と言うと、一部の近臣は黙ってしまい、一部の近臣は「いや、宰相殿の言う通り、馬でございます」という。だが「仰せの通り鹿でございます」と言った者もいた。

趙高は「鹿だ」と言った者に片端から濡れ衣を着せて処刑したので、群臣は震え上がって趙高の言うがままになった。(『史記』秦始皇本紀57)

なお漢語で「馬鹿」はシカの俗語であり、現代中国語で「马鹿マールー」は、アカシカを意味する。
馬鹿 大漢和辞典

論語 移 古文 論語 移
(古文)

論語の本章では、”他の状態になること”。論語では本章のみに登場。初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。

『学研漢和大字典』によると「禾(いね)+(音符)多」の形声文字で、多(おおい)には直接の関係はない。もと稲の穂が風に吹かれて、横へ横へとなびくこ、という。詳細は論語語釈「移」を参照。

この文字は甲骨文・金文には見られず、古文ではへんがしんにょうになっていたり、つくりが也になっていたりする

論語:解説・付記

論語の本章は定州竹簡論語に無いことから、後漢儒による創作と断じてよい。

論語の本章は、孔子の肉声と判断するのをちょっとためらう話。前章の「性相近し、習い相遠し」(人は生まれつきの特徴は互いによく似ているが、身に付いた習慣は互いに異なっている)と矛盾するように思われるからだ。実際古注では、二つの章を分けていない。

子曰性相近也習相逺也註孔安國曰君子慎所習也子曰惟上智與下愚不移註孔安國曰上智不可使強為惡下愚不可使强賢也

論語 古注 孔安国
先生が言った。生まれつきは似ているが、習慣で異なってくる。(注。孔安国曰く、君子は学びをまじめに行うものだ。)先生が言った。上智と下愚は移らないのである。(注。孔安国曰く、上智の人に無理やり悪事を行わせることは出来ない。下愚の人に無理やり賢い行為を行わせることは出来ない。)(『論語集解義疏』)

つまり人は習い性によっていかようにでも変化しうると言うのだが、最高と最低に限ると、これはもう変わりようがない、ということ。従って修辞上の矛盾は解決するが、心情的にはどうだろう。世間の広い孔子のことだから、上も下も変わりようのない人を見たのだろうか。

団塊
変わりようのない賢者を見た人は、現代人にも少ないと想像する。しかしどうしようもないクズは、親族や隣近所や職場に一人はいるものだから、読者の同意は得られるかも。しかし愚者を笑っているうちはいけないのだと孔子は言う。論語の冒頭ですでにそう言っている。

論語 孔子 切手
無知な者を見て怒らない。それでこそ君子だ。(論語学而篇1)

しかし愚者に怒りを覚えるのは、その被害を被るためで、それをどう防ぐかは孔子は教えてくれない。ただ「愚者を見たらまねするな」(論語里仁篇17)と言い、他に論語には。「かわいそうなことをするな」と言うのみ。但しこの章はニセモノだ。

人でなしな行為を嫌がることが、仁の情けの実践に他ならない。文字通り人でなし行為を行わないからだ。(論語里仁篇6)

ニセモノだけに、実践論としてはどうだろう。不仁を嫌ったところで、不仁者は嫌がらせによって物心いずれかの利益があるから寄ってくるわけで、遠ざける効果があるとは思えない。物理的に距離を置くしかないが、置けるなら誰だって真っ先に不仁者から遠ざかっている。

それが出来ないところが人間社会の厄介なところで、会社や学校や家族、属する組織から離れて暮らすのは、そう簡単なことではない。以下は訳者の想像だが、だからこそ孔子は徳=経験や技能に裏打ちされた人間の機能を高めることを主張した。威圧して不仁者を追い払うのだ。

論語 隠者論語 隠者
あるいは遠ざかって一人暮らすのも、自活能力という点で一種の徳と言えなくはない。この論語陽貨篇の次は微子篇で、そこには隠者が登場し、ある種の解決を得ている姿が描かれる。これは後世になって儒家でも道家寄りの者が、論語に書き加えたのだと言われている。

個人ではどうにもならない社会の転換期に、隠者的生活は一つの解ではあるだろう。道家は儒者にとって強力なライバルだから、儒者も論語学者も微子篇をあまりよく言わないが、安定期の役人のような生活を、動乱期に維持できる人々がどれほどいるだろうか。

論語 子張 徳を高める
ただいずれにせよ徳は高めなければならない。孔子が勉学を勧めるのももっともだ。上知と下愚は移らないのは確かだろうが、論語読者のほとんどは凡人だ。つまりやる気次第で移りようがある。そのやる気さえ枯渇させるのが現代の消耗というもので、やはり道は険しいようだ。

学ぶに如かざるなり(論語衛霊公篇31)ということなのだろう。

さて最後に、論語の本章が史実である可能性を検討してみよう。それには条件が要る。

  1. 也を詠歎で用いている
  2. 定州竹簡論語にはあったが、墓泥棒や紅衛兵により跡形もなく破棄された。あるいは定州竹簡論語の筆者が書き忘れた
  3. 移の置換候補が論語時代にあった

1は「目をつぶる」ことしか出来ず、2は証明のしようが無い。だから3について若干記す。移dia(平)(→語釈)はどう理屈をこねても論語の時代に存在し得ないが、𨑭(上古音不明)音シ訓うつるが『大漢和辞典』にあり、初出は甲骨文で、徙si̯ĕɡ(上)(→語釈)の異体字とされる。

仮に音が徙と同じとすると、移と近音とすら言えないが、何かの拍子に論語の𨑭の字が移に書き換わったとすると、孔子の生前に存在しうる。もっとも、かような爪楊枝をタテ置きするような屁理屈を並べて、本章の史実性を主張できるとはさらさら思っていない。

ただ、孔子が言ったら面白いな、と思うのみである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] バカに付ける薬は無い、と孔子が言ったとおりになる。本章で挙げられた宋朝の例ではないが、同じく霊公に仕えた弥子瑕は、美貌をいい事に好き勝手を極めたが、容姿が衰えた途端に悲惨な目に遭わされた、という逸話を韓非子が記している(→余桃の罪)。 […]