論語320子路篇第十三(18)葉公孔子に語りて

論語子路篇(18)要約:南方の大国・楚の大立て者、葉公。我が領民は正直者ばかりでござってな、と孔子先生に領民の自慢を始めます。しかし放浪の末に仁政や政治の何たるかをつかんだ先生は、おだやかに反論を説くのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

葉公語孔子曰、「吾黨有直躬者、其父攘羊、而子證之。」孔子曰、「吾黨之直者異於是。父爲子隱、子爲父隱、直在其中矣。」

書き下し

葉公せふこう孔子こうしげていはく、たう直躬ちよくきうといふものり、ちちひつじぬすみ、しかうしてこれしようす。孔子こうしいはく、たう直者ちよくしやこれことなれり。ちちためかくし、ちちためかくす、なほきことうちなん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

葉公が孔子に語った。「我が領民に直躬という者がいて、父親がヒツジを盗んだら、子なのにそれを証言した。」孔子が言った。「私の地元の民は違いますな。父は子をかくまい、子は父をかくまう。正直とはきっとそういうことです。」

意訳

葉公「我が領民は正直者でござってな、正直者で評判の躬という子供が、裁判で”ヒツジを盗んだのはうちの父ちゃんです”と証言したものでござる。」
孔子「それがしの田舎では違いますな。父と子で互いの悪事をかばい合う。それが本物の正直でござるよ。」

…父と子が互いの悪事をかばいますが、そんな土地にもきっと正直者はいるものでござる。そういう者を大事になされ。

従来訳

葉公が得意らしく先師に話した。――
「私の地方に、感心な正直者がおりまして、その男の父が、どこからか羊が迷いこんで来たのを、そのまま自分のものにしていましたところ、かくさずそのあかしを立てたのでございます。」
 すると、先師がいわれた。――
「私の地方の正直者は、それとは全く趣がちがっております。父は子のためにその罪をかくしてやりますし、子は父のためにその罪をかくしてやるのでございます。私は、そういうところにこそ、人間のほんとうの正直さというものがあるのではないかと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

葉公(ショウコウ)

論語の本章では、孔子一門と政治的な関係が深い、楚国の家老で半独立の領主。詳細は論語子路篇16を参照。

黨(党)

論語の本章では、かまどの火を囲んで共有するような、身近な人々の集まり。さと、むら。むろん、悪だくみをする一味、の意もあるが、ここではそうではない。
論語 党

直躬(チョクキュウ)

論語の本章では、”正直者の躬”。

「直」は”正直”、「躬」は”身・率先して行う”の意だから、人名であっても本名ではないだろう。「正直者」という一般名詞か、「正直者の躬」というあだ名と思われる。独裁国家で、家族の犯罪を告発した子供が顕彰されることはよくあることで、スターリンもポルポトもそれをやった。あるいはそういうロボットのような子供に、葉公が与えた称号かも知れない。

論語の本章では、”盗む”。

尊王攘夷の「攘」。第一義は”手で押す”そして”打ち払う”だが、「纕」(腕まくりする)と音が同じなので”盗む”の意となった、と『大漢和辞典』に言うが、”腕まくり”から”盗む”までは、随分遠いような気がする。

気を取り直して『大漢和辞典』を読み進めると、「向こうから来たものをかくしぬすむ」とあり、迷い込んだご近所のヒツジを、おやじがこっそり隠したのだろう。

直在其中矣

論語の本章では、解釈が分かれる。

「直」を概念として解すれば意訳甲になり、人間と考えれば「直きものその中にあり」と読み下して乙となる。伝統的には甲で、訳者もそれに賛成するが、「我が領民は正直者ばかりだ」と自慢する葉公に、「ばかりでは民の息がつまりますぞ。小悪党がどこにでもいるように、必ずいる正直者を大切になされ」というお説教もまた、興味深い。

なお文末に断定の「矣」(イ)が付いているから、正直というのは間違いなくそう言うことだ、正直者はきっといる、の意。

論語:解説・付記

孔子が葉公と接触したのは、諸国放浪の終わりに近い時期で、50代初頭では「たった三ヶ月で男女は道を分け…。」と言われるような、イヤ~な厳罰主義者だった孔子も、ずいぶん老成したものと思われる。それとも所詮他人事だから。放言しているのだろうか?

あるいは「直躬」という名がすでにうさんくさいように、話全部が反・法家に狂奔した後世の儒者のでっち上げである可能性があるが、そこまで論語を疑い出すときりがない。

さて人と人との関係を規制し、あるいは円滑化するのは礼だ、と孔子は説いたが、論語時代の常識として、君子たる者はつるまないもので、罪のかばい合いはしないものだ、とされていたことが論語述而篇30から読み取れる。

論語の本章の正直ナニガシは庶民だから、それに関わりないようだが、少なくともかばい合いは、君子=支配者階級にとって好ましいことではなかったようだ。礼法にうるさい孔子がそれに反し、本章のように反論したのは、あるいは上記のように老成ゆえと考えられる。

しかし他面、身分秩序を厳しく説く孔子は、君子と小人=庶民は違うものである、という認識だったろうから、治める対象としての正直ナニガシのたぐいに、かばい合いの排除を求めるようなことは無かったのだろう。おそらく代官として・最高法官として、よほど民に嫌われ、それがこたえたに違いない。

「あんまりキリキリと民を縛ると、嫌われて大変なことになりますぞ」という警告だったのだろうか。なおはるか後世、頭のアレな朱子の学説を奉じて国教とした明朝では、かえってひねくれ知識人が出て、儒教や礼法をからかった『笑府』が著された。その一節に、「攘」を用いて論語の本章をふくらませたとおぼしき笑い話がある。

一婦攘鄰家羊一隻。匿之床下。嘱其子勿言。已而鄰人沿街呌罵。其子曰。我娘並不曾偷你羊。婦惡其惹事。以目睨之。子指其母言曰。你看。我娘這眼。活像床底下這隻羊。

(『笑府』巻十一・攘羊)

ある女が隣家のヒツジを一頭かっぱらった。ベッドの下に隠して、子供には黙っていろと言いつけた。隣のおやじが、「ヒツジがいなくなった! 誰が盗んだんだ!」と怒鳴りながら街路をやってきて、一軒一軒尋ねて回る。子供は「うちのお母ちゃんは、おじさんのヒツジを盗んでいません」と言う。母親が睨み付けると子供、「ほらこのお母さんの目、ベッドの下のヒツジにそっくりだよ」と言った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)