論語306子路篇第十三(4)樊遅稼を学ばんと

論語子路篇(4)要約:孔子先生! どうやったらお米が沢山取れるんでしょう! 出し抜けに聞く若い弟子の樊遅ハンチ。先生は呆れるしかありません。孔子塾は政治や古典の塾だからです。しかし樊遅に罪は無し、どうしたものかと先生は…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲請學稼、子曰、「吾不如老農。」請學爲圃、曰、「吾不如老圃。」樊遲出、子曰、「小人哉、樊須也。上好禮、則民莫敢不敬。上好義、則民莫敢不服。上好信、則民莫敢不用情、夫如是、則四方之民襁負其子而至矣、焉用稼。」

書き下し

樊遲はんちまなばむとふ。いはく、われ老農らうのうかず。つくるをまなばむとふ。いはく、われ老圃らうほかず。樊遲はんちづ。いはく、小人せうじんなるかな樊須はんしゆかみれいこのめば、すなはたみあへけいせざるし。かみこのめば、すなはたみあへふくせざるし。かみしんこのめば、すなはたみあへじやうもちひざるし。かくごとくならば、すなはち四はうたみ襁負きやうふいたなりいづくんぞもちゐむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 樊遅 樊遅 論語 孔子
樊遅が田仕事を学びたいと願った。先生が言った。「私は農民に及ばない。」畑仕事を学びたいと願った。先生が言った。「私は農民に及ばない。」樊遅が先生の部屋から出た。先生が言った。「人物が小さいな、樊遅は。上の者が礼法を好めば、民はわざわざ無礼を働かない。上の者が正義を好めば、民はわざわざ反抗しない。上の者が正直を好めば、民はわざわざ嘘をつかない。もしこのようであれば、ただちに四方の民が、赤子を背負って慕い寄ってくるだろう。耕作する必要は無い。」

意訳

論語 樊遅 キラキラ
樊遅「先生! どうやったらお米が沢山採れるんでしょう?」
孔子「知らんよワシは。お百姓さんに聞きなさい。」
樊遅「先生! どうやったら野菜が沢山採れるんでしょう?」
孔子「知らんよワシは。お百姓さんに聞きなさい。」

論語 樊遅 落胆
しょげた樊遅が孔子の部屋を出た。

論語 孔子 ぼんやり
孔子「おバカさんだなあ、樊遅は。為政者が礼法好きなら、無礼な民は出ぬし、正義好きなら、刃向かう民は出ぬし、正直好きなら、嘘をつく民は出ない。為政者がそのようであれば、四方から赤子を背負って民が慕い寄って来るわい。自分で田仕事する必要があろうか。」

従来訳

樊遅が殻物の作り方を教えていただきたいと先師に願った。先師はこたえられた。――
「私は老農には及ばないよ。」
 樊遅は、すると、野菜の作り方を教えていただきたいと願った。先師はこたえられた。――
「私は老園芸家には及ばないよ。」
 樊遅が引退がると、先師はいわれた。――
「樊須は人物が小さい。上に立つ者が礼を好めば、人民が上を敬しないことはない。上に立つ者が義を好めば、人民が上に服しないことはない。上に立つ者が信を好めば、人民が不人情になることはない。そして、そうなれば、人民はその徳を慕い、四方の国々から子供をおぶって集って来るであろう。為政者に農業技術の知識など何の必要もないことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 稼 古文
(古文)

論語の本章では”田仕事”。

甲骨文の頃からある古い言葉だが、論語時代に通用した金文では未発掘。のぎへんが付いている事で分かるように、穀物を育てること。論語時代の華北には米は珍しく、主要な穀物はアワで、上等な穀物としてキビがあった。「お米」と訳したのは意訳だから。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「禾(穀物)+(音符)家(屋根でかこう小屋)」。語義は以下の通り。

  1. (カス){動詞・名詞}うえる(うう)。穀物をうえる。穀物の栽培。畑仕事。「樊遅請学稼=樊遅稼を学ばんことを請ふ」〔論語・子路〕
  2. {名詞}みのり。みのって、とり入れた穀物。「禾稼(カカ)(とり入れたあわや稲)」「十月納禾稼=十月には禾の稼を納む」〔詩経・漿風・七月〕
  3. 《日本語での特別な意味》かせぐ。かせぎ。金をもうけるためにはたらく。また、時間・点数などをとりこんでふやす。また、そのこと。働き。「出稼ぎ」「点数を稼ぐ」。

老農

論語 老 金文
「老」(金文)

論語の本章では、年老いた農民ではない。「老」は現代中国語と同様に、「~さん」程度の軽い敬称。『学研漢和大字典』によると、老圃(ロウホ)と同じで、年老いて経験を積み農事に熟練した農夫。「書生如老農、苦楽与之偕=書生老農のごとし、苦楽これと偕にす」〔元好問・乙酉六月十一日雨〕

『学研漢和大字典』によると「老」は象形文字で、年寄りが腰を曲げてつえをついたさまを描いたもの。からだがかたくこわばった年寄り。牢(ロウ)(かたい)・留(こりかたまる)などと同系のことば。語義は論語語釈「老」を参照。

論語 農 金文
「農」(金文)

「農」は会意文字で、古い字は「林+辰(かい)」の会意文字で、林をやき、貝がらで土を柔らかくすることを示す。のち「辰(かい)+頭のうみを両手でしぼるさま」で、かたい土を貝がらで掘って、ねっとりと柔らかくすること。膿(ねっとりしたうみ)・濃(ねっとり)と同系のことば、という。

語義は以下の通り。

  1. {動詞・名詞}田畑の土を柔らかくする。かたい土をほぐしてねっとりさせる。たがやす。また、畑仕事。《類義語》耕。「農耕」「務農(畑仕事をする)」。
  2. {名詞}畑仕事をする人。「貧農」「佃農(デンノウ)(小作農)」「吾不如老農=吾老農に如かず」〔論語・子路〕
  3. 「先農」とは、農業の開祖とされる、神農氏のこと。
  4. 《日本語での特別な意味》「農林水産省」の略。「農相」。

圃(ホ)

論語 圃 金文
(金文)

論語の本章では”畑(仕事)”、および畑作をする農民。穀物以外の野菜や果実を栽培する農地。”菜園”と訳すのも良い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、甫(ホ)・(フ)は、平らな苗床に苗の芽ばえた姿。圃は「囗(かこい)+(音符)甫」で、囲みの中を平らにならして苗の行き渡った畑。普(平らにしきわたる)・敷(平らにしく)と同系のことば。語義は以下の通り。

  1. {名詞}囲いの中を平らにならして苗を栽培する菜園。畑。「田圃(デンポ)」「種圃(シュホ)(苗を育てる畑)」「荒圃(コウホ)(荒れた菜園)」「請学為圃=圃を為すことを学ばんと請ふ」〔論語・子路〕
  2. {名詞}畑づくり。また、農夫。「吾不如老圃=吾老圃に如かず」〔論語・子路〕

樊遲(遅)出

論語 出 金文
「出」(金文)

論語の本章では”樊遅は孔子の部屋を出た”。孔子専用の部屋があって、そこから出たわけ。

小人哉

論語 小 金文 論語 人 金文
「小人」(金文)

論語の本章では、”おバカさん”。論語での一般的な意味は、凡人・つまらない人・教養のない者・身分の低い者。

樊遅は孔子塾入門前から下級ではあっても士族なので、身分は低くない。それを「小人」と呼んだのは「バカだ」ということだが、孔子が怒りや嫌悪を感じていたのではなく、元は生粋の武人であまり教養のない樊遅を、「やれやれ」といった感じでぼやいているわけ。

樊遅は孔子の忠実なボディーガードで、年下の子夏にも分からない事があれば質問するのを恥じない素直な性格だったから(論語顔淵篇22)、孔子から愛されていた。本章を論語に収録した編者も、本名の「樊須」ではなくあざなの樊遅と記しているから、弟子仲間からも「愛すべきおバカ」として好かれていたのだろう。

用情

論語 情 古文
「情」(古文)

論語の本章では、”正直になる”こと。「情」には”私情・感情”の他に”事実”の意味がある。

『学研漢和大字典』によると「情」は会意兼形声文字で、青(セイ)は、清く澄み切ったエキスの意を含む。情は「心+(音符)青」で、心の動きをもたらすエキスのこと。精(エキス)と同系のことば。語義は論語語釈「情」を参照。

襁負(キョウフ)

論語 襁 金文 論語 負 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”赤ん坊を背負って”。「襁」は”おむつ”。ただしこの文字は論語の時代からは未発掘で、上掲の金文は出所が分からない。

『学研漢和大字典』によると「襁」は会意兼形声文字で、「衣+(音符)強(丈夫な、きつくしめる)」。「襁負」は論語の本章を引いて、帯ひもで幼児を背負う、という。

「襁負してうんぬん」という表現は、論語以降の史書にも多用される表現。家族総出で、といったような意味で、おむつにくるんだ赤ちゃんを背負い、老人や子供の手を引いて、一家こぞって慕い寄ってくると言う、めでたい鳳凰が出そうな善政を讃えるのに用いる。

なお「襁負」の熟語は中国語らしくないO-V表現だが、日本語でも「今日の仕事は終わり」という。正しくは「私は今日の仕事を終えた」なのだが、このあたり東北アジアの言語では、あまり厳密ではないのだろうか? 

訳者の論語に対する立場は、できるだけ文法に従って読む事で、助詞も格変化もない中国語では、語順こそ意味を決める決定打だと思っているが、どうにも読めない場合は仕方がないと思っている。

論語:解説・付記

思案中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)