論語詳解229子罕篇第九(25)忠信をまもり

論語子罕篇(25)要約:学而篇の重複。しかし原則だからこそ重ねて記されたのかも知れません。従来の定説解釈、”バカとは付き合うな”には賛成できません。つっかえている学友は手助けしてあげなさい、先生はきっとそう教えたはずです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「主忠信、毋*友不如己者。過則勿憚改。」

校訂

武内本:唐石経無を毋に作る。

書き下し

いはく、まごころまことまもり、ともおのれかざるものからしめよ。あやまちてはすなはあらたむるにはばかることなかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「まごころと正直を基本とし、自分に及ばない友人は助けてやれ。間違いを起こしたら、改めるのをいやがってはいけない。」

意訳

論語 孔子 キメ2
自分の本心に従って行動し、言いなさい。つっかえている学友は教えて上げなさい。間違えたらすぐに改め、改めるのを恥ずかしいと思ってはいけない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「忠実に信義を第一義として一切の言動を貫くがいい。安易に自分より知徳の劣った人と交って、いい気になるのは禁物だ。人間だから過失はあるだろうが、大事なのは、その過失を即座に勇敢に改めることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 主 金文 論語 主
(金文)

論語の本章では”まもる”。『大漢和辞典』の第一義は”あるじ”。『学研漢和大字典』による原義は、燃え立つほのお。

論語 忠 金文 論語 忠
(金文)

論語の本章では”お中の心”。つまり真心で、自分を偽らないこと。『学研漢和大字典』による原義は、中身が充実していること。詳細は論語語釈「忠」を参照。

論語 信 金文 論語 信
(金文)

論語の本章では、人としてのぞましい言葉。”正直”。『学研漢和大字典』による原義は、一度言明したことを押し通すこと。

論語 如 古文 論語 如 字解
(古文)

論語の本章では”~のようにすること”。『大漢和辞典』の第一義は”ごとくす”。『字通』による原義は、祝詞を前に神に祈ること。

勿(ブツ)

論語 勿 金文 論語 勿 解字
(金文)

論語の本章では”~するな”。『大漢和辞典』の第一義は”旗”。『学研漢和大字典』による原義は、さまざまな色の吹き流し。

憚(タン)

論語 憚 金文 論語 憚
(金文)

論語の本章では”いやがり、苦しむこと”。『大漢和辞典』の第一義は”はばかる”。『学研漢和大字典』による原義は、薄く平らなはたきを描いた象形文字+心。心がはたきのように震えること。

論語:解説・付記

論語学而篇「君子重からざらば」の後半と同文だが、同じく従来の論語本の解釈には賛成しかねる。その解釈は上掲従来訳の通り。賛成しかねる理由については、リンク先を参照。

なお従来の論語本章の解釈は、朱子の受け売りである(『論語集注』)。

友所以輔仁,不如己,則無益而有損。

友は仁を輔くる所以にして、己に如かざらば、則り益無くして損有り。

論語 朱子 新注
友というのは互いに仁を養成する助けとなるべき者だ。自分未満の人間は、益が無く損ばかりだ。

これを不仁というのではないだろうか? 君子に対する小人の蔑視は、孔子本人にもあることは、論語にたびたび出てくる通りだが、論語学而篇でも述べたように、塾内での差別やいじめを助長するようなことを、孔子本人が言う訳がない。孔子はウチとソトを峻別する人だった。

論語 孔子 論語 樊遅 和み
確かに小人を友とするわけにはいかないだろうが、小人は孔子にとって、同時に愛すべき対象でもあった。孔子は樊遅ハンチに仁を問われて、端的に「人を愛することだ」と答えている(論語顔淵篇22)。役に立たないから付き合わないといった発想は、軍国主義者ならではと思う。

また塾内に限らずとも、論語学而篇6で、「ひろく衆を愛しなさい」と教えている。衆とは人々であって、君子小人に関係が無い。役に立つ立たないという判断は、奪ってやろうとする利己主義で、若き孔子がさんざん煮え湯を飲まされた所だったはず。

論語 古注 皇侃 論語義疏
なお皇侃オウガンの『論語義』によると、本章は古論語にはなかったという。古論語は前漢武帝の時代に孔子の旧宅から掘り出された本で、現伝する論語の母体となった本だが、あえて重複を避けずに漢代の儒者がここに書き記した理由は、今となっては分からない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)