論語詳解219子罕篇第九(15)われ衛より魯にかえり

論語子罕篇(15)要約:孔子先生は国外での活動拠点を、主に隣国の衛に置きました。しかし最晩年には故国の魯に戻り、国政の相談役になります。言わば第一線を退いた身、好きな音楽の知識で、魯国の音楽界発展に尽くすのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「吾自衞反*魯、然後樂正、雅頌各得其所。」

校訂

武内本:清家本により、反の下於の字を補う。

書き下し

いはく、われゑいかへりて、しかのちがくただし、雅頌がしよう各〻おのおのところたり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手

先生が言った。「私が衛から魯に帰って、やっと音楽は正しくなり、雅・頌部門の曲も、ふさわしい時に演じられるようになった。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
思えば昔は三家老家が、分不相応の曲を演じるのを怒ったこともあったが、私が帰国した今となってはおとなしくなって、礼法破りもなくなった。放浪も無駄ではなかったかのう。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「音楽が正しくなり、雅も頌もそれぞれその所を得て誤用されないようになったのは、私が衛から魯に帰って来たあとのことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 反 金文 論語 反
(金文)

論語の本章では、”帰る”。『学研漢和大字典』による原義は、手で板を反らせたさま。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はŋɔで、同音に牙とそれを部品とする漢字群。『大漢和辞典』によると、牙は雅と音通。詳細は論語語釈「雅」を参照。

雅頌

論語 雅 金文大篆 論語 頌 金文
(金文)

『詩経』に収められた歌のうち、雅=西周時代の王室の歌、頌=周王室のその他の典礼歌と一般に解する。注の多くはこれらの歌を、孔子が帰国して整理した、と解すると吉川本にあるが、訳者の見解は上記の通り。

『学研漢和大字典』によると「頌」は会意兼形声文字で、公は、さえぎることなく、あけすけに通す意を含み、松や頌においてはショウの音をあらわす。

頌は「頁(あたま)+(音符)公」で、頭をふりつつ、よどみなく終わりまでとなえ通すことを示し、よどみなく、たてに通るとの意を含む。

松(ショウ)(葉がたてに通ったまつ)・鬆(ショウ)(たてに通る)・縦(ショウ)・(ジュウ)(たてに通る)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 説教
門閥三家老家の分不相応を孔子が怒った話のうち、音楽に関しての話が論語八佾篇2にあるが、そこでは周王室の盛時を歌った雍の歌が問題となっていた。その歌も本章と同じく、『詩経』の周頌篇に収められている。礼法違反は孔子にとっては許されない越権沙汰だった。

しかし『史記』の記述に拠れば、門閥三家老家=三桓筆頭の季氏は孔子の追放を後悔して、呼び戻したことになっている。それゆえ孔子帰国後は、しばらく礼法破りは控えていたのだろう。その背景には、大軍を率いて北上した呉の圧力があり、魯を属国同然に扱っている。

呉の武力沙汰の中で帰国した孔子は、論語八佾篇23で魯の楽師長に音楽のウンチクを語ったように、得意として好きな音楽方面の政策に関わったのだろう。本章で「正しくなった」というのは、孔子自らが口うるさく音楽関係者に指図して回ったことを示している。
論語 孔子 説教

だが哀公十三年(BC482、孔子70歳)に呉が留守を越に襲われて大敗すると、孔子は政権から外され、同年亡くなった息子の鯉の葬儀の費用にも事欠く有様となった(論語先進篇7)。孔子が呉を裏から操っていた証拠と訳者は見ているが、三桓もほっとしたのではなかろうか。

従って隠居同然となった孔子にはばかることなく、礼法破りの音楽を奏でることに、躊躇しなかったに違いない。従って論語の本章は、孔子が帰国したBC484から呉が大敗するまでの約2年間に限った孔子の発言と思われる。孔子の努力は無駄になってしまったわけ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)