論語詳解208子罕篇第九(3)麻冕は礼也

論語子罕篇(3)要約:今日はお作法の授業をする孔子先生。古礼とは違っていても、節約になるなら構わないと言います。しかしお作法の基本は心。殿様は心から敬うべきで、それを態度に示しなさいと講義するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「麻冕禮也。今也純儉、吾從衆。拜下禮也。今拜乎上泰也。雖違衆、吾從下。」

書き下し

いはく、麻冕まべんれいなりいまいとのなすはつづまやかなり、われしうしたがはむ。しもをがむはれいなりいまかみをがむはおごなりしうたがふといへども、われしもしたがはむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「麻の冠は礼法に規定がある。しかし今は絹を使うが、これは節約のためだ。私は今の人々のやり方に従う。次に主君を宮殿の階段下で拝むのも礼法に規定がある。しかし今は階段を上ってから拝むが、これは無礼だ。今の人々の考えとは違うが、私は階段下で拝むのに従う。」

意訳

論語 孔子 授業
あー。今日の礼法の授業は冠からじゃな。あー、礼法の規定では麻の冠をかぶるが、あれは繊維をほぐすのが大変で、チト値が張る。じゃから今は絹の冠で代用するが、これはまあ、節約にもなるからいいじゃろう。

あー、次は主君への礼拝じゃな。礼法の規定では階下から拝むことになっておる。今はずかずかと階段を上がってから拝む者が多いが、これはいかん。太々しいにも程がある。私はそうせぬし諸君もやっちゃいかん。えー、次に…。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「麻の冠をかぶるのが古礼だが、今では絹糸の冠をかぶる風習になった。これは節約のためだ。私はみんなのやり方に従おう。臣下は堂下で君主を拝するのが古礼だが、今では堂上で拝する風習になった。これは臣下の増長だ。私は、みんなのやり方とはちがうが、やはり堂下で拝することにしよう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

麻冕(マベン)

論語 麻 金文 論語 冕 金文大篆
(金文)

麻の冠のこと。素材は安価だが、作るのに手間がかかったという。

『三才圖會』所収「麻冕」(マベン、麻の冠)。東京大学東洋文化研究所蔵

『学研漢和大字典』によると「麻」は会意文字で、「广(やね)+額(あさの茎を二本並べて、繊維をはぎとるさま)」。あさの茎を水につけてふやかし、こすって繊維をはぎとり、さらにこすってしなやかにする。摩(こする)・模(こする)と同系のことば、という。

「冕」は形声文字で、「冃(ボウ)(かぶる)+(音符)免(メン)」。免(ぬける)はたんなる音符である。弁(ベン)(ふた、かんむり)と同系。また、宀(メン)(上からおおう、かぶせる)と最も縁が近い、という。

論語 純 金文 論語 純
(金文)

論語の本章では”絹で作る”。”絹の生糸”が原義。

儉(倹)

論語 倹 金文大篆 論語 倹
(金文大篆)

論語の本章では”つつしむ”。『学研漢和大字典』による原義は引き締めた生活。この文字の初出は秦帝国期の金文大篆で、論語の当時は「剣」「険」などと共に「僉」と書かれていたと考えられる。詳細は論語語釈「倹」を参照。

吾從(従)衆

論語 従 金文 論語 衆 金文
「従」「衆」(金文)

論語の本章では、「衆」=多数派に従うこと。

『学研漢和大字典』によると「衆」は会意文字で、「日(太陽)+人が三人(おおくの人)」で、太陽のもとでおおくの人が集団労働をしているさま。上部は、のち誤って血と書かれた。充(シュウ)・(ジュウ)(いっぱいつまる)・蓄(たくさんたまる)などと同系のことば、という。

拜(拝)下

論語 拝 金文 論語 揖 拝礼
(金文)

論語の本章では、宮殿の外、階段の下から拝礼すること。

『学研漢和大字典』によると「拝」は会意文字で、「整ったささげ物+手」で、神前や身分の高い人の前に礼物をささげ、両手を胸もとで組んで敬礼をすることを示す。

貝(バイ)(二つに割れるかい)・廃(ハイ)(二つに割れる)などと同系で、組んだ両手を左右に分けて両わきにもどすこと、という。

論語 泰 篆書 論語 泰
”大きい・ゆたか・安らか”の意だが、論語の本章では”おごり・おごる・たかぶる”。「泰」の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、大・太が語義を共有する場合にのみ、論語時代の置換候補になりうる。詳細は論語語釈「泰」を参照。

学研漢和大字典では、「水+両手+音符大」とし、「両手でたっぷりと水を流すさま」という。「多や(ゆとりがある、ぜいたく)とも縁が深い」とあるから、「階段上で礼をするのは贅沢である」と孔子が言ったことになる。

字通では「大+𠬞キョウ*」とし、「水中に陥った人を両手で助け上げる形で、安泰の意とする」という。「泰はまた略して太に作る。大・太・泰は通用するところがある」とあるから、孔子は「階段上で礼をするなどふてぶてしい」と言ったことになる。

*廾(キョウ、ささげる)の原字。収とは別の字。

論語:解説・付記

論語の本章は孔子塾の授業の実況風景。史実かどうかは判断しかねるが、こうした礼式の授業は、屋外に設けられた壇上で行ったらしい。少なくとも中国の文化人はそう理解していた。

論語 孔子聖蹟図 杏壇礼楽

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)