論語詳解207子罕篇第九(2)達巷の党人いわく

論語子罕篇(2)要約:ある横町の町人が、孔子先生をはやし立てます。思わず吹き出す孔子先生。政治家になった当初は厳罰主義で恐れられた先生も、政治の第一線から退いた晩年は、庶民にも親しまれるご家老様だったのでしょう。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

達巷黨人曰、「大哉孔子、博學而無所成名。」子聞之、謂門弟子曰、「吾何執。執御乎、執射乎。吾執御矣。」

書き下し

達巷たつかうたうひといはく、だいなるかな孔子こうしひろまなところしと。これいて、門弟子もんていしひていはく、われなにをからむ。たづならむゆみらむわれたづななりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

達巷タツコウの町人が言った。「孔子は偉大だ。幅広く学んでどこにも名声を得ていない。」先生はこれを伝え聞いて弟子に言った。「私は何をしようか。御者になろうか。射手になろうか。私は御者になろう。」

意訳

論語 論語 孔子 微笑み
タツ横町よこちょうの町人が囃して歩いた。「♪孔子先生はお偉いな、何でも知ってて何にもなれない。」

目撃した弟子「けしからん、町人どもがこんな事言ってました。」
伝え聞いた孔子「はっはっは。では御者になろうか、猟師になろうか…御者になろう。」

従来訳

論語 下村湖人

達巷という村のある人がいった。――
「孔先生はすばらしい先生だ。博学で何ごとにも通じてお出でなので、これという特長が目立たず、そのために、却って有名におなりになることがない。」
 先師はこれを聞かれ、門人たちにたわむれていわれた。――
「さあ、何で有名になってやろう。御にするかな、射にするかな。やっぱり一番たやすい御ぐらいにしておこう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

巷(コウ)

論語 巷 篆書 論語 巷 刻石文
(篆書・刻石文)

論語の本章では村とも里とも取れるが、”○○横町”と解釈するのが一番いいように思う。東京都新宿区西早稲田一丁目一番地、などというときの”町名”や”丁目”にあたる。この文字は論語時代の遺物からは未発掘で、戦国時代末期の石に刻まれた文字が初出。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「人のふせた姿+(音符)共」。人の住む里の公共の通路のこと。共はまた、突き抜ける意を含むから、つきぬける小路のことと解してもよい。「ちまた」は「衢」(ク)とも書く、という。

黨(党)

論語 党 金文大篆 論語 党
(金文)

論語の本章では、”○○町の住人”。この文字は論語の時代に存在しない。当時の置換候補は當(当)。詳細は論語語釈「党」を参照。

博學(学)而無所成名

論語 博 金文 論語 博
「博」(金文)

論語の本章では、”博学なのにどこでも名前を知られていない”。

「無」は”ない”だが、『大漢和辞典』によると『詩経』魯頌・泮水に「無小無大、從公于邁」とあるように、”かかわらず・論ぜず”の意味もある。

すると「博学にして所無くして名を成す」と読めなくもない。そうすると「博学でどこでも有名になっている」と解せる。その場合は下の句の解釈も修正の必要があり、よ~し褒められてお父さんがんばっちゃうぞとばかり、「馬車も弓矢も得意じゃよ? どっちが見たい? 馬車でいいかね」となる。しかしこの読みは楽しいものの、やや無理がある感じがする。

論語 聞 金文 論語 聞
(金文)

論語の本章では”伝え聞く”。本来論語の時代、「聞」はうわさなど間接的に聞く事を意味する。詳細は論語語釈「聞」を参照。

しかしこの論語子罕篇は、孔子在世当時より後世の成立と言われている。すでに「聞」は区別無く聞く事全般を意味していた。だが本章の解釈まで聞く事全般とすべきとは思えない。

論語:解説・付記

論語述而篇11の「儲かるなら御者だってやるさ」と同じような話。あるいは同じ情景を、別の弟子が別様に記録したのがそれぞれ論語に載せられたのかも知れない。孔子の屋敷がどこにあったのか、現存する孔子の屋敷(孔府)はすっかり都市に埋もれているという。
論語 曲阜 孔府

論語時代に魯の都城・曲阜の城内にすでにあったとすると、通りがかったのかわざわざ押しかけたのか、横町の若い衆が大勢で囃して通ったのだろう。あるいは政敵の差し向けた街宣集団で、いやがらせに押しかけた可能性がある。しかしそれでも、孔子は意に介さなかったわけ。

孔子の時代、直接聞く事は「聴」を用いるから、仮に論語の本章が孔子在世当時に近い成立だとすると、よそで町人が囃し歩いたのを、弟子などが聞いて孔子に伝えたことになる。すると本章の出来事は、孔子が放浪の旅から帰国して後の、最晩年のことだろう。

五十代初めで魯国政権の中枢にあり、思い上がって天狗になっていた時期なら、”不埒な町人どもめ”と成敗しただろうから。だからこそ貴族にも庶民にも嫌われて亡命するハメになったのだが、放浪やその他の苦労で孔子が円熟化したことは、本章にも読み取ることが出来る。

ただし「達巷」が、魯国にあったという保証は無い。『漢書』董仲舒伝に「達巷」はすでに見えているから、本章は漢代儒者の作文では無いが、孔子が腰を落ち着けたのは故国の魯ばかりでなく、第二の故郷とも言える衛や、陳・蔡といった南方諸国にも長期滞在しているからだ。

臣聞良玉不瑑,資質潤美,不待刻瑑,此亡異於 達巷黨 人不學而自知也。

臣聞くならく、良玉はきざま不して、資質潤いてく、あやを刻むを待た不るなり。此れ達巷の黨人の學ば不し而自ら知る於異る亡き也と。

論語 董仲舒
私はこう聞いております。良いたまは彫刻しなくても、もともとしっとりと美しいものである。何もわざわざ模様を彫り込むには及ばない。それは丁度、達巷の町人が学びもしないのに、孔子の賢者たるを知っていたのと同じである、と。

なお御も射も孔子塾の必須科目、六芸に入っており、もちろん孔子はどちらも得意だった。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)