論語詳解254先進篇第十一(1)先進の礼楽や*

論語先進篇(1)要約:やれやれ、やっと孔子塾に入れた。これで就職まで一安心。とだらけている新入生に、これ、だらけちゃイカンよ。不真面目者は、就職の口利きをしてやらんよ、とたしなめる孔子先生。文法的には後世の作ですが…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「先進於禮樂野人也。後進於禮樂君子也。如用之、則吾從先進。」

校訂

定州竹簡論語

……[用之,則]吾從先進。」260

復元白文

子 金文曰 金文 先 金文進 金文於 金文礼 金文楽 金文 野 金文人 金文也 金文 後 金文進 金文於 金文礼 金文楽 金文 君 金文子 金文也 金文 如 金文用 金文之 金文 則 金文吾 金文従 金文先 金文進 金文

※論語の本章は、也の字を断定で用いている。本章は、戦国時代以降、おそらく前漢の儒者による伝記の改作である。

書き下し

いはく、先進せんしん禮樂れいがくすや野人やじんなり後進こうしん禮樂れいがくすや君子くんしなりこれもちゐば、すなはわれ先進せんしんらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 楽
先生が言った。「先の人が行った礼法と音楽は庶民らしかった。後の人が行っている礼法と音楽は上貴族らしいのである。もし雇うのなら、私は先の人から選ぼう。」

意訳

諸君の先輩たちは、自分がまだ庶民のつもりで、一生懸命礼楽の稽古に励んだ。ところが諸君は、もう貴族になったつもりでお辞儀の真似をしたり、楽器をチンチンと叩いている。もし私が家臣に雇うなら、先輩たちから選ぶね。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「礼楽の道において、昔の人は土くさい野人、今の人は磨きのかかった上流人、と、そう世間で考えるのも一応尤もだ。しかし、もし私がそのいずれか一つを選ぶとすると、私は昔の人の歩んだ道を選びたい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「平民因學習優秀而獲得官職。貴族因世襲了官職而去學習。如果我用人,就用平民。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「平民は学業優秀なら官職に就ける。貴族は官職を世襲してから学業を始める。もし私が雇うなら、平民からにする。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

先進

論語 先 金文 論語 進 金文
「先進」(金文)

論語の本章では、”孔子塾の卒業生”。「先」について詳細は論語語釈「先」を参照。

禮(礼)樂(楽)

論語 礼 金文 論語 楽 金文
(金文)

論語の言葉では、”礼法と音楽”。または儒家の教育そのものを指す。論語語釈「礼」論語語釈「楽」を参照。

君子

論語の本章では”貴族”。教養人・道徳人といった語義は、孔子より一世紀後の孟子が付加した派生義。詳細は論語における君子を参照。

後進

論語 後 金文 論語 進 金文
(金文)

論語の本章では、”孔子塾の在学生”。「後」について詳細は論語語釈「後」を参照。

野人

論語 野 金文 論語 人 金文
「野人」(金文)

論語の本章では”庶民”論語の時代、「野人」には二種類あり、城郭都市=邑に服属して農産物を貢納する庶民と、公権力に全く従わず、時に言葉すら通じない者とがいた。当時は明確な国境線が必ずしも引けず、城郭都市の周囲にはこうした人々が放浪しながら暮らしていた。詳細は春秋時代の社会=国野制を参照。

論語:解説・付記

論語の前篇の検証から、この論語先進篇は、概ね前漢の時代に成立したと思われる。もちろん全ての章がそうだとは断定できないが、基本的には前漢の作だと考えてよい。

前漢の論語と現伝の論語との比較をざっと言えば、戦国時代の孟子が孔子の儒学を儒教に作り替えたあとを受けただけあって、必ずしも孔子の言葉や思想を伝えるとは言いがたいが、のちの後漢を覆った信じがたいほどの偽善からは免れており、ある程度の原始性を有する。

論語の本章に用いられた「君子」という言葉もその文脈で理解すべきで、孟子は「君子」に教養人だの道徳人だのといった面倒くさい意味を練り込んだが、前漢では原義の「貴族」の語義がまだ生き残っていた。前漢の『史記』や『孔子家語』はそれを前提にして記している。

孔子之楚,而有漁者獻魚焉。孔子不受,漁者曰:「天暑市遠,無所鬻也,思慮棄之糞壤,不如獻之君子,故敢以進焉。」於是夫子再拜受之,使弟子掃地,將以享祭。門人曰:「彼將棄之,而夫子以祭之,何也?」孔子曰:「吾聞諸惜其務䭃而欲以務施者,仁人之偶也。惡有仁人之饋而無祭者乎?」

論語 孔子家語 孔子聖蹟図 受魚致祭
孔子が楚に旅したときのこと。漁師が出てきて魚を差し出した。孔子が遠慮していると、漁師は言った。

「今日は暑くて、市場まで保ちそうにありません。近場に売れる所もないので、畑の肥やしにするよりは君子﹅﹅に差し上げようと思いまして。どうぞ、受け取って下さい。」

聞いた孔子は丁寧に礼を言って受け取り、早速弟子に命じて地面を掃除し、祭壇をしつらえて「いただきます」に伴うお供えの用意をさせた。仕事をしながら弟子がブツクサと文句を言った。

「漁師は捨てようとしていたんですよ? なのに先生は、わざわざお供えにしようとなさる。どうしてですか。」

孔子が言った。「一生懸命働いたのが無駄になることを嫌って、その精華を人に差し出す者は、身分が低かろうと仁人=貴族の仲間だと言う。仲間からの贈り物なら、どうしても、丁寧にお供えしないわけにいくまいよ。」(『孔子家語』致思2)

ここでの「君子」を道徳人や教養人と解しては、わけが分からない。日本風なら、「どうぞお武家様」と言ったのだ。なおこのページに落下傘降下した諸賢もおられようから、重複を気にせず記すと、長らく偽作の冤罪が懸けられていた家語は、定州竹簡により冤罪が晴れた。

さてそのようなわけで、論語の本章が描いた景色は、孔子塾でのある授業の一コマと言うべきで、先進とは卒業生、後進とは孔子が目の前にしている在学生である。現代人がうっかりすると、自分が君子のつもりで論語を読むように、在学生も入門したことで、心が弛んだのだ。

いわゆる五月病だろうか。しかし孔子は入門を願いすらすれば、誰でも受け入れたと論語述而篇7で言っているから、孔子塾に入試があったわけでは無い。それでも塾長の孔子が上級貴族であり、その口利きで仕官はほぼ確実だったろうから、気が抜けたのは事実だろう。

それを「これ、だらけちゃいかんよ。まじめに稽古しなさい」とたしなめたのが本章の孔子の言葉とみるべきで、従来の日本の論語本は、ほとんど誤訳をしている。訳し終えてから現代中国での解釈を参照したが、訳者の思う所とピタリ一致してニヤリとした。

論語の時代の貴族の条件は、素手で人を殴り殺せるえげつない暴力と、読み書き算盤・外国語の技能が中心で、たかがナイフ男に逃げ散るようでは君子ではない。ただし春秋末期からは歩兵戦が主流となるから、それまでの必須技能だった戦車術や弓術の意義は薄れつつあった。

そして本章が書かれた前漢代、奴隷などを除けば成人男性は士分以上である。その最底辺の士分を公士と呼ぶ。皇帝の代替わりごと、全臣民に「爵一級」が下賜された。代わりに従軍の義務があり、また君子の意味も変わらざるを得なかったが、貴族を意味したことに違いは無い。

もっとも貴族と言っても、誰も彼もが貴族であり、その意味では特権階級と言うわけにはいかない。参政権などの権利も全臣民規模で薄まってしまったから、それは無いのと同じである。だが実質は無くとも名は残る。名にこだわるならやはり、漢帝国の男性大多数は貴族である。

日本史で独裁の権化と言われる山県有朋ですら、徴兵するからには国会開設は当然だと思っていた。古代ギリシアやローマの民主制同様、兵士に参政権があるのは当然で、古代に参政権がある者を貴族という。論語のような古典を読むなら、貴族の幅広い意味を知る必要がある。

マキアベリが記した通り、傭兵や奴隷兵が結局高く付くのはそれゆえだ。死と引き替え得るものなど、簡単にありはしない。爵位も財宝も渡さないのに、兵士の不満を抑え得るのは結局兵力でしか無い。そもそも兵力不足だから傭兵や奴隷兵に頼るのであり、まさしく矛盾だ。

人類が国家を作って以降、国家は身を守るために常に国人の血の犠牲を必要とした。死の危険と引き合うものを、国家は貴族の位しか用意できなかった。財貨は常に不足していたからだ。豊かではないが参政権を具えた士分の姿を、あるいは「静かなドン」に見えるかも知れない。

ネットのページゆえ重複を恐れず記せば、コサックとは金のかかる騎兵戦力をロシア帝国に提供する代わりに、自治権と土地の所有権を持つ人々だった。家族総出で借り入れの最中、伝令が駆けてきて開戦を伝える。男たちはその場で騎乗して前線に向かう(→youtube)。

さて論語の本章の史実性だが、文法的には後世の作と断定するしか無い。本章の「也」を詠歎の「かな」と解すのは、無理があると思ったからだ。だが話そのものは、いかにも孔子が言いそうなことだし、本章を捏造して、儒者が何か得をするようにも思えない。

おそらく本章の元の話は、『漢書』芸文志が記す「伝(記)」に記されていただろう。「伝」が失伝した今となっては想像でしかないが、春秋時代に断定を意味した「矣」「已」などの言葉が、戦国時代以降一般的になった「也」に置き換わっただけ、という想像は許されてよいのではないか。

ちなみに漢書芸文志の言う「伝」を、古論語そのものだという王充の言い分は、見ていないものをあたかも見たかのように言う儒者のハッタリで、とても真に受けるわけには行かない。

なおこのページの従来の解説との違いは、まず「於」を明らかに動詞と分かるよう読み下したことで、『大漢和辞典』に載る「なす」の語釈を採用した。論語は中国最古の古典だから、なるべく漢字の原義で解するべきではあるが、意味が通じない・分からないのでは意味が無い。

次に「如用之」の解釈だが、これは論語時代の仕官のありようを知らないと読み解けない。孔子塾は庶民が貴族に相応しい技能と教養を身につけて、最下層ではあるが貴族の「士」を目指す塾なのだが、仕官先は必ずしも国公とはかぎらず、弟子の子路や冉有は季孫家に仕えた。

それでも一人前の士分である。その証拠に、子路も冉有も出陣した。戦時に従軍する代わりに参政権が有るのが古代中国の貴族の定義で、財産や領地の多寡ではない。だから国公から見れば陪臣でも士分で、これは周王の陪臣でも国公直下の士が士分だったのと同じである。

だから孔子も上級貴族の一人として、「如用之」=”もし私が雇うなら”、と言ったのだ。ここでの「之」は先進あるいは後進の人であって、礼楽ではない。だから引き続く「則吾從先進」の「従」も、”したがう”ではなく”…から(選ぶ)”という動詞の意を含んだ前置詞である。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)