論語092里仁篇第四(26)君につかえて

論語里仁篇(26)要約:のちに冠婚葬祭業者の大親分になった、子游の自己体験のつぶやき。主君だろうと友達だろうと、人とべたべた付き合えば、必ず面白く無い結果になる。冷たくするのもいけないが、その線引きが難しい、というお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子游曰、「事君數、斯辱矣。朋友數、斯疏矣。」

書き下し

子游しいういはく、きみつかへてしばしばすれば、ここはづかしめらるるなりともれるにしばしばすれば、ここうとんぜらるるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子游
子游が言った。「主君に仕えて目通りの回数が多いと、見下げられる。友人と付き合うのに会う回数が多いと、いやがられる。」

意訳

游さんのお説教。「主君にも友人にも、べたべたするな。」

従来訳

 子游しゆうがいった。――
「君主に対して忠言の度が過ぎると、きっとひどい目にあわされる。友人に対して忠告の度が過ぎると、きっとうとまれる。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子游(シユウ)

論語 子 金文 論語 游 金文大篆
(金文)

孔子の弟子。文学の才と礼法の実践に優れ、孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:「言偃子游」と、論語為政篇7を参照。

數(数)

論語 数 金文 論語 算盤 数
(金文)

『大漢和辞典』の第一義は”かぞえる”。論語の本章では”しばしば”と解した。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、婁(ル)・(ロウ)は、女と女とをじゅずつなぎにしたさまを示す会意文字。數は「婁(じゅずつなぎ)+攴(動詞の記号)」で、一連の順序につないでかぞえること、という。

詳細は論語における「数」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「数の字の読み方は、充分にはあきらかでないが、入声のサクの音に読むのがよろしく、煩瑣に、こせこせとすることであると思われる」とある。訳者としては別に音にこだわる必要を感じず、単純に”会う数が多い”と解し、上記のように訳した。

子游は弟子の中でも若いグループに属し、古典の才を孔子に認められたが(論語先進篇2)、古典の中でもとりわけ礼法に興味を持ち、深く学んだらしい。論語時代の礼法には、まだ教科書が無く、いわば孔子が生きた教科書だったが、その根拠になる故実は文字になっていた。

孔子の言う礼法は一面ハッタリで、大勢の人間を躾けるためのお作法や音楽だったが、それを好んで身につけた子游は、孔子以前の原儒の風味を多分に引き継いだ。原儒とは加地伸行説によると民間の冠婚葬祭業兼拝み屋で、実在しない霊魂をタネに客から金を得る商売だった。
論語 まじない師

要するに霊感商法である。それゆえに子游は遠隔地の代官になって、孔子が訪れた際、住民に音楽を奏でさせるというやらせを行った(論語陽貨篇)。孔子は大いに喜んだが、孔子が出る前の仁とは、こうしたやらせやハッタリで、客を喜ばせることを指したと加地説に言う。

そのように、人の心を操ることに興味を持った子游が、本章のような鋭い人間観察を行って、言葉に出来るほどの結論を得たのは当然だろう。人のどこをどう突けばどう動くか、人間操縦術に長けるのは政治家にも必要だし、冠婚葬祭業者としての儒家にも必要だろう。

その大家となった子游もまた、過去に失敗を繰り返した。その述懐と本章を解したい。

『論語』里仁篇おわり

お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)