論語詳解252郷党篇第十(18)車にのぼらば

論語郷党篇(18)要約:孔子先生の当時、貴族=君子は出かけるのに必ず車に乗るものでした。当然注目を浴びますから、だらしない姿勢で乗ったり、思い上がった仕草をすれば、ただちに庶民の反感を買うと先生は思っていました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

升車、必正立執綏。車中不*內顧、不疾言、不親指。

校訂

武内本:魯論には不の字なし。

書き下し

くるまのぼらば、かならただしくちてすゐる。車中しやちうにはうちかえりみず、はず、みづかゆびささず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
車に乗る時には、必ず正しく立ってつり革を握る。車の中ではうつむかず、早口でものを言わず、誰かを指さすような失礼はしない。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

車に乗られる時には、必ず正しく立って車の吊紐を握り、座席につかれる。車内では左右を見まわしたり、あわただしい口のきき方をしたり、手をあげて指ざしたりされることがない。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

必正立

論語 正 金文 論語 立 金文
「正立」(金文)

論語の本章では”必ず姿勢を正して立つ”。

論語時代の車は、立ったまま乗るものだったらしい。戦車がそうなので、君子たる者いざ戦場に立つ時の普段の心得として、足腰を鍛えたのかも知れない。ただし座席が皆無だったとは思えない。

『学研漢和大字典』によると「必」は象形文字で、棒切れを伸ばすため、両がわから、当て木をして、締めつけたさまを描いたもの。両がわから締めつけると、動く余地がなくなることから、ずれる余地がなく、そうならざるをえない意を含む。弾(ヒツ)(弓だめの当て木)の原字。

泌(締めつけて液が出る)・秘(締めつけてぴったりふさぐ)と同系のことば。類義語の会は、俗語の副詞で、そうなる可能性の多いこと。須(スベカラク…スベシ)は、ぜひそうする必要がある、の意、という。

「正」は会意文字で、「一+止(あし)」。足が目標の線めがけてまっすぐに進むさまを示す、という。詳細は論語語釈「正」を参照。

綏(スイ)

論語 綏 金文大篆 論語 つり革 綏
(金文)

論語の本章では、”車に乗る際のつり革”。

立ったまま乗るのだから、天蓋からつり革が下がっていた。論語時代の車は地面から高かったから、そうでなければ乗れたものではない。例えば兵馬俑出土の戦車は、車輪の直径が約1.5mという。下記モデルは出土史料の数値を元に3Dソフトでモデリングしたもの。
論語 戦車 横

なお『学研漢和大字典』によると、「綏」は会意兼形声文字で、妥は「爪(手)+女」で、いきりたつ女をまあまあと手でなだめて落ち着かせることをあらわす会意文字。綏は「糸+〔音符〕妥(タ)」。妥と同系のことば、という。

不內(内)顧

論語 顧 金文 論語 落ち込む 顧
「顧」(金文)

論語の本章では、”うつむいた姿勢を取らない”。武内本では「車中内顧とは車外をのぞかざるなり」というが、漢字の原義に添わない。

貴族=君子が立ったまま乗る姿は当然、庶民の目に入る。うつむいてつり革からぶら下がった酔漢のような格好では、バカにされるのである。ねぶた祭りの巨像のように、威厳のある姿をしているのが孔子の言う礼だった。

不疾言

論語 疾 金文 論語 言 金文
「疾言」(金文)

論語の本章では、”早口でものを言わない”。

サスペンションもない論語時代の車を走らせれば、「ガラガラガラ」と当然うるさいので、早口でものを言っても聞こえない。乗り物にはそれに適した合理的な乗り方がある。

例えば船の世界でも、早口や小声で言う習慣はない。「面舵、取り舵」の号令も、「おもぉうかぁぁぁじ」と言うような習慣が少なくとも帝国海軍までにはあった。これは船の上は常に強い風が吹いていて、小声や早口では聞こえないので、習慣として定着したもの。

論語:解説・付記

歴史を専攻した者の悲しいさがで、言葉の辞書的な意味は分かっても、現実体験がないから、論語の本章について書けることが極めて少ない。平原に戦車を駆けさせる機会があったら、どんなに楽しいだろうかと思うのだが…。
論語 しまなみ海道

今は鉄の馬の経験から想像するしかない。
論語 北海道

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)