論語詳解246A郷党篇第十(11)人を他邦に問はば

論語郷党篇(11)要約:孔子先生は使者を遠くに遣わす際、拝んで丁重に見送りました。それは派遣先を敬うことでもあり、交渉の成功を願うことでもあり、なにより使者自身の身を案じたからでした。古代の旅は、危険だったからです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

問人於他邦、再拜而*送之。

校訂

武内本:唐石経拜の下而の字あり。

書き下し

ひと他邦たはうはば、再拜さいはいこれおくる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生は手土産を持たせて使者を送り出す際、二度地面に伏し拝んで見送った。

意訳

我が同志よ、危険な任務である。どうか無事で帰ってきてくれ。

従来訳

論語 下村湖人

他邦におる知人に使者をやって訪問させる時には、再拝してその使者をおくられる。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 問 金文 論語 取り調べ 問
(金文)

論語の本章では、ただ使いを送るのではなく、手土産を持たせると吉川本にある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、門は、二枚のとびらを閉じて中を隠す姿を描いた象形文字。隠してわからないの意や、わからない所を知るために出入りする入り口などの意を含む。問は「口+(音符)門」で、わからないことを口で探り出す意。

聞(耳でわからないことを探る)と同系のことば、という。

また論語の本章を引いて、とう(とふ)。人をたずねる。「訪問」「遺問(贈り物を送って相手の安否をたずねる)」という。

再拜(拝)

論語 再 金文 論語 拝 金文
(金文)

論語の本章では、「拜」はただ拝むのではなく、跪いて拝むことだと吉川本にある。

『学研漢和大字典』によると「再」は指事文字で、冓(コウ)は、前と後ろと、同じ型に木を組んだ木組みを児童画のように描いた象形文字。再は、冓の字の下半分に、一印を添えて、同じ物事がもう一つある意を暗示したもの。「説文解字」に「一挙にして二つなり」とある、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では、「使者を敬ったのではなく、行き先の人物を敬って拝んだ」と吉川本に言うが、それもあるが孔子一門が革命政党だったことを考えたい。相手はおおむね権力者で、機嫌を損うと殺しかねないからでもある。なお孔子が子貢を使者に出して、東へ南へ北へかけずり回った子貢が、当時の国際関係をひっくり返す大活躍をした話が『史記』にある

その話はたまたま司馬遷の時代まで伝承があり、『史記』に焼き付けられたから残ったまでで、孔子一門が盛んに諸国へ工作者を放っていたことは、煙のように史料から消されている。しかしそれが訳者の妄想でないことは、孔子とすれ違うように生きた墨子が語っている。

論語 孔子と諸子百家と春秋諸国

論語 墨子
孔丘之荊,知白公之謀,而奉之以石乞,君身幾滅,而白公僇。

孔丘荊に之くや、白公之謀を知りて、而て之を奉るに石乞を以てす。君の身ほぼ滅ばんとし、而て白公りくせらる。

孔子が楚に行くと、白公の陰謀を知りながら、石乞を部下に付けて援助し、楚王は殺されかかった。そして白公は殺されてしまった。

(『墨子』非儒篇下)

白公というのはもと楚の王族で、太子建の子でまだ幼かった。太子建が秦から正夫人を迎えようとしたとき、その公姫が美女だったため、父親の平王は横取りしたばかりか、太子建とその家族を殺そうとした。白公は幼い手を伍子胥ゴシショに引かれ、呉国に逃亡したが、のち楚に戻った。

しかし成長した白公は王位を狙い、反乱を起こして宰相の子西と将軍の子期を殺し、恵王を捕らえた。石乞はその側近として行動し、恵王を殺すよう白公に進言した。迷っているうちに論語にも名が見える葉公が鎮圧軍として攻めかかり、白公は自殺し石乞はゆで殺された。

この事件は魯哀公十六年(BC479)七月で、孔子は同年四月に世を去っており、さらに『墨子』でこの発言をしている晏嬰アンエイは、BC500年に世を去っている。このつじつまが合わないことから、この話は史実では無いと言われるが、晏嬰の件に目をつぶればそうとも言えない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)