論語詳解244郷党篇第十(9)席正しからざらば

論語郷党篇(9)要約:礼法の大きな目的の一つが、同じ場にいる人々からなめられないようにすることでした。なめられては個人として不愉快であるばかりでなく、政治家として意見を通しにくくなることにもつながるからでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

席不正不坐。

書き下し

せきただしからざらばせず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
席が正しくなければ座らない。

意訳

座席が乱れていたら座らず、整えてから座った。

他人の席に図々しく座るような真似はしなかった。

従来訳

論語 下村湖人

座席のしき物がゆがんだり曲がったりしたままでは坐られない。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 席 篆書
(篆書)

論語の本章では”座る場所”。論語の時代は日本と同じく、床の上に下の画像のような座布団を敷いて座った。椅子とテーブルの生活が中国に入ってくるのは、南北朝時代に北方遊牧民の生活習慣が入った後のこと。
論語 席

「席」は『学研漢和大字典』によると「巾(ぬの)+音符庶」の形声文字で、巾印をつけて座布団を示す。ショ(敷物)-セキ(敷き草)と同系のことば。▽エンは、延ばし広げるむしろ。ジョクは、柔らかい敷きぶとん。意味:むしろ。座る場所。しく。職務上や成績上のポスト。

論語 席 甲骨文 論語 席 金文
「席」(甲骨文・金文)

一方『字通』によると、初形は广げん+蓆の形。室中に席を布く意。〔説文〕七下に「くものなり」〔段注本〕とし、字を庶の省に従うとするが、庶は烹炊の象であるから、関係がない。籍は祭籍。神への供薦のものをおく席。長者との席の間は一丈をれるので、目上への手紙の脇付には函丈という。

訓義:むしろ、上むしろ。せき、座席、席次。宴会、会合、席場。しく、よる、ひろげる。

なお時代劇などで「狼藉者」と言うのは、狼は寝るときに下草を押し広げて寝るので、狼藉=狼の寝床であり、狼のような者を指すようになった、という。出典は『史記』滑稽伝・淳于髡ジュンウコン列伝で、淳于髡は奴隷出身の丸坊主頭という異色の学者。斉の威王に仕えた。

日暮酒闌,合尊促坐,男女同席,履舄交錯,杯盤狼藉,堂上燭滅,主人留髡而送客,羅襦襟解,微聞薌澤,當此之時,髡心最歡,能飲一石。

日が暮れて宴会もたけなわになり、乾杯してお互い「どうぞどうぞ」と言って座るように促し、男女が交じり合い、座布団を敷いて座り、杯や料理の皿が散らかって、座敷のともし火が油が切れるほど長い間飲み、主人は私を引き止めて帰る客を見送り、下着も丸見えになるほど襟がくつろいで、ほのかに体臭も漂っている。

私はこんな宴会が大好きで、これなら酒は一石まで飲めます。

論語時代にも斉国は大国だが、一旦亡んで公室が変わり、田氏の国となったので田斉という。威王はその最盛期の王で、都城のショク門の下に邸宅を与えて学者を優遇した。それらの学者を稷下の士という。淳于髡は外交使節として活躍し、威王を喜ばせた。

その慰労の宴会で淳于髡が気の置けない酒宴の例として言ったのが「杯盤狼藉」で、器や座布団が散らかっている様子を言う。なお孟子も稷下の士の一人だが、次代の宣王に仕え燕国を攻めさせた。これが恨みを買い、のちに斉は一旦滅ぶほどの被害を受けた。迷惑な人である。

論語:解説・付記

例によって、論語は短いほど解釈が難しい。中国で椅子とテーブルの生活が根付いたと確実に分かるのは唐帝国から。それは遣唐使の持ち帰ったモダンな習慣として、奈良朝から平安朝初期にかけて流行した。

論語 桓武天皇

桓武天皇

論語 空海

空海

しかし論語時代は本編にもあるように、床の上にござや畳のようなものを敷き、その上に草や毛皮で作った座布団を敷いて座った。日本も平安朝以降はそれに戻り、百人一首の絵札のように畳に座った。しかし本家中国では椅子とテーブルが根付き、唐帝国では皇帝と大臣が同じテーブルにつき、お茶を飲みながら政治についてカンガク々の議論をした。

論語 椅子生活

ところが次の宋王朝になると、大臣は立ったまま皇帝のお指図を承るようになり、明清帝国に至っては、土下座して皇帝のお言葉を頂戴した。ただし座布団生活は古式ゆかしい風習として絶えはせず、清の雍正帝も書斎では座布団に座って全中国からの報告書に返事を書いた。

論語 座布団生活

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)