論語詳解242郷党篇第十(7)斉には必ず明衣有り

論語郷党篇(7)要約:戒律としての礼法は、とりわけ神霊に対して慎みを示すこと=潔斎の場で厳しく行われました。孔子先生の時にはかなり緩んでいたはずですが、先生はそれを復活させ、人々に天への畏れを抱かせようとしたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

齊、必有明衣、布*。(必有寢衣、長一身有半。)齊必變食、居必遷坐。

校訂

武内本:清家本により布の下に也の字を補う。

書き下し

ものいみにはかなら明衣ゆかたり、ぬのにてす。(かなら寢衣しんいあり、たけ身有半しんいうはん。)ものいみにはかならしよくえ、るにかならうつす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
祭礼の前に身を清める時は、必ず清めた衣を着る。麻布で作る。(寝るときには必ず寝間着に着替え、長さは身長の一・五倍。)
清めの時には必ず専用の食事を摂り、座る場所も普段とは別にする。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

ものいみする時には清浄潔白な衣を着られる。その衣は布製である。また、ものいみ中は食物を変えられ、居室をうつされる。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

齊(斉)

論語 斉 金文 論語 潔斎 滝
(金文)

原義は”そろう・整う”だが、論語の本章では「潔斎」と言うように”ものいみ”のこと。

明衣

論語 明 金文 論語 衣 金文
(金文)

論語の本章では”潔斎の際に着る衣服”。”白い衣”と解することも出来るが、副葬品を「明器」と言うように、祭祀の際に用いる服と解したのは藤堂本による。

論語 子張6 明
『学研漢和大字典』によると「明」は会意文字で、「日+月」ではなくて、もと「冏(ケイ)(まど)+月」で、あかり取りの窓から、月光が差しこんで物が見えることを示す。あかるいこと。また、人に見えないものを見分ける力を明という。

望(モウ)・(ボウ)(見えないものをのぞむ)・萌(モウ)・(ボウ)(見えなかった芽が外に出て、見える)などと同系のことば、という。

論語 布 金文

論語の本章では”麻布・葛布”。中国に木綿が入るのは論語よりはるか後の時代になってからのことで、布と言えば麻布か葛布だった。木綿が入ってからは、布と言えば綿布を言うようになった。対して絹布をハク(しろぎぬ)という。

「布」は『学研漢和大字典』によると形声文字で、もと「巾(ぬの)+〔音符〕父」で、平らに伸ばして、ぴたりと表面につくぬののこと。敷(フ)(平らにしく)・普(あまねく行き渡る)と同系。また舗(ホ)(平らにしく)とも近いことば、という。

必有寢衣、長一身有半

論語 寝 金文
「寝」(金文)

この句は古来、論語前章に紛れ込んでいたとされる。

『学研漢和大字典』によると「寝」は会意兼形声文字で、侵は、しだいに奥深くはいる意を含む。寢は、それに宀(いえ)を加えた字の略体を音符とし、爿(しんだい)を加えた字で、寝床で奥深い眠りにはいること。浸(水が奥深くしみこむ)と同系のことば、という。

齊(斉)必變(変)食

論語 変 金文大篆
「変」(金文)

論語の本章では”ものいみだから、なまぐさものや臭いの強いものを食べなかった”と古来解する。

『学研漢和大字典』によると「変」は会意文字で、變の上部は「絲+言」の会意文字で、乱れた糸を解こうとしても解けないさま。変にもつれた意を含み、乱と同系のことば。變(ヘン)は、それに攴(動詞の記号)をそえた字で、不安定にもつれてかわりやすいこと、という。

居必遷坐

論語 居 金文 論語 坐 金文大篆
「居」「坐」(金文)

論語の本章では”必ず座席の場所を変える”。論語時代はまだ祟りや神罰を恐れた時代で、それゆえ普段とは異なる生活をして身を清めた。

「坐」は会意文字で、「人+人+土」。人が地上にしりをつけることを示す。すわって身たけを短くする意を含む。挫(ザ)(折れて短くなる)・蝎(ザ)(短いざん切りの頭)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

本章も前章同様、孔子の日常ではなく礼法の講義メモかもしれない。しかし教えるぐらいだから、孔子もこのように潔斎したのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)