論語詳解236郷党篇第十(1)孔子の郷党に於けるや

論語郷党篇(1)要約:孔子先生は、場所によって立ち居振る舞いを変えました。偉そうな人が、より偉い人の前では卑屈になるのはみっともないですが、身分秩序こそ天下太平の基本と考えた先生には、違う考えがあったようです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

孔子於鄕黨、恂恂如也、似不能言者。其在宗廟朝廷、便便言、唯謹爾。

書き下し

孔子こうし鄕黨きやうたうおいては恂恂如じゆんじゆんじよたりあたはざるものたり。宗廟そうべう朝廷てうていりては、便便べんべんとしてふ、唯〻ただつつしめるのみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生は故郷では慎み深く振る舞い、ものが言えない人に似ていた。魯国の祖先祭殿や朝廷では、はっきりとものを言った。ただし慎んではいた。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

孔先生は、自宅に引きこもっておいでの時には、単純素樸なご態度で、お話などまるでお出来にならないかのように見える。ところが、宗廟や朝廷にお出になると、いうべきことは堂々といわれる。ただ慎しみだけは決してお忘れにならない。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

鄕(郷)黨(党)

論語 郷 金文 論語 党 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”孔子のふるさとの地縁共同体”。

『史記』によると孔子は魯国の昌平キョウスウユウに生まれたとされる。後世の儒者のウンチクによると、周の制度で、五百家を党、一万二千五百家を郷としたとされるが、論語の時代にそのような制度が運用されていたとは言えない。

ただし、地縁共同体としてある程度の自治を行う集団はあっただろうから、孔子もたまには郷里に帰り、そこでは地位身分よりも郷里の秩序に従った、ということ。

『学研漢和大字典』によると「郷」は会意兼形声文字で、卿(ケイ)・(キョウ)は「ごちそう+向かいあった人」からなる会意文字で、会食するさまをあらわす。饗(キョウ)の原字で、向きあう意を含む。郷は「邑(むら)+(音符)卿の略体」で、たがいに向かいあって、音や煙の通りあう村々。

向(むく)・香(においがむこうへ動く)・響(音がむこうへ動く)などと同系のことば、という。

「党」は形声文字で、人の集まりの多いことで、時に内部で闇取引をするので、「黒」が入っているという。

恂恂

論語 恂 金文大篆 論語 安全キャビネット 恂
(金文)

論語の本章では”慎むさま”。武内本は「恭順の貌」という。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、旬は「日+(音符)逢の略体」からなり、甲乙丙…と進んでひと巡りした十日間のこと。恂は「心+(音符)旬」で、心をすべての面に行き巡らすこと。恤(ジュツ)(思い巡らす)と同系のことば、という。

宗廟

論語 宗 金文 論語 廟 金文
(金文)

論語の本章では孔子が仕えた魯国の、国公の祖先祭殿。魯は周の初代武王の弟・周公が開祖で、その子が領地を与えられて成立した。宗廟は祖先の霊魂を祀るだけでなく、国公主催の政治的な会議も行われた。従って宗廟は政府をも意味し、また廟堂とも呼ばれた。

『学研漢和大字典』によると「廟」は会意文字で、「广(いえ)+朝」で、朝まだきころ参拝するみたまやのこと。▽ビョウということばは貌(ボウ)と同系で、ほのかに祖先の容貌(ヨウボウ)を仰ぎ見る所の意を含む、という。

朝廷

論語 朝 金文 論語 廷 金文
(金文)

論語の本章では”政府・朝廷”。

論語の時代、朝廷は早朝と夕方の二度開かれ、列席する家老たちは屋敷に帰って昼食をとった。

『学研漢和大字典』によると「廷」は会意兼形声文字で、壬(テイ)は、人がまっすぐたつ姿を描き、その伸びたすねの所を一印で示した指事文字。壬(ジン)とは別字。廷は「廴(のばす)+(音符)壬(テイ)」で、まっすぐな平面が広く伸びたにわ。挺(まっすぐ)・庭(平らなにわ)と同系のことば、という。

便便

論語 便 金文大篆 論語 左官 便
(金文)

論語の本章では”はっきりと言うさま”。べらべらと。武内本は「平平の仮借、閑雅(=物静かで上品)の貌」と言うが、儒者のひいきの引き倒しの影響だと思う。下記の通り縁の近い語義ではあるが、仮借しない語義からは離れている。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、丙は、尻を開いて両股(モモ)をぴんと両側に張ったさまを描いた象形文字。更(コウ)は「丙+攴(動詞の記号)」の会意文字で、ぴんと張るの意を含む。便は「人+更」で、かたく張った状態を人が平易にならすことをあらわす。かど張らないこと、平らに通ってさわりがないの意を含む。

扁(ヘン)(平ら)・篇(ヘン)(平らな竹札)・片(平らな板)と同系。また、平(ヘイ)(たいら)とも縁が近い、という。

論語:解説・付記

論語は、前半が曽子など魯国に残った小人派の影響が強く、後半が斉国に移った子貢などの政治派の影響が強い。スパリと割り切れるほど区別は単純でないが、この論語郷党篇第十は礼法の講義メモ、もしくは儒学の形式化、つまりは他人を支配する道具にする意図を感じる。

現伝の論語の形が整うのは後漢末の時代とされ、それまでの間、系統の異なる三つの『論語』があった。魯論語、斉論語、漢代になって孔子の旧宅の壁から出てきたと言われる古論語の三つの版本である。それぞれの内容がどう違っていたかは、今はもう分からない。

論語 春秋諸国と諸子百家

一方儒家の派閥について、戦国時代の後半を生きた諸子百家の一人、荀子は、当時の主流だった曽子の流れを引く孟子派の他に、子張派、子夏派、子賤派を挙げている。一度は儒家を二分した、子貢の派閥は数え上げていない。金も権力もあったのに、どうしてだろうか?

論語 荀子
冠を縮こまらせて猫なで声で話し、大げさな歩き方や小走りの礼見せつけて人の機嫌を取る、これが子張氏のくされ儒者どもだ。

すまし顔で衣冠や表情を整え、満足げに一日中黙ってばかりで何一つしない、これが子夏氏のくされ儒者どもだ。

葬儀があると聞くと目の色変えて駆けつけ、恥知らずにもがつがつ飲み食いし、「少しは働け」と言うと「君子は下働きなどしない」と言ってお高くとまっている。これが子游氏のくされ儒者どもだ。

本当の君子とはそんな者ではない。外見は整っているが怠けず、精出して働くが威張らず、儒者の基本を尊ぶが時の移り変わりに応じて変わり、変わっても自他の利益にそむかない。これが出来てやっと聖人と言える。(『荀子』非十二子篇)

まさに、金も権力もあったから、子貢派は消えてしまったのだろう。あるいは上級貴族の家門を得、あるいは商人として大成功しながら、誰が塾の先生になんかになりたいと思うものですか。たとえ御用学者になれたとしても、いつも権力者の鼻息を窺っていなければならない。

機嫌を損ねれば即座に首。怒らせれば即座に斬首。そんな不安定な、卑屈な地位に、好きこのんでいようとは思わないものだ。だから恐らく子貢の弟子﹅﹅は、笑いながら学者生活とサヨナラしたに違いない。学に志すのはカネのためで、カネがあって志すのは暇つぶしに過ぎない。

こうした弟子の態度を、白川静『孔子伝』では「ノモス的社会の中に没」するという。

つまりノモス=体制の中に順応して社会的栄達を求めること。孔子が生涯一貫した、イデア=理想を放棄すること。そして『孔子伝』はこの論語郷党篇を、「師の日常を規範化して、そこに師の精神を求めようとした。その最も愚かしい記録が…郷党篇である」とまで極言する。

しかし子貢当人がそうだったとは思えない。孔子の理想を最も体現した弟子が顔回であるには違いないが、孔子を最も財政的に支え、他の弟子の倍、六年の喪を孔子の墓のそばで過ごした子貢は、子貢なりに孔子の理想を、師の望んだ政治の場で実現しようとした弟子だったから。

言い換えるなら、子貢がいなければ孔子も顔回もあり得なかった。子路や冉有がいなくてもそうだろう。しかし曽子や有若なしで、論語や孔子一門は成り立つ。孔子や顔回の理想主義は、子貢のバクチとセットである。切り離して議論は出来るものの、それは出汁ガラに過ぎない。

ただし、郷党篇を「愚かしい」と言い切る言葉には魅了される。鹿爪らしく態度を繕って、その実非人間的な搾取と抑圧と偽善に明け暮れたのは、ほかならぬ帝政時代の儒者だったから。形だけ出来ても「道」にならないのは、武道も儒学も、さらに礼儀作法も同じだろう。

俯瞰すると、論語には訳して実につまらない章が少なからずある。それは例えばこの郷党篇のように、心が無く形だけ記したもの。学而篇ですでに多分に含まれている、曽子や有若の自己宣伝。季氏篇に繰り返される、お説教を条文語りしたもの。なべて人の自由を奪うものだ。

偽作が疑われて当然の話だ。確かに、孔子の心の叫びに魅惑されるのも、自由を失う一種ではある。だがそれには心地よさが伴う。対して宣伝や法文を読んで絶頂感を覚えるような趣味は、訳者にはない。それは必ずためにする作為であり、孔子が嫌った媚びへつらいだろう。

すでに実用書としてはとうの昔に価値を失った論語が、もし現代の読者に役立つとすれば、それは帝国の儒者がでっち上げた孔子のお墨付きからではなく、必ず心の叫びからだ。悪いことをするな、自分も他人もいつわるな、人には憐れみを持て。これには千古不朽の価値がある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)