論語詳解373憲問篇第十四(41)子路石門に宿る

論語憲問篇(41)要約:孔子先生が自国の魯で行った政策は、庶民に人気どころか不満続出でした。だから庶民の支持を得られず、門閥家老にに追い出されることになったのです。しかしそんな先生を、密かにじっと眺めている人がいました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路宿於石門。*晨門曰、「奚自。」子路曰、「自孔氏。」曰、「是知其不可而爲之者與。」

校訂

武内本:清家本により、晨門の前に石門の字を補う。唐石経、石門の二字を重ねず。

書き下し

子路しろ石門せきもん宿やどる。晨門しんもんいはく、いづれりすと。子路しろいはく、孔氏こうしりす。いはく、不可ふかこれもの

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子路が石門に泊まった。朝の門番が言った。「どこから来た。」子路が言った。「孔氏より来た。」門番が言った。「それは出来ない事を知りながら行う者か。」

意訳

子路が石門に泊まった。翌朝、都城に入ろうとして門番に問われた。
門番「どこの人だね。」
子路「孔子先生の一門の者だ。」
門番「ああ、あの出来ないと知りつつやっているお人じゃな。」

従来訳

論語 下村湖人

子路が石門に宿って、翌朝関所を通ろうとすると、門番がたずねた。――
「どちらからおいでですかな。」
 子路がこたえた。――
「孔家のものです。」
 すると門番がいった。――
「ああ、あの、だめなことがわかっていながら、思いきりわるくまだやっている人のうちの方ですかい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

石門(セキモン)

論語 石 金文 論語 門 金文
(金文)

古来どこだか分からない。「石門」と呼ばれた地名は中国全土にあるが、宋代の地理書『太平カン宇記』では、「古しえの魯の城に七門あり。南の次(=順番)で第二門を石門と名づく」と書くが、想像の域を出ない。「宿る」と本文にあるから、魯の都城近くの、石門があるまちだろうとは、訳者個人の感想。

晨門(シンモン)

論語 晨 金文 論語 門 金文
(金文)

論語の本章では”門番”。

「晨」は”日の出”。論語時代のまちは、まわりをぐるりと城壁で囲ってあり、日の出と共に開けて、日の入りと共に閉じた。門番の中でも、朝番を務める人物のこと。なお本章の問答から分かるように、この門番はただ者ではない。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子が声をからして叫んでいる復古的政治革命を、名もない賢者がどう見ていたか、を示す一節。子路が「孔氏より来た」と言っている事から、本章は子路がまだ仕官する前で、孔子が魯国の政権内で自分の政治構想の実現に躍起になっていた頃のことだろう。

孔子の提唱する政治像は、必ずしも民間に歓迎されていなかった。むしろ、厳しく風俗を取り締まったことで、嫌われていたと考えるのが妥当。しかし門番は賢者なので、孔子が何をしたいか見抜いており、「そんなことをしても無駄じゃよ」と、子路を通して孔子に告げたわけ。

中国の隠者には二種類あって、人里離れた土地に孤独に住む隠者の他に、「市隠」と言ってまちに住みながら隠者生活を送る者があった。中国史上で有名なのは、戦国四君子の一人・信陵君の門客だった侯嬴コウエイで、信陵君のために特に何もするでなく、市隠として門番を勤めていた。

だが信陵君の危機の際には勇士を推薦し、策を授けた後、自殺してその行く末を祈った。詳細は『史記』現代語訳:魏公子列伝を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)