論語詳解368憲問篇第十四(36)徳を以て怨みに

論語憲問篇(36)要約:やられたらやり返せ! 孔子先生は簡潔にそう言います。あだに恩を返した所で、いい事などありはしない、苦労人の先生は、人間がどんなに恩知らずか、お坊ちゃまの貴族と違って、よく知っていたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或曰、「以德報怨、何如。」子曰、「何以報德。以直報怨、以德報德。」

書き下し

るひといはく、とくもつうらみむくいば如何いかんいはく、なにもつとくむくいむ。なほきをもつうらみむくい、とくもつとくむくゆ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

ある人が言った。「利益でうらみに返すのはどうでしょう。」先生が言った。「何を用いて利益に返すのか。本心でうらみに報い、利益で利益にお返しする。」

意訳

ある人「あだを恩で返す。これってすごいでしょ!」
孔子「では恩には何を返すのかね。思ったまま真っすぐ敵に復讐し、ご恩にはご恩返ししたらいい。」

従来訳

論語 下村湖人

ある人がたずねた。――
「怨みに報いるに徳をもってしたら、いかがでございましょう。」
先師がこたえられた。――
「それでは徳に報いるのには、何をもってしたらいいかね。怨みには正しさをもって報いるがいいし、徳には徳をもって報いるがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

德(徳)

論語 徳 甲骨文 論語 徳 金文
(甲骨文・金文)

論語では人徳や道徳でなく、経験や技能に裏打ちされた人格力の及ぼす機能。発動するまでは目に見えないので、隠然たるパワーと言っていい。ただし論語の本章では、機能が発動したあとのこと=利益や便宜を指す。詳細な語釈は、論語における「徳」を参照。

怨(エン・オン)

論語 怨 篆書
(篆書)

論語の本章では”うらみ”。文字の上部は土下座させられた人、下部は心。同じ「うらむ」でも、押さえつけられて晴らせないようなうらみを言う。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

論語 直 金文
(金文)

論語の本章では、”まっすぐな心”。詳細は論語語釈「直」を参照。

論語:解説・付記

まずは従来訳の注釈を読んでみよう。

ここに、ある人というのは、おそらく老荘流の人をさすのであろう。老子は明らかに「怨みに報いるに徳を以てす」といつているのだから。

孔子には、老・荘・仏・基(訳者注。キリスト教)のように、飛躍ということがなかつた。つまり孔子は常にこつこつと地上を歩いた人であり、現実社会の秩序ということを忘れて、一挙に理想に突入し、愛の燃燒によつて罪を浄化するというような心境には終生なれなかつたのである。そういう点で、孔子に霊感的なものを求めるのは比較的困難である。しかし、そこに基督キリストなどとはちがつた彼の偉大さ、いわば平凡人の偉大さとでもいうべきものがあつたと思う。理想としては、「汝の敵を愛する」のが見事だとしても、現実社会は永遠に「怨みに報いるに正しさを以てする」必要があるであろうことを、われわれは忘れてはならないのである。

しかし「怨みに報いるに正しさを以てする」と論語の本章を解釈するのは誤り。「平凡人」の孔子は、怨みには怒りで返した。「子は温かにしてはげし」い人であり(論語述而篇37)、自分の仁フィギュア趣味を否定した冉有ゼンユウ(論語雍也篇12)を破門した(論語先進篇16)。

帰国工作でどれほど冉有が貢献しようと、遠慮無く怒ったのだ。「怨みに正しさを」というのは、怨む自分が善であり、相手が悪であることを前提にしているが、孔子は他人の正義に口出しすることを戒めた(論語為政篇16)。この独善は儒者ならではの発想だろう。

古注
或曰至報徳…云以直云云者既不許以徳報怨故更荅以此也不許以徳報怨言與我有怨者我宜用直道報之若與我有徳者我以備徳報之也所以不以徳報怨者若行怨而徳報者則天下皆行怨以要徳報之如此者是取怨之道也
或いは徳に報いるの至りを曰うか。…以直云云者、既に徳を以て怨みに報ゆるを許さ不、故に更に荅うるに此れを以てするを云う也。徳を以て怨みに報ゆるを許さ不ずとは、我与怨み有る者に我れ宜しく直を用いて之に報ゆるへ道びくを言う。我与徳有らんが若き者は我備えたる徳を以て之に報ゆる也。徳を以て怨みに報い不る所以者、若し怨みを行い而徳報わるる者は、則ち天下皆な怨みを行いて、以て徳を要めん。之に報ゆるに此くの如き者、是れ怨を取る之道也。(『論語集觧義疏』)

これは恩返しの至高の境地を言ったのでは無かろうか。直を以てうんぬんと仰せになったのは、すでに怨みに徳を返すのはダメだ、と第一句で仰せになったからだ。だから言葉を重ねて説明するのに、直を以てうんぬんと仰せになった。

徳で怨みに報いるのをお許しにならなかったのは、あだには直で返すようお導きになったのだ。

自分に徳を及ぼした人には、自分の徳でお返しすればいいが、怨みに徳を返したなら、天下の人はみなぼろ儲けだと言って、せっせと悪事に励むだろう。これを、わざと怨みのタネを呼ぶ道というのだ。

注を付けた儒者は、「徳」「直」の定義をしていないが、後漢時代の偽善とごますりを考えれば、「人徳」「正しさ」と捉えているのだろう。次に朱子とその引き立て役が何を言っているか覗いてみよう。

新注
於其所怨者,愛憎取舍,一以至公而無私,所謂直也。於其所德者,則必以德報之,不可忘也。或人之言,可謂厚矣。然以聖人之言觀之,則見其出於有意之私,而怨德之報皆不得其平也。必如夫子之言,然後二者之報各得其所。然怨有不讎,而德無不報,則又未嘗不厚也。此章之言,明白簡約,而其指意曲折反復。如造化之簡易易知,而微妙無窮,學者所宜詳玩也。
其の怨む所に於ける者、愛憎取りて舎つ。一に公を至すを以て、し而私無し、所謂直也。其の徳ある所に於ける者、則ち必ず徳を以て之に報ゆ。忘れる可から不る也。或人之言く、厚しと謂う可き矣。然るに聖人之言を以て之を観れば、則ち其れ意之私なる有る於出ずるを見る。而し怨みに徳之報ゆらば皆な其の平を得不る也。必ず夫子之言の如くし、然る後に二者之報い各の其の所を得ん。然るに怨の讐せ不る有らば、徳の報われ不る無きが而し。則ち又た未だ嘗て厚から不らずんばあらざる也。此の章之言は、明白にして簡約なり、し而其の指す意は曲り折れ反り復りたり。造化之簡易にして易く知るが如く、し而微妙にして窮り無し。学者宜しく詳かに玩むべき所也。(『論語集注』)

怨みを抱えても、愛憎ともに捨て去ってしまう。ひとえに公共の利益を考えて、私心がない。これを直と言うのだ。恩を受けた者は、必ず恩で返すべし。忘れてはならない。

論語本文の「ある人」は、人情に厚いと言える。しかし孔子様から見れば、あだを恩で返して手なずけようとする我欲が丸見えだ。あだに恩を返せば、公平ではないではないか。必ず孔子様が仰せになったようにし、それでやっと二者の関係は正常になる。

あだに復讐しないのは、恩返しをしないのと同じだ。情に厚いと言えなくはないのだが。

この章のお言葉は、明白で簡潔だ。だが意味している内容は、折れ曲がって文意があっちこっち行き来している。宇宙の運行作用が単純で、たやすく分かるのと同じで、非常に精密でありながらどこまでも巨大だ。学問をする者は、よくよく本章を読み直して詳細に考えるがいい。

「怨みを抱えても、愛憎ともに捨て去ってしまう。ひとえに公共の利益を考えて、私心がない。これを直と言う」。はあ、ご立派なことでございますな。孔子が単純に「やられたらやり返せ」と言ったのを、ごたくを並べてわざと難しくしている。だまされてはいけませんぞ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)