論語詳解353憲問篇第十四(21)その言のはじざるは

論語憲問篇(21)要約:言ってから”これはまずいかも”と思わないようでは、実現は難しいと孔子先生。新しい価値を作る人間は、それぐらいでないと成功しません。しかし干からびた儒者はよってたかって、論語を書き換えたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「其言之不怍、則*爲之也難*。」

校訂

武内本:清家本により、則の下其の字を補う。唐石経、其の字なく、難也を也難に作る。後漢書皇甫規伝引其の字あり、此本(=清家本)と同じ。

書き下し

いはく、ことぢざるは、すなはこれかたし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「言葉に”これはまずいかも”と顔色が変わるようでなければ、実現するのは難しい。」

意訳

言ってしまってから、「これはまずいかも」と顔色が変わるようでなければ、言ったことを実現できない。

なんじゃと? ワシの仁フィギュアばなしが恥ずかしいじゃと? 言っとるワシも恥ずかしいわい。じゃがそうでなけりゃ、仁者にはなれんものぞ!

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。―― 「恥かしげもなく偉らそうなことをいうようでは、実行はあやしいものである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

怍(サク)

論語 怍 金文大篆 論語 怍 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では、”顔色が変わるぐらい強く後悔すること”。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、乍(サク)・(サ)は、ざくと切れめを入れたさまを描いた象形文字で、短切な動作を起こす意を含む。作の原字。俊は「心+〔音符〕乍」で、心中にざくと切りこみを入れたように、強いショックを起こすこと、という。
論語 作 甲骨文
「作」(甲骨文)

儒者の注釈を参照すると、古注では「怍ははじである。中身が充実していない嘘つきは、言葉と顔に必ず恥じる様子がある。中身が充実している人は、顔色に恥がないようなものだ」という。

新注では、「大法螺を吹いて恥じないのは、必ず実行しようとする志がないのだ。そのくせ自分に出来るかどうかも考えない。言ったことを実践しようと思うなら、どうして難しいことがあろうか」と言う(論語憲問篇21注釈)。

詳細な語釈は論語語釈「怍」を参照。

論語:解説・付記

注釈のページを見て頂いた方には恐縮だが、儒者がいかに当てにならないか、新注・古注ともに、孔子を神聖で完璧な人間に仕立て上げる立て前ばかりで、論語に何が書いてあるかはどうでもいいかがおわかり頂けるだろうか。従来訳のように、意味を正反対に取っているのだ。

これは論語の各章で、孔子が饒舌を嫌った発言が多いことから、論理に一貫性を持たせるためだろうし、儒者にそこまで考える脳がなかったとしたら、単に孔子を重々しいカナブツに仕立て上げて、その後光で自分たちの権威を高めることしか考えていないとしか言いようがない。

もっと救いがないのは、日本の漢学者だ。

東京帝国大学教授・宇野哲人「大言して恥じない者は、必ず行おうとする心がなくて自らその事ができるか否かも考えていないから、その言を踏み行うことはむずかしい。故に人は軽率に言を吐いてはならぬ。」(『新釈論語』)

これは丸きり朱子のコピペではないか。どこが新釈なのだろう?

京都大学教授・吉川幸次郎「(要約)新注ではこう、古注ではこう、そして私の考えはありません。訳もしません。」(世界古典文学全集4『論語』)

あああああ…くぁwせdrftgyふじこlp

京都大学教授・宮崎市定「子曰く、言うことをしゃあしゃあ言ってはにかむことを知らない人は、実行の方までは手のまわらぬものだ。」

さすがに宮崎先生らしい面白い言葉使いだが、まだ儒者風味が抜けていない。「不怍言」(言はじざる)ではなく、「言不怍」(言はじざる)とあるからには、「はにかむことを知らない」のがいけないのではなく、「はにかむようなことを言えない」のがいけないのである。

大阪大学教授・加地伸行「老先生の教え。内実のないことを言うのを恥じない者は、実行してもとてもできはしない。」

古注のパクリ。

まあそれは置いておき、正解に達した漢学者は、訳者の蔵本ではただお一人。

東京大学教授・藤堂明保「ものを言うとき、心がはっととがめることがないようでは、その言葉を実行することは難しい。」

ただし藤堂先生は、どうにもならぬ頑迷な連中の批判を警戒してか、カッコ内に「(言い放題に任せて放言するようでは)」と入れている。

言うまでもないが、訳者は儒者も漢学者もほとんど信用していないので、辞書はせっせと引くが、これらの訳本は自分で訳してから参照した。もちろん新古の注も必要なときにしか参照しない。狂信と呵責が伝染うつるからである。狂信と呵責になるぐらいなら、論語など読まない。

さて論語の本章に話を戻すと、孔子が言っているのは、安易な引き受けは安易に出来るからかまわないようなものの、安易なことばかりやっている集団に、既存の貴族層へ割り込んでいくことは出来ない、ということ。孔子は成り上がり者であり、一門は新興宗教だったからだ。

そして革命政党でもある。しかも本章が論語の後半である憲問篇に入っているのは、政治派の子貢たちがまさにこのような孔子の発言を聞いたからであり、机にかじりついてお勉強ばかりし、しかも頭が悪くてちっとも覚わらない曽子一派には考えも付かない。

論語の本章は、フィギュア趣味を生涯熱く語った孔子ならではの言葉で、本章を収録した子貢一派から見れば、やはり孔子のヲタ話は恥ずかしいものだったことを証言している。あるいは孔子をからかった子貢に、「恥ずかしい事が言えんようではダメじゃ!」と言ったのかも。

世の中に新たな価値を作っていく人間は、未知のものを作ろうとするのだから、出来るかどうか誰にも保証は出来ない。しかし言い出したからには実行してやめるなと孔子は子貢に言い(論語為政篇13)、子貢は忠実に教えを守ったから成功した(君子ゴミ溜めに近寄らず)。

孔子は多言不実現の人で、仁を説教したが仁者にはなれなかった(論語述而篇33)。孔子は教える人であって、やる人ではなかったのだ。だが構想力(=妄想力)は抜群に壮大であり、だから偉大な教師として名を残した。不言実行を言う人間に、新しい価値など作れない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)