論語詳解158述而篇第七(11)富にして求むべきや°

論語述而篇(11)要約:孔子先生を世間に疎い学者バカと見るのは間違いで、革命家ですから過激ではあっても、人の持つ欲望には人並みに敏感でした。本章は長い間誤読され、先生をまるで金仏のように思わせてしまった罪な一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「富而可求也、雖執鞭之士、吾亦爲之。如不可求*、從吾所好。」

校訂

武内本

清家本により求の下に者の字を補う。

定州竹簡論語

曰:「富而可求也,雖執鞭之]士,吾a為之。如不可求也b,148吾所好。」149

  1. 今本我下有「亦」字。
  2. 也、阮本無、皇本・高麗本作「者」字。

→子曰、「富而可求也、雖執鞭之士、吾爲之。如不可求也、從吾所好。」

復元白文

子 金文曰 金文 畐 金文而 金文可 金文求 金文也 金文 雖 金文執 金文論語 鞭 金文之 金文士 金文 吾 金文為 金文之 金文 如 金文不 金文可 金文求 金文也 金文 従 金文吾 金文所 金文好 金文

※富→畐。

書き下し

いはく、とみもとしもといへども、われこれさむ、もとからこのところしたがはむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「富の中でも得ることが出来るものは、御者だろうと私はやろう。もし全然得られないものなら、私は好きなようにする。」

意訳

論語 孔子 楽
もし儲けるという事そのものが可能なら、雇われ御者だってやるよ。でも全然儲からないとなれば、ワシの好き勝手にするさ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「もし富というものが、人間として進んで求むべきものであるなら、それを得るためには、私は喜んで行列のお先払いでもやろう。だが、それが求むべきものでないなら、私は私の好む道に従って人生をわたりたい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「如能緻富,哪怕是趕車,我也乾;如不能,則隨我所好。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「もし富を実現できるなら、御者だってかまわずに、私だってやる。もしできないなら、つまりは私の好きなようにする。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。論語 寬
『学研漢和大字典』では会意兼形声文字で、畐(フク)は、中にいっぱい酒を詰めたとっくりの形を描いた象形文字。富は「宀(いえ)+(音符)畐」で、家の中がいっぱいに満ちること。福(神の恩恵がゆたかに満ちる)・丕(ヒ)(ゆたか)などと同系のことば、という。

富而可求也

論語 求 金文
「求」(金文)

「而」はA而Bで”AかつB”。「也」はA也Bで”Aの場合はB”。従って”富というものを儲けられるなら”。

論語 求 皮
「求」は象形文字で、求の原字は、頭や手足のついた動物の毛皮を描いたもの。毛皮はからだに引き締めるようにしてまといつけるので、離れたり散ったりしないように、ぐいと引き締めること。裘(キュウ)(毛皮)はその原義を残したことば。

糾(キュウ)(引き締める)・救(キュウ)(引き止める)・球(中心に引き締まった形のたま)と同系のことば、という。

執鞭之士

論語 鞭 金文 論語 鞭
(金文)

論語の本章では、”馬車を操る最下級の士族”。

「鞭」はムチの中でも、革のムチ。従って打つ範囲が広いから、車上からでも家畜をムチ打てる。またここでは「士」とあり、ただの馬子や車引きではなく貴族身分。乗車は貴族の特権だが、御者は士分ではあっても、一番階級が低い者が通常務めた。詳細は論語=春秋時代の身分制度を参照。

『学研漢和大字典』によると「執」は会意文字で、「手かせ+人が両手を出してひざまずいた姿」で、すわった人の両手に手かせをはめ、しっかりとつかまえたさまを示す。

「鞭」は会意兼形声文字で、「革(かわ)+(音符)便(平らで軽い、ひらひらと波うつ)」。翩(ヘン)(ひらひら)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

語義・語法から、本章を孔子の無欲恬淡を示すものと読んではならない。

論語 毛沢東
「革命とは暴力である」と毛沢東は喝破し、それはその通りなのだが、同時に革命とはゼニきんであり、政治工作には多大の出費が必要になる。孔子は儲け話に無縁だったのではなく、儲かるなら飛びつく人物でもあった。それを示すのが本章である。

孔子の生涯を財産の点から見ると、破綻寸前国家のFXチャートのように、急激な山あり谷ありだった。弟子の原憲を執事に雇った際、巨額の俸禄を弾んだこともあれば(論語雍也篇5)、自分の子の葬儀に十分な経費が出せなかったこともある(論語先進篇7)。

論語 衛霊公
また放浪時代は最初の亡命国衛で、殿様の霊公に巨額の捨て扶持(現代換算で111億円)を貰えたが、それ以外の国では領地まで指定された上にお預けを喰らい、どうやって食べていたのか分からない。ここで登場するのが、『史記』の貨殖列伝にも名が載った弟子の子貢である。

子貢がやり手のアキンドだったことは、論語先進篇18にも記されており、大バクチに出てはしばしば当てて、巨額の金を稼いだ。ただし子貢が孔子一門の財政を支えていたという記録は一切無い。だから四角四面に考えると、子貢が一門の資金源だったとは断定できない。

論語 お金
だが人は沈黙によって雄弁に語ることもある。孔子一門が革命政党だったのは事実で、政治や革命には巨額の金が要ること、古今東西変わらない。息子の葬儀にも事欠くような孔子が、生涯政治活動を続けたからには、どこかで巨額の金を稼いでいなければ理屈に合わない。

分からないことは分からないとしておくのもいいが、ここまで状況証拠が揃っていると、やはり子貢が資金源だったと見るしかない。発掘などで新史料が出ない限り、古代史の研究、もとい論語のような古代の古典を楽しむには、十分確からしい話を想像で補うしかないのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 戦車の乗員には階級差があった。武芸に励む余裕のあった卿大夫は、揺れる車上で射撃と打撃を担った。御者は士族が担当した。「執鞭の士」が、偉くない職業として論語に載るのはそれゆえだ。商人は普段荷馬車を扱っただろうし、職人も馬車の扱いに慣れていて不思議は無い。 […]