論語020為政篇第二(4)吾十有五にして学に志し

論語為政篇(4)要約:若いうちから勉強しろ! そういうゑすMチックなお説教として有名なお話。でも孔子先生がそうできたのは、地獄のような身分差別から抜け出すためでした。生涯を終える直前に、自分の人生を振り返った言葉。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「吾十有五而志於學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。」

書き下し

いはく、われいう五にしがくこころざす。三十にしつ。四十にしまどはず。五十にし天命てんめいる。六十にしみみしたがふ。七十にしこころほつするところしたがひて、のりえず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。私は十と五つで学者になろうと決意した。三十で学者として食べていけるようになった。四十で学究生活に迷いが無くなった。しかし五十になって天の命令を知った。六十になって何事も耳に入るようになった。七十になって心の思うままに行動しても、決まりからはみ出すことはなくなった。

意訳

論語 孔子 哀
十五で学者を志望し三十で食えるようになり四十でその生活に満足していた。
ところが五十になって、政治家になれと言う天の声を聞いた。迷いはあったが六十になるとその声がはっきり聞こえるようになった。今七十を過ぎてもう衰え、好き勝手に振る舞っても大したことは出来なくなった。

従来訳

 先師がいわれた。――
「私は十五歳で学問に志した。三十歳で自分の精神的立脚点を定めた。四十歳で方向に迷わなくなつた。五十歳で天から授かった使命を悟った。六十歳で自然に真理をうけ容れることが出来るようになつた。そして七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 惑 金文 論語 矛盾 惑
(金文)

論語の本章では”まよい”。既存の論語本では吉川本に、「惑」は矛盾に陥ることという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、或の左側は、囗印の上下に一線を引き、狭いわくで囲んだ区域を示す。或は「囗印(かこむ)+戈」の会意文字で、一定の区域を武器で守ることを示す。惑は「心+(音符)或」で、心が狭いわくに囲まれること。

類義語の迷は、行く手がわからずまようこと。疑は、思案にくれて進まないこと、という。

天命

論語 天 金文 論語 命 金文
(金文)

論語の本章では”天が与えた使命”。

『学研漢和大字典』によると意味は次の通り。

  1. 天から与えられた運命。「盛衰之理、雖曰天命、豈非人事哉=盛衰の理は、天命と曰ふと雖も、あに人事に非ざらんや」〔欧陽脩・伶官伝叙論〕
  2. 天が与えた使命。「五十而知天命=五十にして天命を知る」〔論語・為政〕
  3. 「天寿」と同じ。「楽夫天命復奚疑=かの天命を楽しんで復たなにをか疑はん」〔陶潜・帰去来辞〕
  4. 天が人に定め与えたもの。「天命之謂性=天命これを性と謂ふ」〔中庸〕

論語 天 甲骨文 論語 天
「天」(甲骨文1)

また「天」は指事文字で、大の字にたった人間の頭の上部の高く平らな部分を一印で示したもの。もと、巓(テン)(いただき)と同じ。頭上高く広がる大空もテンという。高く平らに広がる意を含む、という。

論語 天 甲骨文2 論語 天
「天」(甲骨文2)

一方『字通』では人の正面形としながらも、上部は一ではないとし、『易経』に動詞として「天する」=髪を切る刑罰とあることを挙げて、上部は大きな頭で、天はもと人の頭頂という。ただしいずれにせよ殷代の昔から、”おおぞら”を意味したとする点は同じ。

矩(ク)

論語 矩 金文 論語 己 曲尺
(金文)

論語の本章では「格」と同じく、”カタ(にはめる)”こと。原義は”直角定規”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、巨(キョ)は、かぎ型の定規にとっ手のついたさまを描いた象形文字。矩は「矢(昔は、物の長さを矢ではかった)+〔音符〕巨」で、角度や長さを計るかぎ型の定規。

距(上端と下端がへだたっている)・虚(真ん中がくぼんでいる)などと同系のことばという。

踰(ユ)

論語 足 金文 論語 兪 金文
「足・兪」(金文)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義と同じく”超える”。『大漢和辞典』には他に”踊る”の語義を載せる。

『学研漢和大字典』ではは、中身を抜き取った丸木舟のこと。ただし普通は(越える)-(越えて進む)と同系の言葉として用い、相手を越えてその先に出る意。また先へ先へと越えて程度をの進む意をあらわす。

一方『字通』では、把手とってのある手術刀で膿漿のうしょうを盤(舟)に移す形、という。論語 兪

論語:解説・付記

孔子が就職したのは、五十を過ぎて中都のまちの代官「中都宰ちゅうとのさい」に任じられた時で、それまでは公室や家老家の倉庫管理や牧場管理をしていたと『史記』は言うが、詳細は明らかではない。本章と合わせ考えると、古典研究と弟子の育成が四十代までの孔子の生涯と言える。

だが中都宰から昇進して魯国の宰相格になって以降は、生涯を終えるまで復古的政治革命に邁進したが、一人息子や有力な弟子に次々死なれた七十頃、意訳のように気力を落としたと思われる。加えて期待した呉国が留守を越に襲われて没落したことも、決定的だったろう。
論語 孔子 哀

それにしても初の仕官が五十頃というのは、現代でも遅く思えるし、平均寿命が三十ほどだった論語時代では、ものすごい老人と言っていい。確かに貴族階級には七・八十まで生きる例が珍しくないが、孔子はもともと庶民で、それも最下層に近い出身だったと言われている。

逆に考えると、底辺からのし上がって政治家になるまでには、超老人になるまでかかったということで、当時の身分差別の厳しさを、思い知らされるような感覚になる。それだけ孔子がずば抜けた体力と生命力を持っていたことになり、孔子青びょうたん説には同意できない。

また論語の一読者として本章を読めば、孔子のような超人でも四十になるまで迷ったというなら、凡人である筆者如きはその倍は迷って良かろう。つまり一生迷っていても構わないわけで、学がなって立つまでも、六十だろうといいことになる。いや、開き直りはいけないか。

なお論語に基づいて、後の中国では十五歳を学問始めとし、「志学」といった。しかし貴族だろうと儒者だろうと皆が皆、十五で学問を好んだわけではない。当たり前の事なのだが、天才詩人陶淵明の息子たちも、そろって勉強が大嫌いだった。

「責子」陶淵明 「子を責む」陶淵明
論語 陶淵明
白髮被兩鬢 肌膚不復實 白髪は両ビンおおい、肌膚キフゆたかならず 
雖有五男兒 總不好紙筆 五男児有りといえども、べて紙筆を好まず 
阿舒已二八 懶惰故無匹 阿ジョは二八なるに、懶惰ランダなることまことたぐい無し 
阿宣行志學 而不好文術 阿宣は行く行く志学なるも、而も文術を愛せず 
雍端年十三 不識六與七 ヨウと端とは年十三なるも、六と七とをらず 
通子垂九齡 但覓梨與栗 通子は九齢になんなんとするも、但だ梨と栗とをもとむるのみ 
天運苟如此 且進杯中物 天運くの如くんば、しばらく杯中の物を進めん
「子を責める」陶淵明
髪は両側とも真っ白、肌も老いぼれてつやを失った。
男の子が五人いるが、全て勉強が大嫌いだ。
阿舒は十六になると言うのに、ぶらぶら怠けて手の着けようがない。
阿宣はそろそろ十五だが、読むのも書くのもイヤだという。
雍と端は歳十三、六と七の違いも知らない。
通子はもうすぐ九歳だが、ナシとクリを欲しがるばかり。
運命はさても残酷だよ。やめやめ、酒だ酒だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)