論語019為政篇第二(3)之をみちびくに

論語為政篇(3)要約:意外にも孔子先生は、政治家としては厳罰主義で死刑もためらいませんでした。しかしその結果どうなったか? 本当なら犯罪のない社会を作るべきだった。そういう反省を込めた、孔子先生の司法論。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「道之以政、齊之以刑、民免而無恥。道之以德、齊之以禮、有恥且格。」

書き下し

いはく、これみちびくにまつりごともつてし、これととのふるにけいもつてすらば、たみまぬかはぢし。これみちびくにとくもつてし、これととのふるにれいもつてすらば、はぢりてただし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。民を導くのに政令を用い、民を躾けるのに刑罰を用いれば、民は法の網をつついて逃れ、恥とも思わない。民を導くのに利益を用い、民を導くのに礼法を用いれば、恥を知って行儀よくなる。

意訳

論語 孔子 キメ
命令と刑罰で脅せば人は逃げ散る。利益と格好良さでおびき寄せれば釣り込まれて従う。

従来訳

 先師がいわれた。――
「法律制度だけで民を導き、刑罰だけで秩序を維持しようとすると、民はただそれらの法網をくぐることだけに心を用い、幸にして免れさえすれば、それで少しも恥じるところがない。これに反して、徳を以て民を導き、礼によって秩序を保つようにすれば、民は恥を知り、自ら進んで善を行うようになるものである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 道 金文 論語 ガイド 道
(金文)

論語の本章では”みちびく”。『字通』によると生け贄の首で道を清めること。その祭祀を行う者を道士という。「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

齊(斉)

論語 斉 金文 論語 斉 甲骨文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”整える”。『字通』によると語源は三本のかんざしを揃えた象形。揃える所から”整える”の意が生まれた。

論語 斉 甲骨文
『学研漢和大字典』によると象形文字で、◇印が三つそろったさまを描いたもの。のち下に板または布のかたちをそえた。

儕(セイ)(そろった仲間)・臍(セイ)(上下左右そろったまん中にあるへそ)・劑(セイ)(=剤。そろえて切る)・濟(サイ)(=済。水量をそろえる)などと同系のことば、という。

論語 民 金文 論語 強制労働 民
(金文)

論語の本章では”たみ・民衆”。針で視力を奪われた奴隷が語源。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、ひとみのない目を針で刺すさまを描いたもので、目を針で突いて目を見えなくした奴隷をあらわす。のち、目の見えない人のように物のわからない多くの人々、支配下におかれる人々の意となる。

また、人と結合して、「民人」「人民」と称する。

またもと眠(目が見えなくなってねむる)と同系で、泯(ミン)(水に没して見えない)・紊(ビン)(入り乱れてよくわからない)などとも同系のことば。

類義語の人はもと、自分と同等の仲間のこと。氓(ボウ)は、もののわからない人々、または流亡した人々のこと。衆は、おおぜいの人々のこと。庶は、多くの人や物が集まったこと、という。

論語 各 甲骨文 論語 格 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”かたにはめる”。『学研漢和大字典』では、木でつくられたわくが語源。しかし甲骨文を見ると「各」と字形が同じで、「各」は『字通』によると祝詞の容器「口さい」に神霊が降りてきた姿=”いたる”という。そこから派生して、”神意によってただすこと”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、各は、夂(あし)と四角い石を組みあわせて、足がかたい石につかえて止まったさまを示す。格は「木+〔音符〕各」で、つかえて止めるかたい棒、ひっかかる木。

客(一軒の家につかえて止まった人)・閣(とびらにつかえて止めるとびらどめの石)・擱(カク)(つかえて止まる)・挌(つきあたる、ひっかかる)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 揖 拝礼
礼法と法律の違いがよく分かる章。法律の規定は原則として、美醜や善悪の観念を持ち込まないが、礼法は常に「格好良さ」が伴う。情報の流通を国家が独占出来る場合では、何をかっこうよいとするかも為政者の意のままにしやすかった。

孔子は初めて行政官になった時、厳罰主義で民を縛り上げ、たったの三ヶ月でおとなしくさせた記録が『史記』にあるが、論語の本章はそれを反省しての発言だろう。もの売りが値段をごまかさないまではまだしも、男女が道を分けて歩いたというのは、思想統制と変わらない。

無論古い論語時代のことだから、現代ではよほどの独裁国以外では通用しないような無茶も通ってしまったのかも知れないが、江戸の松平定信や水野忠邦が嫌われて失脚したように、孔子も民に嫌われ、失脚しても誰からも惜しまれなかったことを、ほとほと後悔したのだろう。
論語 孔子 哀

隣国・斉の家老晏嬰アンエイが、さほどの後ろ盾もないのに、民衆の支持で失脚もせず、暗殺も免れたことがやはり『史記』にあるが、個別の民は無力でも、数が多いからその支持があれば、政権内で悪だくみに励むより、よほど地位が安定する。孔子もそれに気付いたのだろう。

なお孔子の法概念について詳細は、論語における「法」を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)