論語017為政編第二(1)まつりごとを為すに

論語為政篇(1)要約:誰でも札束を前にしたら、みんな同じ顔になります。孔子先生は政治の要点を、利益誘導だと分かっていました。それを道徳で治めるとか、わけの分からない解釈をするから、論語はわかりにくくなってしまいました。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「爲政以德。譬如北辰、居其所、而衆星共之。」

書き下し

いはく、まつりごとすにとくもつてす。たとへば北辰ほくしんところて、衆星もろほしこれむかふがごとし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。政治を行うには利益誘導を用いる。例えば北斗星が中心にいて、他の全ての星がその中心を共有するように。
論語 徳治

意訳

政治のかなめは利益誘導だ。かね﹅﹅のキンキラキンを見たら、誰だって同じ表情になるだろ?
論語 徳 利
Image via http://kokando.phpapps.jp

従来訳

 先師がいわれた。――
「徳によつて政治を行えば、民は自然に帰服する。それは恰も北極星がその不動の座に居て、もろもろの星がそれを中心に一絲みだれず運行するようなものである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 政 金文 論語 正 解字
(金文)

論語の本章では”政治”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、正とは、止(あし)が目標線の━印に向けてまっすぐ進むさまを示す会意文字。征(セイ)(まっすぐ進む)の原字。政は「攴(動詞の記号)+(音符)正」で、もと、まっすぐに整えること。のち、社会を整えるすべての仕事のこと。

正・整(セイ)と同系のことば、という。

德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語の本章では、教養や技能や経験に裏打ちされた人格的迫力=人間の持つ機能。およびそれを用いて行使される政治力や具体的利益。

従来訳や既存の論語本が言うような、人徳や道徳では全くない。そんなものに民は従いはしない。実際に魯国の宰相格だった孔子にも、そんなことは重々分かっている。論語に言う「徳」は多くの場合、「得」で書き換えると理解しやすい。

『学研漢和大字典』によると、もと、本性のままのすなおな心の意という。しかし『字通』によれば目に濃い化粧をして見る者を怖がらせ、各地を威圧しつつ巡回すること。ここから日本語で「威に打たれる」と言うように、「徳」とは人格的迫力のことだ。

また論語憲問篇35に「(名馬)はその力をたたえず、徳をたたえるなり」というが、馬に道徳などあったものではない。つまり徳とは、人間や馬など、生物が持つ機能のことに他ならない。

詳細は論語における「徳」を参照。

譬(ヒ)

論語 譬 金文大篆 論語 螺旋階段 譬
(金文)

論語の本章では”たとえる”。『学研漢和大字典』によると、本筋で押さず、いったん横にそれて、他の事物をもってきて話すこと。わからせるために、他の事物をひきあいに出して話すこと。また、わからせるために横からもちこんだ例。比喩(ヒユ)。

解字は会意兼形声文字で、辟(ヘキ)は「人+辛(刃物)」からなる会意文字。人の肛門(コウモン)に刃物をさして横に二つに裂く刑罰。劈(ヘキ)(よこに裂く)の原字。譬は「言+〔音符〕辟」で、本すじを進まず、横にさけて別の事がらで話すこと、という。

北辰(ホクシン)

論語 北 金文 論語 辰 金文
(金文)

論語の本章では”北極星”。

『学研漢和大字典』によると、白居易の詩に「北辰微暗少光色=北辰微暗にして光色少なし」〔司天台〕というのがある。転じて、天子や朝廷の不動の地位のこと。北極星の位置が変わらず天の中心とされたことから。「北極朝廷終不改=北極の朝廷終に改まらず」〔杜甫・登楼〕
論語 南面

旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)造士館寮歌に、「北辰斜めにさすところ」とあるのは、緯度が低いため北極星が低く見えることを歌ったもの。

論語:解説・付記

「徳」を”人徳”と解するメリットは儒者側にある。人徳と解することで意味が曖昧になり、その解釈や判断を儒者が独占出来る。いわゆる儒教の国教化以降、解釈の独占は政治権力の独占でもあり、事実1911年の辛亥革命まで、皇帝と折半する形で儒者が政治利権を独占した。

なお既存の論語本では吉川本もまた、「道徳による政治がいかにすぐれているかを、比喩によって説いたものである」とする。

論語 吉川幸次郎
ただ私に、よくわからないのは、北極星が、徳による政治の比喩になるのは、他の星は全て移動していくに反し、北極星だけは、じっととどまって動かない、あだ(ママ)かも、道徳による政治が、無為ゝゝであるが如くであり、さればこそ、周囲からの尊崇を得るのだと、古注にも新注にも、述べていることである。道徳による政治が、無為を属性とするということは、私にはよく分からない。中国の書物を、さわがしい日本人の心で理解することは、やはりむつかしいことなのであろうか(吉川幸次郎『論語』筑摩書房)

これは「徳」を人徳と解することから起こる誤解で、孔子は行政に携わって苦労した経験のある政治家であって、単にお説教を言い募るイジワルじいさんではない。だからこそ論語泰伯篇18にあるように、何もしないで治まるはずがない、と首をかしげた。

孔子は論語時代きっての読書家だから、当然ギョウシュンといった過去の聖天子の伝記を読んだだろう。しかしそうした聖天子の九分九厘は後世の創作であって、創作だからこそ具体的にどんな政治を行ったか、創作者も書きようが無かった。それを真に受けたのが孔子の悲劇でもある。
論語 孔子 疑問

孔子が読んだだろうそうした伝説の一部は、今でも『史記』で読むことが出来る。しかし同じラノベを創作するにしても、もう少し読ませるように書けなかったのかと思う。思うに創作者はまるで政治の経験がないから、ただ徳々と繰り返してごまかすしかなかったのだろう。

その意味で古代中国の聖天子伝説は、諸国の神話と比べて実に説教臭く、面白くもない。言葉も難解で、ひたすらご立派の上にもご立派な人格でした、と書くばかり。多少のエピソードは添えてあるが、訳していても苦痛になる。真に受けるしかなかった孔子も苦痛だったろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)