論語039為政篇第二(23)十世知るべきや

論語為政篇(23)要約:遠い未来が分かるのか? 孔子先生はその答えを過去の歴史に求めました。同じ人間が作る社会である以上、そんなには変わらないだろう。そして時代の要請に、沿った形に社会は変わるだろう。そんなお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張問、「十世可知也。」子曰、「殷因於夏禮、所損益可知也。周因於殷禮、所損益可知也。其或繼周者、雖百世可知也。」

書き下し

子張しちやうふ、十世じつせいいはく、いんれいれり、損益そんえきするところなりしういんれいれり、損益そんえきするところなりあるひしうものあらば、百せいいへどなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 論語 孔子 切手
子張が問うた。「十世代のちの世を知ることが出来ますか」。先生が言った。「殷は夏の礼法制度を受け継いだが、場合によって改変した所は分かっている。周は殷の礼法制度を受け継いだが、場合によって改変した所は分かっている。だからもし周を受け継ぐ王朝が現れても、百世代のちのことまで知ることが出来る。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
殷は夏の制度を受け継いだが、時代に合わせて変えた。周もまた同じ。今後百世代のちでも、大して違いは無かろうよ。それよりさっさと勉強や稽古をしなさい!

従来訳

 子張しちょうがたずねた。――
「十代も後のことが果してわかるものでございましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「わかるとも。いんの時代はの時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところもあるが、根本は変っていない。しゅうの時代は殷の時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところがあるが、やはり根本は変っていない。今後周についで新しい時代が来るかも知れないが、礼の根本は変らないだろう。真理というものは、かように過現未を通ずるものだ。従って十代はおろか百代の後も豫見出来るのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語 子 金文 論語 張 金文
(金文)

何事も「やり過ぎ」(論語先進篇15)と評された孔子の弟子。詳細は論語の人物・子張参照。

BC17C-BC1046。実在が確認された中国史上二番目の王朝。文字を持ち、鹿の骨や亀の甲羅をあぶって、そのひび割れで神意を問う、神権政治を行ったとされる。
論語 地図 殷

論語 殷 金文 論語 殷 字解
(金文)

なお『字通』によると、「殷」の字は「字形から言えば、”朱殷しゅあん”のように、血の色を言うのが原義であろう」という。「殷」の語義に”あか”があるのはそのため。殷王朝はいけにえとしてむやみに人間を殺したことが、発掘調査から知られている。

『字通』による「殷」の語義は、さかん、大きい、ゆたか、多い。正しい、あたる、ただす。慇に通じ、ねんごろ、うれえる。血などの赤黒の色、あか、あかい。王朝名、姓、という。

さらに「殷」の字をこう解説する。「𠂣いんしゅ。𠂣は身の反文。身は妊娠のかたち。これをほこつのは、何らかの意味をもつ呪的方法と思われる。その呪儀を廟中で行う。孕んでいる子の、生命力を鼓舞する意の呪儀であろう。」

『学研漢和大字典』によると会意文字で、殷の字の左の部分は、身の字の逆形。身は、身ごもって腹の大きい姿を描いた象形文字。身の逆形も身ごもって腹の大きいことを示す。殷は「身の逆形+殳(動詞の記号)」で、腹中に胎児をかくす動作を示す。

転じて、中にものがいっぱいつまっている、充実しているの意をあらわす。

論語時代の中国を代表した王朝。すでに周王の実権は失われていた。
論語 地図 周

「周」の字は以下の通り。
論語 周 甲骨文 論語 周 金文
(甲骨文・金文)

『学研漢和大字典』によると「田の中いっぱいに米のある形+口印」で、いきわたること、という。

一方『字通』によるとたて+口。周の国号に用いる字は、卜文(甲骨文)では方形の干を四分して、彫り飾りの点を加えた形、金文に至って下に祝禱の器の形である口さいを加える。彫飾が稠密であることから、”あまねくめぐる”の意になった。

その盾が周族の徽号的な聖器だったらしく、その器に祈って行動したので、周が国号・王号になった。

BC20C-BC17C。実在が確認された中国史上初の王朝。その半分は石器時代で、文字を持たなかった。下記するように、自分たちを「夏」とは呼んでいなかったらしい。
論語 夏 地図

語義は以下の通り。
論語 夏 金文 論語 夏 字解
(金文)

『学研漢和大字典』によると象形文字で、頭上に飾りをつけた大きな面をかぶり、足をずらせて舞う人を描いたもの。仮面をつけるシャーマン(みこ)の姿であろう。大きなおおいで下の物をカバーするとの意を含む。

転じて、大きいの意となり、大民族を意味し、また、草木が盛んに茂って大地をおおう季節をあらわす。仮(仮面をかぶる)・下(カ)(おおいをかぶる、そのした)・庫(屋根でおおう)と同系。また、廈(カ)(大きい家)・強(カ)(大きい)とも同系のことば、という。

一方『字通』によると舞冠をかぶり、儀容を整えて舞う人の姿。金文の字形は冠を着け、両袖を舞わし、足を高く前に上げる形に作り、廟前の舞容を示す。夏を中国の意に用いることは春秋期になって見え、また季節名に用いることも春秋期以後にその例が見える、という。

損益

論語 損 金文大篆 論語 益 金文
(金文)

論語の本章では、”足し引きすること”。

『学研漢和大字典』によると、「損」は会意文字で、員(ウン)は、口のまるくあいた鼎(テイ)(かなえ)の姿。損(ソン)は「手+員」で、まるい穴をあけて、くぼめること。穴をあけるのは減らすことであり、くぼめて減らす、の意を持つ。

遜(ソン)(後ろに下がる、小さくなる)などと同系のことば、という。

また「益」は会意文字で、「水の字を横にした形+皿(さら)」で、水がいっぱいになるさま。溢(イツ)(あふれるほど、いっぱいになる)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「文明の法則は、それが文明である限り、永遠なものを持ち不変なものを持つという確信を語ったものと見てよい。」とある。しかし夏殷周三代の礼法・制度の変遷を知ると言い切っている孔子は、その礼法制度が廃れた春秋末期を生きていた。

いかなる社会であれ、そこに制度や礼法があるのは当たり前であって、恣意的な酋長が治める集団も、「酋長が法」という制度はあることになる。動物の集団も本能や環境の影響で動くことに違いは無く、礼法はなくとも例えば女王蜂の養育や上位オスには従うという原則がある。

従って孔子がそのような自明の理を言ったと解してもいいが、「分かるのはせいぜいそれだけだ」という諦めを述べたものだと解したい。質問者が、政治には向かないと孔子が見ていた子張であることも考えると、礼法をどう運用するかより、まず礼法を知れと教えたのだろう。

論語 子張 明
むしろ学者向きと孔子が考えた子張は、孔子の挙げた孔門十哲に入っておらず、知識に足りない点があったのだろう。礼法について論語当時の教科書は現在伝わっておらず、おそらく当時から無かったと思われ、言わば孔子が生きた教科書で、弟子は聞いて学ぶしかなかった。

その子張は孔子塾の必須科目である六芸よりも、むしろ就職マニュアルを読むような弟子だったから(論語為政篇18)、遠い未来に思いを寄せるより、まじめに科目の勉強に励みなさいと諭したのが本章だと考えたい。それで子張は、後世に名が残るほどの派閥を残したのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)