論語037為政篇第二(21)子なんぞ政をなさざる

論語為政篇(21)要約:最晩年の孔子先生。政治の第一線からはすでに引退。しかし先生を焚き付ける者が出ます。花も嵐も、政治の荒波はとっくに何度も乗り越えた。そんな先生は古典を引いて、焚き付け者をはぐらかしたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或謂孔子曰、「子奚不爲政。」子曰、「書云『孝乎惟孝、友於兄弟、施於有政』。是亦爲政、奚其爲爲政。」

書き下し

るひと孔子こうしひていはく、なんまつりごとさざると。いはく、しよふ、かうかう兄弟けいていいうに、有政いうせいいたると。れもまたまつりごとすなり、なんまつりごとすことをさん。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
ある人が孔子に言った。「先生はなぜ政治を執らないのですか」。先生が答えた。「書経にあります、”今そなたを任命する、まことに孝行者よ、まことに友情厚き者よ、これらが行う政治に及ぶであろう”と。孝行と友情も政治になるわけです。なぜ改めて政治を執らねばなりませんか?」

意訳

ある人「もう政治は執らないのですか?」

論語 孔子 ぼんやり
孔子「うんざりしました。昔の任命書に、”孝行と友情は政治の基本”とあります。ご存じの通り私は、孝行と友情に努めています。これも政治の一種でしょうよ。」

従来訳

 ある人が先師にたずねていった。――
「先生はなぜ政治にお携りになりませんか。」
 先師はこたえられた。――
「書経に、孝についてかようにいってある。『親に孝行であり、兄弟に親密であり、それがおのずから政治に及んでいる』と。これで見ると、家庭生活を美しくするのもまた政治だ。しいて国政の衝にあたる必要もあるまい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 書 金文 論語 書 字解
(金文)

論語の本章では『書経』、別名『尚書』のこと。歴史書の一種で、孔子時代までの為政者の宣言を集めた書。現在では失われており、後世の偽作のみ伝わる。

論語の本章に引用された文言は、現存する偽作には載っていない。『詩経』と同じく孔子の編纂とも言われるが、孔子による『詩経』のような言及が一切無く、他人事のように取り扱っているので、極めて怪しい。

『学研漢和大字典』によると「書」は形声文字で、「聿(ふで)+(音符)者」で、ひと所に定着させる意を含む。筆で字をかきつけて、紙や木簡に定着させること。類義語の写は、Aの場所にかかれたものをBの場所にうつすこと。つまりかきうつす意、という。

論語 施 金文大篆 論語 施 字解
(金文)

論語の本章では”及ぶ”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、也は長いへびを描いた象形文字で、長くのびる意を含む。施は「はた+〔音符〕也」で、吹き流しが長くのびること。挓(タ)(長くひっぱりのばす)・迆(イ)(のびる)・移(イ)(横にのびていく)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

十年以上にわたる放浪から孔子を呼び戻したのは、論語の前章に登場する筆頭家老の季康子。しかし呼び戻しておきながら、結局非常勤の相談役に追いやり、どうやら給与もろくに払わなかった証拠が、論語先進篇7にある、「息子にろくな葬儀を出してやれなかった」との発言。
論語 孔子 哀

最晩年の孔子は、帰国の翌々年に息子に先立たれ、その翌年最も期待した弟子の顔回に死なれ、その翌年最も愛した弟子の子路が非業の死を遂げ、その翌年力尽きるように亡くなっている(孔子・論語年表参照)。本章はその際晩年の話で、人生や政治に飽きていたのだろう。

BC 魯哀公 孔子 魯国 その他
484 11 68 孔文子に軍事を尋ねられる。衛を出て魯に戻る。のち家老の末席に連なる。弟子の冉求、侵攻してきた斉軍を撃破 呉と連合して斉に大勝 呉・伍子胥、呉王夫差に迫られて自殺
483 12 69 もう弟子ではないと冉有を破門 季康子、税率を上げ、家臣の冉求、取り立てを厳しくする
482 13 70 息子の鯉、死去 呉王夫差、黄池に諸侯を集めて晋・定公と覇者の座を争う。晋・趙鞅、呉を長と認定(晋世家)。呉は本国を越軍に攻められ、大敗
481 14 71 斉を攻めよと哀公に進言、容れられず。弟子の顔回死去。弟子の司馬牛、宋を出奔して斉>呉を放浪したあげく、魯で変死 孟懿子死去。麒麟が捕らわれる 斉・簡公、陳成子(田常)によって徐州で殺され、平公即位。宋・桓魋、反乱を起こして曹>衛>斉に亡命
480 15 72 弟子の子路死去

子服景伯と子貢を斉に遣使

斉、魯に土地を返還、田常、宰相となる。衛、出公亡命して蒯聵=荘公即位。

479 16 73 死去。西暦推定日付3/4。曲阜城北の泗水シスイ河畔に葬られる ギリシア、プラタイアの戦い

なお従来の論語本では吉川本によると、『書経』の引用がどこまでかは説が分かれるという。しかし孔子の個人的対人関係が政治であるとする見解には違いがない。すなわち、どちらでもいい。なお吉川本には続けてこうある。

論語 吉川幸次郎
「この条なども、繰り返し読んでいると、充分には分からないながら、ある魅力を感じるのは、論語の言葉が、元来いつもカオス的な言語、であるからであろう。つまりすぐれた詩の言語としての性質をもっているからであろう。」

吉川博士の時代は、辞書類も整わず、漢字音韻学も形体学も未発達だった。従ってどんな捏造があるか分からないのに、中国の儒者の中に頼って論語を読むしかなく、中国の儒者は儒教の司祭だから、注釈に狂信から来るカオスの混入が避けられなかった。やむを得ないことだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)