論語034為政篇第二(18)子張、禄をもとめるを

論語為政篇(18)要約:公務員予備校でもあった孔子塾。若い子張は就職マニュアルに首っ引き。しかし孔子先生の見るところ、子張くんは役人には向いていません。真っ直ぐそれを言わないで、とりあえずは内定のコツを教えたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張學干祿。子曰、「多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤。多見闕殆、愼行其餘、則寡悔。言寡尤、行寡悔、祿在其中矣。」

書き下し

子張しちやう祿ろくもとむるをまなぶ。いはく、おほきてうたがはしきをき、つつしみてあまりへば、すなはとがめすくなし。おほあやふきをき、つつしみてあまりおこなへば、すなはくいすくなし。こととがめすくなく、おこなひくいすくなければ、祿ろくうちり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
子張が仕官の手口を学んでいた。先生が言った。「たくさん聞いて疑わしい話を取り除き、慎重に残った事柄を言えば、めったに非難されることがない。たくさん見て危うい事柄を取り除き、慎重に残った事柄を行えば、めったに後悔することがない。発言への非難も行動への後悔も少なければ、仕官の口はその中にある。」

意訳

論語 孔子 楽
就職のコツ。
多く情報を集めて、確かなことだけ言ったりやったりすれば、自然に就職口が見つかる。

従来訳

 子張しちょうは求職の方法を知りたがっていた。先師はこれをさとしていわれた。――
「なるだけ多く聞くがいい。そして、疑わしいことをさけて、用心深くたしかなことだけを言つておれば、非難されることが少い。なるだけ多く見るがいい。そして、あぶないと思うことをさけて、自信のあることだけを用心深く実行しておれば、後悔することが少い。非難されることが少く、後悔することが少ければ、自然に就職の道はひらけて来るものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語 子 金文 論語 張 金文
(金文)

孔子の弟子。BC503-?。子張は字、姓は顓孫(せんそん)、名は師。陳国出身。孔子より48年少。

孔門十哲に含められていないが、『論語』では子路子貢に次いで出現回数が多い。有名な「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で「過」と評価された(論語先進篇15)。詳細は論語の人物・子張参照。

論語 干 金文 論語 干 字解
(金文)

論語の本章では、”求める”。『字通』によると原義は武器のさすまたで、武力を背景に強制することへと意味が転じた。

一方『学研漢和大字典』によると象形文字で、ふたまたの棒を描いたもの。これで人を突く武器にも、身を守る武具にも用いる。また、突き進むのはおかすことであり、身を守るのはたてである。干は、幹(太い棒、みき)・竿(カン)(竹の棒)・杆(カン)・桿(カン)(木の棒)の原字。

乾(ほす、かわく)に当てるのは、仮借である、という。

祿(禄)

論語 禄 金文 論語 禄 字解
(金文)

論語の本章では”給与・就職口”。『大漢和辞典』の第一義は”幸運”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、彔(ロク)は、刀でぽろぽろと竹や木を削るさまを描いた象形文字。小片が続いてこぼれおちるの意を含む。剥(ハク)の原字。祿は「示(祭壇)+〔音符〕彔」で、神からのおこぼれ、おかみの手からこぼれおちた扶持米(フチマイ)などの意。

淥(ロク)(こぼれおちる水たま)・錄(=録。竹や木を削って字を書く)・碌(ロク)(ころがる石ころ)などと同系のことば、という。

闕(ケツ)

論語 闕 金文大篆 論語 闕 字解
(金文)

論語の本章では、”欠ける(こと)”。ただし「欠」の正字体は「缺」で、「闕」は『大漢和辞典』によると第一義は”宮門の両側に立つ台”。音が「欠」と通じるので転用されたという。

論語 欠 甲骨文 論語 欠 金文
「欠」(甲骨文・金文)

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、中の部分の字(音ケツ)は「人間が逆さになった姿+欠(人間が腹をくぼませてかがみこんだ姿)」の会意文字で、ものをコ型にえぐりとる、コ型にへこむという基本義をもつ。

闕はそれを音符とし、門を加えた字で、城壁や土壁の一部が∪型にくぼんだ門のこと。缺(ケツ)(=欠。かく)・決壊の決(かけて穴があく)と同系のことば。という。

尤(ユウ)

論語 尤 金文 論語 尤 字解
(金文)

論語の本章では”とがめ(る)”。『大漢和辞典』の第一義は”異なる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「手のひじ+━印」で、手のある部分に、いぼやおできなど、思わぬ事故の生じたことを示す。災いや失敗がおこること。肬(ユウ)(こぶ)・疣(ユウ)(こぶ)の原字。特異の意から転じて、とりわけ目だつ意となる、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本で、「俸給を得るための特別の勉強というものはない」とし、目や耳から入ってくる情報のうち、自分には不確かな事柄は将来に取っておき、理解したことだけを言ったりやったりせよとの、手堅い勉強を説いた話とする。

また「祿」の原義である、天から授かる幸福と解せないこともないとし、俸禄が目的の子張に対し、「わざと、ある意味ではそらとぼけて、純粋に倫理的な答えをしたと読む方が、やはり力強いであろう」と記す。この意見に賛成する。

何事もやり過ぎと論語先進篇で言われた子張に、孔子は政治の才を見なかったことが『大載礼記』にあるが、論語時代の諸国の政界とは、暗殺・謀殺・刑殺の横行する無法地帯で、我を張りがちな子張がノコノコ入っていけば、殺されてしまうと孔子は思っただろう。

そんな政界で生き残るすべを、孔子は論語憲問篇4で説いたが、それはアクロバットに近い腹芸で、根が単純な子張にできる技ではなかった。従って恐らく学者への道を勧めたと想像でき、論語にも同時代史料にも、子張が仕官した話はない。それは実のなる提案だった。

論語 荀子
孔子の後継者たちを片っ端から非難したジュン子は、「これ見よがしな行儀作法を見せつける、子張氏の賤儒」と言っており、言い換えるなら子張は学者として一人前となり、荀子の生きた戦国末期(秦の統一はBC221)まで派閥が生き残り、目障りな程度には栄えていたことになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)