論語032為政篇第二(16)異端を攻むるは

論語為政篇(16)要約:「この異端者め!」宗教裁判のような事を、孔子先生は言いません。この世には人の数だけ正義がある、そんな当たり前のお話。でも若い弟子にはまだわからない。だから損になるだけだよと先生は説いたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「攻乎異端、斯害也已。」

書き下し

いはく、異端いたんむるは、がいのみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「異なった正義を責めても、これは害しかない。」

意訳

論語 孔子 楽
他人の正義にケチを付けるな。

従来訳

 先師がいわれた。
「異端の学問をしても害だけしかない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 攻 金文 論語 解体 攻
(金文)

論語の本章では”せめる”。『字通』によると原義は”工具で作業すること”で、武器を使った軍事的な攻撃や、人の欠点を責めることも言う。”おさめる”の意味は、工具で玉や金属を加工することがもとの意味で、学問研究の意味は後から生じた。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、工は、上下の面を┃線で突き抜いたさまを示す指事文字。攻は「攴(動詞の記号)+〔音符〕工」で、突き抜く、突っこむの意。空(突き抜けた)・孔(突き抜けたあな)などと同系のことば、という。

詳細な語釈は論語語釈「攻」を参照。

論語 異 金文 論語 こぶとりじいさん 異
(金文)

論語の本章では、”自分と違っていること”。『字通』では与える+両手の会意文字で、鬼頭のものが両手をあげている形という。

一方『学研漢和大字典』では会意文字で、「大きなざる、または頭+両手を出したからだ」で、一本の手のほか、もう一本の別の手をそえて物を持つさま。同一ではなく、別にもう一つとの意。

翼(一枚のほかもう一枚あるつばさ)・翌(当日のほかの別の日)と同系。代dəg → dəi(別の、かわりの)や𡟒(ヨウ)ḍiəŋ → yiəŋ(もうひとり別のそえ妻)などとも縁が近い、という。

詳細な語釈は論語語釈「異」を参照。

論語 端 金文 論語 端 字解
(金文)

論語の本章では整えて正しいとされた考え=”正義”。『字通』によると原義は「端正」というように、”はし、整っていること”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、耑(タン)は、布のはしがそろって━印の両側に垂れたさまを描いた象形文字。端は「立+〔音符〕耑」で、左と右とがそろってきちんとたつこと。

椽(テン)(両側にそろって垂れた家のたるき)・縁(エン)(両側に垂れた布のはし)・段(両側に垂れさがるだん)などと同系のことば、という。

一方『字通』によると、耑は端正に座る巫女の形で、上部は長髪のなびく姿。立は人の立つところで、儀式の場所や位を示す。所定の位置に端然と座る巫女の形より、端正の意となり、心正しくまことの意となる、という。

また巫女の座る位置は、上衣の左端で、そこから”はし”の意となり、順序をそこから数えるので、”はじめ”の意となると言う。

論語:解説・付記

現代の論語読者が異端という言葉を聞くと、カッパ頭の酷薄そうな坊さんが出てきて、あわれな被告を拷問したり、火あぶりにかけたりするけしきを想像すると想像するが、論語時代の異端には、そのような意味はない。加えて熟語として成立していたかも極めて怪しい。
論語 異端

論語本章に言う異端とは、上記の通り異なった正義のことで、孔子は人の数だけ宇宙があり、正義は人によって違うことを理解していた。確かに孔子は、『孔子家語』にあるように、自分とは考えの違う少正卯を処刑したが、だからといって他学派を認めなかったわけではない。

論語 鄭子産
例えば孔子は鄭の家老・子産を賢者として褒め称えているが(論語公冶長篇15)、子産は孔子の嫌う法の公開に踏み切った人で、孔子はそれを承知で讃えている。また異端呼ばわりして学問の幅を狭めるなら、論語学而篇6で説いた、幅広い人から学ぶのが不可能になる。

漢文を読む時、日本語の意味に釣り込まれて読み誤るのを、「和臭」と江戸の儒者は言ったが、論語の本章を異端審問のように解するのはその例。加えて論語は古典として最古の部類に入るから、読解にはできるだけ熟語的解釈を取り除き、単漢字の意味をさぐる必要がある。

つまり論語の時代では、まだ言葉が熟していないわけ。もちろん中国語史としては、少なくとも甲骨文字が出土する殷後期以降の伝統があるから、熟語が皆無とは言わない。しかし中国語は現在も原則として、一漢字が一単語を表すので、原意を知るには辞書を引く手間が不可欠。

論語 吉川幸次郎
なお既存の論語本では吉川本に言う。「異端とは異端邪説という言葉があるように、正しくないことが始めからはっきりしている学説をいう言葉であると、ふつうには理解されている。また異端を攻(おさ)むるの、攻むとは、研究することであって、異端の説を研究することは、斯れ害あるのみ、百害あって一利無し、とするのが、この条の普通の読み方である。しかし異端という言葉は、論語のこの条にのみ見え、その確実な意味を帰納しうるべき更なる使用例が、他の書に見えない。」

この意見に賛成する。吉川本には「もっとも慎重な態度をとれば、この条の本来の意味は、わからない」とあるが、それならそれで辞書を引いて語学的に意味を求めるまでのことだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)