論語031為政篇第二(15)学びて思わざらば

論語為政篇(15)要約:本の虫はロボット同然。でも自分の思いさえあれば、勉強は要らないわけではない。それではテロリストになってしまう、突っ走っても最後には破滅が待っている。若い弟子にはぐさりと来た、孔子先生のお説教。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「學而不思則罔、思而不學則殆。」

書き下し

いはく、まなおもはざらばすなはくらし、おもまなばざらばすなはあやふし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「学んで考えなければまさしくものが見えない。考えて学ばなければまさしく危ない。」

意訳

論語 孔子 キメ
学んで考えないとオタクになる。考えて学ばないとテロリストになる。

従来訳

 先師がいわれた。――
「他に学ぶだけで自分で考えなければ、真理の光は見えない。自分で考えるだけで他に学ばなければ独断に陥る危険がある。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

罔(モウ)

論語 罔 網 甲骨文 論語 罔 金文大篆
(甲骨文・金文)

論語の本章では”暗い”。原義は”あみ”。”くらい”を意味する「盲」と音が通じたので、”くらい”を意味するようになった。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「网(あみ)+〔音符〕亡(みえない)」で、かぶせて隠すあみ。また、おおいかぶせて見えなくすること。亡(隠れて見えない)・盲(見えない)などと同系のことば、という。

殆(タイ)

論語 殆 金文大篆 論語 崖 殆
(金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”あやうい”。『大漢和辞典』には”つかれる”の語義も載せる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、台(タイ)・(イ)は「㠯(すき)+口」よりなり、すきを用いて働いたり、口でものをいったりして、人間が動作をすることを示す。以(作為を加える)・治(人工で水をおさめる)などと同系。

殆は「歹(死ぬ)+〔音符〕台」で、これ以上作為すれば死に至ること、動けばあぶないさまをあらわす。また類義語の危(キ)は、からだをかがめて崖(ガケ)の上にたったようなあぶない状態のこと、という。

『字通』によると、声符は台、ガツは残骨の形。『説文解字』四下に「危うきなり」とあり、危殆の意。危害にちかづく意で、また「ほとんど」という副詞によむ。幾にも「ちかし」「ほとんど」という訓がある。いずれも、古い呪儀を示す字と思われる、という。

論語 吉川幸次郎
次に漢学者の意見だが、吉川本では、「これは孔子の学問論として、はなはだ重要な条である。…殆の字をあやうし、と読んだのは新注に従ったのであって、古注が殆(つか)る、と読むのは、おそらく劣るであろう。」と言う。また竹内本は「殆は惑と同じ」という。

このように諸説ばらばらの場合、論語に限ると最古の古典であることから、儒者や漢学者の注釈や解説と称する個人的感想を排し、文字学的に原義に近い意味で解釈するのがよい。今回もその方針で”危うい”と解した。

論語:解説・付記

論語学而篇6で書いたように、孔子は知識=情報と、それを運用する智恵を区別していた。のちに道家は、儒家の知識偏重主義をあざ笑ったが、論語の当時の弟子たちは、少なくとも優れた弟子は本の虫ではなかった。論語の本章の教訓を、十分わかっていたらしい。

論語の時代は本が貴重で、つまりは情報が貴重だった。その最大の理由は技術的問題で、記録しようにも紙がなかった。代わりに木や竹を薄く削って細長いふだを作り、一行ずつ書いたものを主に革ひもで綴じて本にした。紙に比べて非常にかさばって重く、長い文は書けない。
論語 竹簡

従って論語の時代は学びそのものが珍しく、入門した弟子はそれを得意に思っただろう。いきおい、本の虫に向かって突進する弟子もいただろうが、そのように暗記するだけでは何の役にも立たないと孔子はたしなめている(論語子路篇5)。オタクでは為政者になれないからだ。

なったとしても民が迷惑する。知識と判断力は別物だから。「本にこうある」と言い張って、為政者が誤った政策を強行すれば、それは亡国にもつながりかねない(論語子路篇15)。そのためには知識を蓄えるのと並行して、為政者候補たる弟子は思考力を鍛える必要がある。

論語 孔子 不愉快
思考の前提は正確な情報だから、孔子は嘘つきを嫌った(論語為政篇22)。それを見抜く方法も説いた(論語為政篇10)。そして思考を勧める方法を、自分に嘘をつかないことだと教えた(論語子罕篇25)。論語で「信」と「忠」がセットになっているのは、その反映。

人をあざむく者は、人が自分より愚かだと思っているが、最高の賢者などあり得ようはずもないから、それは事実をゆがめて世界を見ることになる。つまり事実認識を見誤る。従って人にだまされたくないなら、まず自分がだまさないよう戒めることが必要だからだ。

しかし、いくら信=他人に嘘をつかず、忠=自分にもつかないからといって、その判断はあくまで自分が根拠でしかない。従って幅広く他人と付き合い(論語学而篇6)、人によって正義は異なる事を事実として受け止めるよう諭した。独善は自他を共に傷付けるからだ。

自分が正しいと信じるからと言って、為政者が誤った政策を強行すれば、それは本の虫と同様に、民の迷惑であり亡国につながる。孔子が論語の時代に養成し、諸国の政界に押し込もうとした人材=士とは、こうした知識と知恵の釣り合いがとれた、有能な人々だった。

さて今回の語釈で、中国文学一般や中国思想、中国史を専門とする漢学教授の意見を排し、諸橋徹次『大漢和辞典』、藤堂明保『学研漢和大字典』、白川静『字通』の解釈を優先した。これは今回に限らず、辞書を書けない漢学教授を、訳者はほとんど当てにしていないからだ。

その理由は、辞書を書くような漢学者は、少なくとも原文を自分で読み、自力で漢字の意味を探っているのに対し、そうでない漢学者は原文を自分で読まないどころか、書き物も実は弟子の仕事の横取りだったり、言うこと全てが過去の儒者のコピペだったりするからだ。

もちろん諸橋博士が、あの大部な『大漢和辞典』の全てを書いたわけではないし、藤堂博士も白川博士も、うさんくさい所は山ほどある。しかし漢字学は音や形から、海外にも研究者が多数いて、そこからの批判は避けがたい。勢い、研究は合理に近づかざるを得ないのである。

対してそうでない漢学者は、例えるなら地方動物園のサル山のボスで、山の頂でどれほど吠えようとも、檻の向こうにあるよそのサル山から苦情が来るわけではないし、エサにありつけなくなるわけでもない。それどころか吠えない=論文を書かなくても困らないのだ。

学も無ければ仕事もせず、人も悪い。どちらが信用できるか、言うまでも無いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)