論語030為政篇第二(14)君子はしたしみて

論語為政篇(14)要約:誰だって友達は欲しい。君子もそれは変わらない。でも善悪や当否、やる・やらないは自分で決断すべきで、なれ合いはついには共倒れ。なれ合いと仲の良さは違うのだと、孔子先生は簡潔な言葉で教えます。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子周而不比、小人比而不周。」

書き下し

いはく、君子くんししたしみてれず、小人せうじんれてしたしまず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。君子は分け隔て無く親しむがなれなれしくつるまない。凡人はなれなれしくつるむが分け隔て無く親しまない。

意訳

論語 孔子 楽
諸君は人を疑ってかからず、かつ一線を引いて付き合え。

従来訳

 先師がいわれた。――
「君子の交りは普遍的であつて派閥を作らない。小人の交りは派閥を作って普遍的でない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 周 甲骨文 論語 周 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”親しむ”の意。『大漢和辞典』の第一義は”いきとどく”。『字通』によると語源は周王軍が用いた文様の描かれた盾。

一方『学研漢和大字典』によると会意文字で、「田の中いっぱいに米のある形+口印」で、欠け目なく全部に行き渡る意を含む。「稠密(チュウミツ)」の稠の原字。また、口印はくちではなくて四角い領域を示し、全部にまんべんなく行き渡ることから周囲の意となる。

州(まんべんなく取り巻いた砂地)・舟(ふちを取り巻いて水がはいらないようにしたふね)と同系のことば、という。

論語 比 金文 論語 赤ちゃん夫婦 比
(金文)

論語の本章では”つるむ”の意を持つ。”親しむ”と解釈も出来るが、「周」との違いは、原義が”ならぶ”であること。べたべたとくっついて親しむこと。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、人が二人くっついてならんだことを示すもの。庇(ヒ)(木をならべたひさし)・陛(石をならべた階段)・匹(二すじならんだ布)・屁(ヒ)(両がわから肉のならんだしり)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 ぐるぐる
論語の本章は、論語子路篇23とほぼ同じ事を言っている。孔子が生涯学びをやめなかったように(論語述而篇16)、為政者たる君子は新しい情報を取り続けねばならない。なぜなら自然も社会も環境は刻々と変わっていき、同じ政治手法がいつまでも有効とは限らないからだ。

論語 子張 徳を高める
従って君子は、予断なしで人付き合いを広げ、情報を取らねばならない。加えて論語で孔子は、君子には洞察力が必要だと言った(論語為政篇10)。となると君子は他人と意見が違って当たり前と思っており(論語為政篇16)、違うからと言って人を嫌ったりしない。

対して論語に言う小人=凡人は、正義は人によって違うことがわからないから、「ならぶ」=自分と同じであることを求める。これは生涯を通じて向上しようとする者には恐ろしいことで、見解の相違があるからこそ、新たな発見があるのに、その道が閉ざされてしまう。

論語 毛沢東
政治と意見の均質化を考えても、その恐ろしさが分かる。それは必ず思想統制の厳しい、独裁国家に違いない。論語の時代を生きた孔子が、現代のような国家像を思ったわけではないが、現実の政治家として、また塾経営者として、多様性が知識の発展を生むと知っていただろう。

現に論語では、弟子たちは多様な意見を述べて孔子はそれを評しているが(論語先進篇25など)、各自にふさわしい評を与えるだけで、「正解はこれだ。従え」とは一言も言っていない。むしろああ言えばこう言う弟子の風景を楽しむのが、孔子の姿だった(論語先進篇12)。

論語 吉川幸次郎
なお既存の論語本では吉川本に、次のように言う。「周の字を古注では忠信、すなわち忠実の意味に解し、新注では、普遍と訓じている。普遍と訓ずれば、友情の輪を穏やかに広げるということになるであろう。周は公的であり、比は私的である、とも新注に見える。君子の友情は理性的であるに対し、小人の友情は感情的である、ということにもなるであろう。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)