論語028為政篇第二(12)君子は器ならず

論語為政篇(12)要約:人間を奴隷にするのを孔子先生は嫌いました。とりわけ弟子たちに対しては、お金の奴隷、権力の奴隷、道徳の奴隷になるなと励まします。自分で考え自分で行動する、そうした大切さを語ったお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子不器。」

書き下し

いはく、君子くんしうつわならず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「君子は器ではない。」

意訳

論語 君子 諸君 論語 元犬
諸君は人の飼い犬になって一生を終えるな。

従来訳

 先師がいわれた。――
「君子は機械的な人間であってはならぬ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、”諸君”という弟子への呼びかけ。

論語 器 金文
(金文)

論語の本章では、”容器・道具・一つの用を足すだけで他に用途のないもの”。『字通』によると、口+犬。口は口さいで、祝詞を収める器。犬は打ち殺されいけにえにされた犬。犬のいけにえで清める意という。

『学研漢和大字典』によると、「口四つ+犬」の会意文字で、さまざまな容器を示す。犬は種類の多いものの代表として加えたという。

詳しくは論語における「器」参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎 論語 古注 皇侃
既存の論語本では吉川本にこうある。「紳士は技術的でない、それがこの条の訳として充分であろう。すべて器物というものは、ある用途のために作られ、その用途のためにのみ有効である。リョウ皇侃オウガンの『義疏ギソ』にいう、舟は海に浮かべるが山に登れない、車は陸を行けるが海を渡れない。紳士はそうであってはならない。」

『義疏』は注釈書にしては面白い本で、そういう主張があるのは分かるが、その結果、王朝時代の中国の役人は、詩文を作るのと足の引っ張り合いと収賄以外に能のない者に成り下がったのは、歴史の示す通り。現場仕事は世襲の職人がやるから、実務能力は要らないのだった。

論語 有若 アホ
しかし復古的革命政党でもあった孔子一門の活動家が、なんの技術もないのでは話にならない。「無能を憎む」と論語では盛んに言っている。蛇足ながら鄧小平執権以降、中国の国家主席は全て技師出身で、若い頃ダムの一つや二つ作ってから政治活動に入っている。

ところで論語子路篇25によれば、君子は器を使う立場で、自分が器であってはならないと言う。しかし弟子の中でも最も実務に長けた子貢に、お前は立派なそれではあるが器だとも言っている(論語公冶長篇3)。実務に長けていたからこそそう言ったのかも知れない。

論語 子貢
しかし孔子は子貢の弁舌は評価したが、政才は評価しなかった(論語先進篇2)。『史記』によれば子貢は諸国の宰相を務めており、在任中の失敗の記録はないから、孔子は子貢を評価し損ねたのだろうか。そうではなく、孔子は政治にはそれに向いた性格が要ると思ったらしい。

論語 子路 論語 冉求 冉有
孔子が政才を評価したのは子路冉有で、子路は一門きっての硬骨漢だったし、冉有は引っ込み思案の性格だった(論語先進篇21)。どちらにも共通して言えるのは、自分を飾らないことで、人を使う立場=器でない者には、そのような性格が要ると孔子は思ったらしい。

論語 子路 ハッタリ
もっとも子路はハッタリをかます癖があり、それを孔子にたしなめられているが(論語為政篇17)、その分人の不幸を見て何もせずにはおられない性格でもあり、そのために命を落とすことになった(『史記』衛世家)。一本気な者も、政治家に向くと孔子は考えたのだろう。

そして極めつけは論語子路篇27で、剛毅ゴウキ木訥ボクトツは仁に近い、という。これは子路を言ったのかと思わせる。多能というなら孔子の高弟=孔門十哲は、孔子塾の必須科目である六芸を修めており、子路と大きな違いは無い。すると飾り気のないことが、すなわち器でない事になろうか。

そうなると論語公冶長篇で孔子が子貢を、立派=飾りの多い器と評したのは、人の上に立つ政治家向きではない、と言った事になる。政治家だけが人生ではなく、子貢が政治家志望だったわけでもなかろうが、論語に従う限り、飾り気があると器になってしまうと言えるだろう。

伯公父瑚(高19.8cm 径28.3×23cm 深6.5cm 重5.75kg)
宝鶏市周原博物館蔵

そしてもう一つ、論語の本章で言えるのは、本章を含む論語の前半に影響が強い曽子派が、後半に影響を残した子貢派をおとしめた言葉であること。上掲論語公冶長篇で、孔子が子貢を「器だ」と評したのと合わせ考えると、子貢は君子でなく小人ということになってしまう。

論語 曽子 怒
論語の学而篇に曽子や有若の自己宣伝が貼り付けられているように、曽子の派閥は原・論語の編纂事業を、政治的宣伝の場として用いた。頭も体も弱く実務能力もない曽子派は、仕官したという記録がほとんど無い。一方子貢は論語時代の政界・財界の大立て者として名を馳せた。

その子貢派への恨みつらみが、論語の前半には数多く含められている。下劣な人間は孔子の弟子にも数多くいたのだ。その頭領として曽子は、子貢をおとしめる言葉を意図的に数多く論原・語に記載し、孔子の孫・子思を擁する自分たちが儒家の正統派だと主張した。

もちろんその真意は、イヤガラセをやめさせたかったら、子貢派が握っている利権を寄こせということだ。破落戸の所行で現代の東アジアの国際関係そっくりだが、人のいい日本人と違って子貢はケンカを受けて立ち、論語の後半の源流となる本を編んで、曽子派に反撃した。
論語 子貢 怒り

曽子のケンカは、論語の時代からしばらく後までは、どうやら負けたようである。曽子はご本尊の子思にも窮乏生活を強いるほど追い詰められ(『史記』孔子世家)、晩年は食うに困って、袂を分かったはずの子夏の住む魏国にまで出向いて物乞いをしている。

論語 孟子
しかし子思の弟子である孟子が出たことで事情は変わった。孟子の証言によると、当時儒家は落ちぶれてしまったが、孟子の教説がのちに漢帝国の国教とされると、さかのぼって曽子は弟子の中で屈指に優れた人物として崇められるようになった。一方子貢の系統は消滅している。


春秋戦国諸国と諸子百家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)