論語024為政篇第二(8)子夏孝を問う

論語為政篇(8)要約:弟子一番のカタブツ、子夏が親孝行を質問します。孔子先生はここでも、カタチよりココロが大事じゃよと教えます。それは半面、若者に仕事を押し付け甘い汁を吸いたがる、中年老年への批判でもありました。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子夏問孝。子曰、「色難。有事弟子服其勞。有酒食先生饌。曾是以爲孝乎。」

書き下し

子夏しかかうふ。いはく、おもむきかたし。ことれば弟子ていしつとめふくし、酒食しゆしれば先生せんせいそなふ。これかさぬるももつかうらん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子夏 論語 孔子
子夏が孝を問うた。先生が言った。「雰囲気が難しい。祭礼の際、年少者が下働きをし、酒や食べ物は年長者が神霊に供える。こんなことを重ねても、孝になるだろうか。」

意訳

論語 孔子 悩み
孝行には雰囲気が重要だ。若い者が力仕事をし、年寄りが供え物をする。互いに知らん振りで、こんな型どおりのことをいくら繰り返しても、年長者や先祖への孝行になるはずがない。

従来訳

 子夏しかが孝の道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
「むずかしいのは、どんな顔付をして仕えるかだ。仕事は若いもの、ご馳走は老人と、型通りにやったところで、それに真情がこもらないでは孝行にはなるまい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

論語 子 金文 論語 夏 金文
(金文)

孔子の弟子。論語先進篇2で文学=古典研究に優れると孔子に評された、孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

論語 孝 金文 論語 孝 字解
(金文)

論語の本章では”親孝行”。詳細な語釈は論語語釈「孝」を参照。

論語 色 金文大篆 論語 色 禁止
(金文)

論語の本章では、(全体の)”雰囲気”。(仕える者の)”顔色”でも誤りではないが、それでは年少者が一方的に年長者に奉仕することになる。孔子は論語で親や年長者を敬うよう説いたが、隷属は説かなかった。

原義は男女の行為。詳細な語釈は論語語釈「色」を参照。

論語 難 金文 論語 焼き鳥 難
(金文)

論語の本章では”難しい”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「動物を火でやき、かわかしてこちこちにするさま+隹(とり)」。鳥を火であぶることをあらわし、もと燃(ネン)(もやす)と同系のことば。

やけただれる火あぶりのようにつらいことの意から転じて、つらい災害ややりづらい事などをあらわす、という。

論語 事 金文 論語 事 解字
(金文)

論語の本章では”祭礼”。詳細な語釈は論語語釈「事」を参照。

弟子

論語 弟 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”でし”ではなく、「ていし」と読んで、”年少者”・”子弟”。

論語 服 金文 論語 服 解字
(金文)

論語の本章では”仕事をする”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、𠬝(フク)は、人に又(手)をぴたりとつけたさまを示す会意文字で、付(つける)と同じ。服は「舟+(音符)𠬝」で、もと舟べりにぴたりとつける板(舟服)のこと。のち、からだにぴたりとつける衣(衣服)のこと。
論語 ナガラ1

服の左の部分はもと舟印であったが、月と書き誤って今日に及んだ。伏(ぴたりとくっつく)・付(つける)と同系のことば、という。

論語 其 金文 論語 箕 其
(金文)

論語の本章では「事」を指し示す指示代名詞。原義は農具の

勞(労)

論語 労 金文 論語 怒り 労
(金文)

論語の本章では”仕事”。

『学研漢和大字典』によると会意。𤇾(ケイ)・(エイ)は、熒の原字で、火を周囲に激しく燃やすこと。勞は「𤇾+力」で、火を燃やし尽くすように、力を出し尽くすこと。激しくエネルギーを消耗する仕事や、そのつかれの意、という。

先生

論語 先 金文 論語 生 金文
(金文)

論語の本章では”先に生まれた者”の意で、年長者。師匠と区別する場合は、「せんじょう」と読む場合がある。

有酒食先生饌

論語 饌 金文大篆 論語 お供え 饌
「饌」(金文)

伝統的な論語の解釈では、「酒食有れば先生そなう」と読み、年寄りが供え物を食べる話になっているが、語順から見て目的語-動詞となるのでおかしい。

(無主動詞)酒食(目的語)先生(主語)(動詞)

(そこに)酒や食べ物があったら、年長者が供える。

「饌」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「食+(音符)巽(ソン)(とりそろえる)」で、とりそろえたごちそうのこと。算(算木をそろえてかぞえる)・選(セン)(とりそろえる)・全(そろう)と同系のことば、という。

動詞の場合はそなえる(そなふ)とし、酒食をそろえてすすめてごちそうする。ごちそうを並べて食べる、と書き、論語の本章を引用している。

なお論語の本章の場合、「酒食があるので年長者が…」の意だから、「有ば」と確定条件に読んでいい。伝統的な漢文の読み下しでは、「ば」の仮定条件と確定条件を特に区別しないが、漢文を正しく解読するためには、このような点に気を遣ってもいいのではなかろうか。

曾(曽)

論語 曽 金文 論語 曽 語釈
(金文)

論語の本章では、”(形だけ敬うしぐさを)どんなに重ねても”。伝統的に置き字として意味を取らないが、語源は蒸し器のせいろうで、”かさねる”の意味がある。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、「ハ印(ゆげ)+せいろう+こんろ」をあわせてあり、上にせいろうを重ね、下にこんろを置き、穀物をふかすこしきの姿を描いたもので、層をなして重ねる意を含む。甑(ソウ)(こしき)の原字。

また、曾は、前にその経験が重なっているとの意から、かつて…したことがあるとの意を示す副詞となった。鑰(=層。幾重にも重なる)・鑠(=増。重なってふえる)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章から見ても、孔子は年長者と年少者の関係を互恵関係であるべきとし、一方的な孝行を説いたのではないとわかる。儒教が親や君主への絶対的隷属を説くようになったのは、漢帝国で儒教が国教化されて以降のことであり、権力に都合がよいからこそ採用された。

論語 孟子
それ以前、戦国時代の孟子の言説では、暴君は暴力で追い払っていいと言っており、儒教も時代の要請でかなり変化したことを物語る。論語を読む限り、孔子はそこまで言っていないが、仕官後に臣下の道徳を説くついでに、君主にも義務があると言っている(論語八佾篇19)。

論語 孔子 キメ
君主は臣下を使うに当たって礼法に従い、臣下が君主に仕えるに当たっては真心に従うことです。

これは孔子仕官前の若年期でも同様だったようで、斉の景公に、「君臣互いが互いらしくあること」の重要性を説いた(論語顔淵篇11)。従って本章の眼目は従来訳のような従来の論語本に言うように、まごころという曖昧な言葉で終わったのではなく、相互義務の強調だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)