論語023為政篇第二(7)子游孝を問う

論語為政篇(7)要約:子游シユウはのちに冠婚葬祭業者の大親分になった、孔子先生の若い弟子。親孝行を問われた先生は、カタチも大事だがココロも大事じゃよと、本当に愛情の通い合う孝行の道を、分かりやすいたとえで説いたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子游問孝。子曰、「今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬、何以別乎。」

書き下し

子游しいうかうふ。いはく、いまかうやしなふをふ。犬馬けんばいたるまで、みなやしならん。うやまはずんば、もつわかつになにせん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
子游シユウが孝を問うた。先生が言った。「今の孝行は親を養えることを言う。犬や馬に至るまで、みな養えはするだろう。敬わなければ何で区別できるだろうか。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
今日びの孝行は、老いた親を養えばそれでいいと思っている。犬や馬でもやりそうなことだ。敬意がこもっていなければ、区別がつかんじゃないか。

従来訳

 子游しゆうが孝の道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
「現今では、親に衣食の不自由をさせなければ、それが孝行だとされているようだが、それだけのことなら、犬や馬を飼う場合にもやることだ。もし敬うということがなかつたら、両者に何の区別があろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子游(シユウ)

論語 子 金文 論語 游 金文大篆
(金文)

BC506 – BC443?。孔子の弟子。姓は言(げん)、名は偃(えん)。文学(古典研究)の才を孔子に評価された、孔門十哲のひとり。詳細は論語の人物:言偃子游を参照。

論語 孝 金文
(金文)

論語の本章では”親孝行”。詳細な語釈は論語語釈「孝」を参照。

論語 是 金文 論語 是 解字
(金文)

論語の本章では「~これ…」と読み、”~は…だ”と訳す。認定の意を示す。英語のbe動詞にあたる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「まっすぐなさじ+止(あし)」。匙(さじ)の原字。止(=趾)を添えたのは、まっすぐ進むことを示す。また、その音を借りて、之(シ)とともに、「これ」という近称の指示詞をあらわす。

適(まっすぐ進む)・提(まっすぐひっさげる)・題(ダイ)・(テイ)(まっすぐなひたい)・正・征(まっすぐ)などと同系のことば、という。

論語 謂 金文 論語 謂 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”そう思う・こう考える”。詳細な語釈は論語語釈「謂」を参照。

論語 能 金文 論語 能 三本足 亀
(金文)

論語の本章では”~できる”。詳細な語釈は論語語釈「能」を参照。

論語 養 甲骨文 論語 養 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”やしなう”。『大漢和辞典』の第一義は、”食べ物を与えて養う”こと。古い書体の形は「羊+杖+手」で、『字通』では、羊を飼うことを示す字という。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、昔の中国では、羊はおいしくて形よいものの代表とされた。養は「食+〔音符〕羊」で、羊肉のように力をつける食物をあらわす。

▽善は、羊のようにうまいこと。美は、羊のようにうつくしいこと。義は、羊のようにかっこうがよいこと。いずれも羊をよい物の代表としている、という。

論語時代の中国王朝、周の王室は、もと西の辺境で羊を飼って暮らしていた部族と言われ、このため漢字には「美」や「善」のように、羊を好ましいものとして扱った文字が多い。

犬馬

論語 犬 金文 論語 馬 金文
(金文)

論語の本章では”犬や馬”。

犬も馬も論語の時代、主要な役畜・食用畜産動物として、牛・羊・豚・鶏と共に六畜の中に入っている。犬は猟犬・番犬としての利用の他に、さかんに食用にも供せられ、祭祀の際には天を感応させることの出来る、重要な家畜として扱われた。

論語 犬 解字
『学研漢和大字典』によると「犬」は象形文字で、いぬを描いたもの。▽ケンという音は、クエンクエンという鳴き声をまねた擬声語。類義語の狗(ク)はもと子犬を意味し、会意兼形声文字で、「犬+(音符)句(小さくかがむ)」、という。

論語 馬 解字
「馬」は象形文字で、うまを描いたもの。古代中国で馬の最もたいせつな用途は戦車を引くことであった。向こうみずにつき進むとの意を含む。武(危険をおかし、何かを求めて進む)・驀(バク)(あたりかまわず進む)・罵(バ)(相手かまわずののしる)と同系のことば、という。

論語 有 甲骨文 論語 有 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、「或」と同様、”~するものがある”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、又(ユウ)は、手でわくを構えたさま。有は「肉+〔音符〕又」で、わくを構えた手に肉をかかえこむさま。空間中に一定の形を画することから、事物が形をなしてあることや、わくの中にかかえこむことを意味する。

佑(ユウ)(かかえこむ)・囿(ユウ)(わくを構えた区画)・域(わくを構えた領分)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 宮崎市定
従来訳のように伝統的に解釈されたことについて、既存の論語本では宮崎本に、動物がその親を養うことを「妖怪話めいている」と言う。しかしそれなら記述は「皆能養」で済むはずで、「皆能有養」と「有」を入れたのは、「そのようなものが存在しうる」ということ。

至於犬馬、皆能養。

従って「犬馬を飼う場合にもある」ではなく、「犬馬でも(親を)飼い養うことがある」と解すべき。有の語義が「事物が形をなしてあること」とあるのだから。吉川本では、この二説は早く古注にあるとし、「犬馬を飼う場合でも」と解するのは朱子も同様と言う。

ごく例外を除いて、一般的に動物は親孝行をしないから、孔子は観察の結果から孝行な犬馬がいる、と言ったのではない。孔子は論語の時代人としては博物学的な動物の知識に長けており、『史記』の記述によると、家畜の管理人としてよく太らせ、その数を増やしたという。
論語 孔子事跡図解(12)

また弟子には詩を学ぶ効用として、動植物の名前が覚えられることを指摘している(論語陽貨篇)。従って話の弾みで「犬馬だってやりそうなことだ」といったわけ。孔子は周文化の人間主義に共鳴するからには(論語八佾篇14)、人間ならなおさらだ、ということだろう。

なお論語の本章で孝行な犬馬に言及したからと言って、孔子の仁の情けが動物にまで及んでいると解釈するのも誤りで、孔子は動物を、徹頭徹尾利用の対象だと思っていた(論語雍也篇6)。それは濃淡こそあるものの民に対しても同様で、その政治論は民主主義とは関係ない。

詳細は論語における「法」を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)