論語053八佾篇第三(13)その奥に媚びんよりは

論語八佾篇(13)要約:衛国亡命中の孔子先生。ある貴族から、殿様よりも我らに媚びろと言われます。どの国も政治の乱れは同じでした。それをぴしゃりとはねつけた孔子先生。神様も殿様も、本当に怒らせたら怖いのですぞと。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

王孫賈問曰、「『與其媚於奧、寧媚於竈。』何謂也。」子曰、「不然。獲罪於天、無所禱也。」

書き下し

王孫賈わうそんかふていはく、あうびんよりは、むしかまどびよと、なんいひいはく、しからず、つみてんいのところなきなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
王孫が問うて言った。「奥座敷の神に媚びるより、むしろかまどの神に媚びろと言います。どういう意味でしょう。」先生が言った。「そうではありません。罪を天の神に責められれば、祈る所がありません。」

意訳

鄭国に亡命中、軍務相の王孫賈どのが尋ねてきて言った。「天の神より身近なかまどの神に媚びろと言います。孔子どのも我が君より、いっそ我々に…。」

論語 孔子 キメ
「勘違いなさるな。天の神に見つかれば、許しを祈るにも祈れなくなりますぞ。」

従来訳

 王孫賈おうそんかが先師にたずねた。――
おくの神様に媚びるよりは、むしろかまどの神様に媚びよ、という諺がございますが、どうお考えになりますか。」
 先師がこたえられた。――
「いけませぬ。大切なことは罪を天に得ないように心掛けることです。罪を天に得たら、どんな神様に祈っても甲斐がありませぬ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

王孫賈(オウソンカ)

論語 王 金文2 論語 孫 金文 論語 賈 金文大篆
(金文)

孔子と同時代の、衛国の軍事担当家老。孔子もその手腕を認めていた。同名の人物が楚にもいたと『左伝』にある。また後世、斉王の家臣にも同名の人物がいた。「王孫」とは文字通り王族が名のる名で、「賈」は金持ちという目出度い意味があるので、同姓同名は珍しくない。

論語の時代の衛国は、西北の大国・晋に領土を削り取られ、国都も朝歌(殷の古都)から東の帝丘に移っていた。晋国の圧迫はさらに強まり、国君霊公は、晋公の家臣のさらに家臣と対等の盟約を結ばされた。その際霊公は晋人に手を取られ、誓いにすする血を盛った皿に強引に浸けられて、名誉を失った。

ここで王孫賈が走り出て、晋の非礼をとがめた。また憤懣やるかたない霊公が帰国後、王孫賈が晋に送る人質を前に演説すると、人質は全員晋からの離脱を決意した。その結果を悔いた晋が再度の盟約を求めたが、衛は応じなかった(『左伝』定公八年の条・BC502)。

奧(奥)

論語 奥 金文大篆 論語 奥
(金文)

論語の本章では、暗に国君の霊公を指す。原義は、部屋の西南の隅でもっとも高貴な場所。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、釆は、播(ハ)の原字で、こまごましたものが散在するさま。奧は「宀(おおい)+釆+両手」で、屋根に囲まれたへやのすみにあるこまごましたものを、手さぐりするさまを示す。

幽(おく深い)・窈(ヨウ)(おく深い)・杳(ヨウ)(暗い)などと同系のことば、という。

論語 中国家屋

竈(ソウ:竃)

論語 竃 篆書 論語 竃
(篆書)

論語の時代、かまどの神は、人の生活を監視していて、年に一度天帝に報告すると信じられていた。暗に王孫賈はじめ衛の権臣を指す。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「穴+土+黽(細長いへび)」。土できずいて、細長い煙穴を通すことを示す。焦(こげる)・燥(ソウ)(火がさかんにもえる)などと同系のことば、という。

なお「竃」の字は甲骨文・金文・戦国文字いずれも未発掘で、始皇帝による文字の統一後に初めて見られる。祭礼に関する文書が多い中国の古代にあって、かまどの神について何も記されなかったのだろうか? おそらくごく身近な神なので、国家規模の祭礼では祀られなかったのだろう。

禱(祷)

論語 祷 金文 論語 小麦
(金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”いのる”。『説文解字』によると、祈るなかでも、神明に事を告げて幸福を求めること。

金文の上部は「神」で、下は祝詞を収めた器の口さいに見える。しかし『字通』では、音符を寿=田チュウ=耕された土地とし、その間に口を記した字で、穀物の豊穣を祈ることだという。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、壽の原字は「長い線+口二つ」の会意文字で、長々と告げること。音は、トウ。祷の本字はそれを音符とし、示(祭壇)を加えた字で、長々と神に訴えていのること。

道(長いみち、長々とのべる)・疇(チュウ)(長いあぜ道)・壽(ジュ)(=寿。年齢が長くのびる)・濤(トウ)(長々とうねる波)などと同系のことばで、類義語の祈は、近と同系で、願う事がらに近づきたいといのること、という。

上記金文は白川フォントによるものだが、「神」+「口」と考えたくなる。
論語 神 金文 論語 器 口 サイ 金文
「神」「口」(金文)

論語:解説・付記

論語の本章では、孔子の身分秩序を示す一節。

魯国で失脚した孔子が衛国に向かったのは『史記』によるとBC497のことで、三年前に王孫賈が活躍して霊公の屈辱を晴らした事件は知っていただろう。現在の論語ドラマでは、王孫賈はむしろ悪役として登場するが、孔子はそれなりの礼儀で王孫賈に迎えられたに違いない。

論語 衛霊公
当時の衛国は、かなりやり手の霊公が上に立ち、王孫賈や孔子と同姓の孔文子などの家老格が国を支えていた。言い換えると家老たちの権力が拮抗しており、そこから一歩抜きん出たい王孫賈が、魯国の宰相格だった孔子を味方に引き入れたがったのも無理はない。

論語 南子
国公の霊公は、当時南子という夫人を溺愛していたとされ、南子が故国で愛人にしていた男まで衛国に呼んでやったほどだった。その南子がいやがる孔子にサシで会見を求めてついに実現させたことが論語雍也篇21に見え、また霊公と南子のドライブに、孔子は付き合わされた。

それをきっかけに孔子が衛国を出たとされることから、儒者は口を揃えて南子を淫乱だといい、霊公を暗君だとおとしめるが、霊公は晋の圧迫を何とか防ぎ止めたやり手であり、南子程度の奔放さは、論語時代の王侯ではむしろ当たり前でもある。控えめといってもいいほどだ。

論語 儒者
論語を読むに最大の障害が、この儒者による潤色やでっち上げで、論語の真意を探るには論語だけ、あるいは儒者の注釈だけを読んでいると読み誤る。同時代資料や、儒家に批判的な他学派の書籍も読んだ上で、出来る限りの客観性を保って、読み進める必要がある。

なお既存の論語本では吉川本にこうある。「まずかまどの前で祭りをしたうえ、奥…で祭りなおすのが掟であった。…二度祭ることから生まれたのがこの諺である。」
「孔子はこたえた。…天の罪人となり、天から見放されるでありましょう。…この条は難解であるが、天とは君であるとする古注の説には、とにかく従わなかった。孔子の天に対する考えは、よりよくそれを示す条が、やがてあとに出て来るであろう。」
論語 吉川幸次郎

衛国との絡みで言えば、おそらく論語雍也篇28を指すのだろう。

先生が衛国滞在中、殿様の奥方で美貌で知られた南子さまに、「どうしても」と呼ばれ、仕方なくサシで会った。終えて出てきた先生を、子路さんが疑いの目つきででジロジロ眺めるから、先生は慌てて言った。

「誓ってもいい。何もなかった。何もなかったと言っておろうが! 隠したって天が見ているではないか!」

どんなに隠そうとも、人間の行為をじっと見ている天である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)