論語045八佾篇第三(5)夷狄の君あるは

論語八佾篇(5)要約:孔子先生は古代人で、生まれた中華の文明を世界最高だと信じて疑いません。ですから周辺民族を野蛮人だと思っていました。現代の感覚では差別になることでも、当時は非難どころか賞賛の対象でもあったのです。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「夷狄之有君、不如諸夏之亡也。」

書き下し

いはく、夷狄いてききみるは、諸夏しよかきにかざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「蛮族に酋長が居ても、君主不在の中華諸国に及ばない。」

意訳

論語 孔子 熱
野蛮人はどうあろうが野蛮人だ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「夷狄の国にも君主があって秩序が立っている。現在の乱脈な中華諸国のようなものではないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

夷狄

論語 夷 金文 論語 狄 金文
(金文)

論語の本章では、”中華文明になじまない異民族・蛮族”。夷は東方の蛮族、狄は北方の蛮族。南方は南蛮、西方は西戎と呼ぶ。

『学研漢和大字典』によると「夷」は会意文字で、大きい人のそばに寄った小さい人を示す。背たけのひくい人。小柄で背のひくい意を含み、たいら、ひくいなどの意を生じる。尸(シ)(からだを曲げ伏せた姿)の字で代用することもある。

姨(イ)(妻よりも小さい、妻の妹。母の妹)・弟(小さいおとうと)・低(背のひくい人)と同系のことば、という。

「狄」は会意文字で、「犬+火」。火をもやして犬を横に追い払うことをあらわす。押しやる、退ける、横になびくように逃げる意を含む。

論語 君 金文 論語 君主
(金文)

論語の本章では”君主”。論語の時代の中国では、名目上頂点に周王が君臨していたが、諸侯は必ずしも周王に従わず、互いに攻め滅ぼし合っていた。そのようなあたかも君主不在のような状況を、孔子が嘆いて言ったもの。しかしそれでも、蛮族は中華に劣りと言っている。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、尹は、手と亅印の会意文字。上下を調和する働きを示す。もと、神と人の間をとりもっておさめる聖職のこと。君は「口+(音符)尹(イン)」で、尹に口を加えて号令する意を添えたもの。人々に号令して円満周到におさめまとめる人をいう。

「平均」の均(まんべんなくまとめる)と同系のことば、という。

諸夏

論語 諸 金文 論語 夏 金文
(金文)

論語の本章では、”もろもろの中華文明に従う国”。中華とは、”世界の中心、かつ最高の文明”を意味する。
論語 八佾篇 中華思想

論語 亡 金文 論語 亡
(金文)

論語の本章では”(君主が)いない”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、L印(囲い)で隠すさまを示すもの。あったものが姿を隠す、見えなくなるの意を含む。忘(心中からなくなる→わすれる)・芒(ボウ)(見えにくい穂先)・茫(ボウ)(見えない)などに含まれる、という。

論語:解説・付記

孔子の主張する礼法は、個人間だけでなく国際関係にも及んだ。それは中国を世界唯一の文明圏とし、言語習慣風俗を中国と同じにせず、中国の主権者である周王の宗主権を認めない集団は、全て蛮族であるとする。それは人間というより鳥や獣=禽獣キンジュウの一種と見なされた。

孔子は論語憲問篇18で、「斉の宰相・管仲が蛮族を平定していなかったら、私は今ごろザンバラ髪にみっともない服を着るはめになっただろう」と述べている。礼法が身分秩序を重んじる以上、中国と外国との間には差別があって当然で、むしろそうでなくては仁者になれない。

奇妙な理屈だが屁理屈も理屈である。しかしおそらくそう言ったのは、孔子がまだ放浪に出て苦労する前で、その後は体に入れ墨という、まぎれもない蛮族である呉国との関係構築に熱中した。工作がある程度整ったのか、自ら呉国に行こうとまでしている(論語子罕篇14)。

論語 孔子
戸惑ったのは弟子で、さんざん差別をすり込まれていたから嫌がったのだが、孔子はうまいことを言ってごまかしている。乱世の政治家とはそうでなくては務まらない。孔子もまた人間であり、そして珍しく晩年に至るまで成長し続けた人で、変節も好意的に解釈出来なくはない。

なお朱子を筆頭とする新注では、従来訳のように”蛮族にも君主が居るのに、中華は君主不在の荒れた状態で困ったものだ”と解する。実際モンゴルや満州など異民族王朝の時代では、こう書いておかないと皆殺しにあいかねないので、建前上そう読むことになった。しかし誤り。

via https://ctext.org/pre-qin-and-han/zh

論語 朱子 新注
新注の読み下しは「夷狄だもれ君有り、諸夏之亡ぶはる也」。中国語がS-V-O形式なのを無視した無茶苦茶で、徳川家康の「国家安康、君臣豊楽」なみと言っていい。政治経済的事情でこういう無茶がまかり通るから、漢文は勉強しても仕方がないものになってしまった。

本章の正しい読み:

夷狄之主語 有動詞目的語主部(夷狄の君有るは)

不如動詞諸夏之主語動詞也。述部(諸夏の亡きに如かざる也)

既存の論語本では吉川本に、中国では焼き払われ無くなってしまった古注が、日本に保存されているというので、満州族=蛮族支配下の清朝時代、日本版が逆輸入されたが、本章の部分は新注に書き換えられて出版されたという。

本当かと確かめてみると、まるまる新注に書き換えられたわけではないが、適宜書き直されてはいる。以下参照。

古注:論語集解義疏(欽定四庫全書版=書き直し後)

via https://ctext.org/pre-qin-and-han/zh

註。苞氏曰く、諸夏は中国也。亡は無き也。疏。子曰く、亡の至り也。此の章、下の上をおかすを為す者を発く也。諸夏は中国也。亡は無き也。言うは、中国の夷狄於尊ばるる所以者、其の名分定まり而上下乱れ不るを以て也。周室既に衰え、諸侯放ちて礼楽征伐之権を恣にし、復た天子自り出で不、反りて夷狄之国尚お長の統属を尊ぶ有りて、我が中国之君無きが如くに至ら不るに如か不る也。註。苞氏曰く、諸夏は中国也。中国諸夏為りと謂う者、夏の大いなる也、中国の礼大いなるなり。故に謂いて夏と為す也。諸は之也。語の助け也。
論語 清儒
註。苞氏曰く、諸夏は中国である。亡は無いである。付け足し。孔子様は無い事の極致を仰った。この章は、下克上の者を告発したのだ。諸夏は中国である。亡は無いである。文章の意味は、中国が蛮族から尊敬される理由は、身分秩序が定まり、上下の身分が乱れないからだ。周の権威が既に衰え、諸侯が勝手に教育や軍事の権限を握り、周王の統制を離れてしまった。これでは却って、首長の統制を尊ぶ蛮族は、君主がいないような我が中国の有様より優れている。註。苞氏曰く、諸夏は中国である。中国を諸夏と言うのは、夏王朝と中国の礼法が偉大だからだ。だから夏と言うのだ。諸は之である。助辞である。

古注:論語義疏(鵜飼文庫版=書き直し前)

論語義疏 鵜飼文庫
via http://codh.rois.ac.jp/

子曰く、亡ぶの至りなり。此の章中国を重んじ蛮夷を賤しむなり。諸夏は中国なり。亡は無きなり。言うは夷狄に君主有りと雖も、而るに中国の君無きに及ばざるなり。ゆえに孫綽曰く、諸夏無君の時有れども道すべては喪われず。夷狄は強者を以て師となす、理は禽獣と同じきなり…。
論語 古注 何晏 論語 皇侃
孔子様は無い事の極致を仰った。この章は、中国を重んじ蛮族を賤しんでいる。諸夏は中国のことだ。亡は無いことだ。文章の意味は、蛮族に君主がいても、君主のいない中華諸国より劣っている、ということだ。だから孫綽が言った。「中華諸国に君主がいない時代はあったが、正しい道は失われなかった。蛮族は強者を手本にする。その生き方は鳥や獣と変わらない。

こりゃあ清の雍正ヨウセイ帝あたりが真っ赤になって怒りそう。同時に分かるのは、言葉はごまかそうとすればするほど長くなる、という鉄則が、論語の注釈にも当てはまること。儒者は自らの儒教に対する狂信と、弁髪を垂らした蛮族皇帝の支配下の狭間で、大層ご苦労なことだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)