論語詳解301顔淵篇第十二(23)子貢友を問う

論語顔淵篇(23)要約:弟子一番のやり手の子貢。それだけに友達には恵まれなかったのでしょう。ある日友情はどうあるべきかを問いました。誰それには何かと尽くしてやったのに…なぜ? 孔子先生は一言、「自分から卑屈になるな。」

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問友。子曰、「忠吿而善道*之、不可*則止、毋*自辱焉。」

校訂

武内本:唐石経、導を道、否を不可、無を毋に作る。

書き下し

子貢しこうともふ。いはく、忠吿ちうこくこれみちびき、かざらばすなはむ、みづかはづかしむるかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が交友を問うた。先生が言った。「真心から言葉を告げてやって、能力の限り導いてやり、出来なければやめる。自分をおとしめてまで言う事はない。」

意訳

論語 子貢 問い
子貢「友達づきあいはどうしたらいいですかね。」
孔子「真心から相手のためになる事を言え。」
子貢「聞かなかったら?」

論語 孔子 ぼんやり
孔子「それまでだ。卑屈になってまで付き合う必要は無い。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢が交友の道をたずねた。先師はこたえられた。――
「真心こめて忠告しあい、善導しあうのが友人の道だ。しかし、忠告善導が駄目だったら、やめるがいい。無理をして自分を辱しめるような破目になってはならない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

忠吿

論語 忠 金文 論語 吿 金文
(金文)

論語の本章では、”思ったままの善き勧告”。

日本語として「チューコク」になってしまっているのに安心しては、論語など古典を読んだ事にならない。「忠」はまごころ、自分に嘘をつかないことだから、欠点や間違いを指摘するだけでなく、有利な話をしてやるのも「忠告」に含まれる。詳細は論語語釈「忠」を参照。

善道之

論語 善 金文
「善」(金文)

論語の本章では、”善い方向へ導く”。

ここでの「道」は動詞の”みちびく”。「善」は副詞。「能」と同じく”可能”を示すと読むのもいいが、それでは言葉を違えて「善」とした理由に説明がつかない。中国語は原則として、文字=言葉=概念だから、文字が異なれば意味内容が異なる。

『学研漢和大字典』による「善」の原義は”美しいこと”。美しく友を導いてもしょうがないので、次いでの意味の”能力”と解した。”力の限り、ためになる事を言ってやる事”。

なお「善」の詳細な語釈については、論語語釈「美」・「善」を参照。

論語 可 金文
(金文)

論語の本章では”話を聞いて従う”。原義は受け入れがたいことを受け入れ、認めることで、論語の時代を含めて中国の君主は、臣下の進言に裁可を与える際、「可」と言った。従って「可」は従うことで、可能の意味を持ったのは派生義。

毋(ブ)

論語 毋 金文大篆
(金文)

論語の本章では”~するな”。音が同じ「無」と意味も同じ。

辱(ジョク)

論語 辱 金文
(金文)

論語の本章では”辱める・おとしめる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「辰(やわらかい貝の肉)+寸(手。動詞の記号)」。強さをくじいて、ぐったりと柔らかくさせること。褥(ジョク)(柔らかい下じき)・耨(ジョク)(土を柔らかくする)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章が正しいとすると、自分が信じ込んでいる宗教のたぐいを勧誘するのも忠告になる。孔子の教説そのものが、ある意味宗教でもあって、現代に置き換えるなら「外に出る時はトサカをかぶりなさい」に近いものがある。相手が子貢だから言える教えではある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)