論語300顔淵篇第十二(22)樊遅仁を問う

論語顔淵篇(22)要約:孔子塾の塾生は、史料によると三千人。その中にはさまざまな弟子がいて、孔子先生は弟子の資質に応じて教え方を変えました。若くて入門したての樊遅ハンチには、難しい仁についてもただ一言、「人を愛しなさい。」

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲問仁。子曰、「愛人。」問「知」。子曰、「知人。」樊遲未達、子曰、「舉直錯諸枉、能使枉者直。」樊遲退、見子夏曰、「鄕也吾見於夫子而問知、子曰、舉直錯諸枉、能使枉者直、何謂也。」子夏曰、「富哉言乎。舜有天下、選於衆舉皋陶、不仁者遠矣。湯有天下、選於衆舉伊尹、不仁者遠矣。」

書き下し

樊遲はんちじんふ。いはく、ひとあいせよ。ふ。いはく、ひとれ。樊遲はんちいまたつせず。いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるもの使なおからしむと。樊遲はんち退しりぞき、子夏しかいはく、さきわれ夫子ふうしまみふ、いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんいひ子夏しかいはく、めるかなことしゆん天下てんかたもち、しうえらんで皋陶かうえうげて、不仁者ふじんしやとほざかれたう天下てんかたもち、しうえらんで伊尹いいんげて、不仁者ふじんしやとほざかれ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 樊遅 樊遅 論語 孔子
樊遅ハンチが常時無差別の愛(仁)を質問した。先生が言った。「人を愛しなさい。」知を問うた。先生が言った。「人を知りなさい。」樊遅には分からなかった。先生が言った。「正直者を悪党の上に据えれば、悪党も真人間になる。」樊遅は先生の前を下がって、子夏に出会ったので言った。「今、先生に知を質問したら、先生は、正直者を悪党の上に据えれば、悪党も真人間になると仰った。何を言っているのだろうね。」子夏が言った。「含みに富んだお言葉ですね。シュンが天下を取ってから、みんなの意見を聞いて皋陶コウトウを高い地位に就けたら、人でなしが遠ざかりました。イントウ王が天下を取ってから、みんなの意見を聞いて伊尹イインを高い地位に就けたら、人でなしが遠ざかりました。」

意訳

論語 樊遅 和み
樊遅「仁とは何ですか。」
孔子「人を愛する事だよ。」
樊遅「知とは何ですか。」
孔子「他人を理解してあげる事だよ。」
樊遅「??」

論語 孔子 楽
孔子「正直者を、悪党のかしらに据えると、悪党も真人間になる。」
樊遅「はぁ。そうですか。」

樊遅が首をかしげながら孔子の部屋を出ると、年下だが弟子としては先輩の子夏に出会った。
樊遅「いま先生に知を尋ねたんだが、かくかくしかじかとお答えになった。どういうことだろうね。」

論語 子夏 和み
子夏「そうでしたか兄者。さすがに含みのある先生のお言葉ですね。私が思うにこういうことです。太古、聖王の舜が天下を取って、正直者の皋陶をお目付役にしました。殷の湯王も、正直者の伊尹をお目付役にしました。すると人でなしどもが、お館から逃げ出したそうです。昔の偉い王様は、人を見る目、悪党の追い出し方、これらを知っていたんですね。」

従来訳

樊遅が仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。
「人間を愛することだ。」
 樊遅がさらに知の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
「人間を知ることだ。」
 樊遅はまだよくのみこめないでいた。すると先師がいわれた。――
「まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった人も自然に正しくなるものだ。」
 樊遅は室を出たが、子夏を見るとすぐたずねた。――
「さきほど、私は先生にお会いして、知についておたずねしました。すると先生は、まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった者も自然に正しくなる、といわれましたが、これはどういう意味でございましょうか。」
 子夏がこたえた。――
「含蓄の深いお言葉だ。昔、舜帝が天下を治めた時、衆人の中から賢人皐陶を挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。また殷の湯王が天下を治めた時、衆人の中から賢人伊尹を挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

樊遅・子夏

論語 樊 金文大篆 論語 夏 金文
「樊」「夏」(金文)

詳細はリンク先を参照して頂くとして、樊遅は子夏より8年ほど年長だったが、塾生としては後輩だったので、子夏に訪ねた。子夏は頭が固かったが、古典に良く通じ、孔子の言う長幼の序もわきまえていただろうから、従来訳のような偉そうな物言いはしなかったに違いない。

樊遲未達

論語の本章での「達」は論語顔淵篇20と同じ。”ある境地に通じる”こと。孔子に説明して貰ったが、意味が樊遅には通じなかったわけ。「樊遅未だとどかず」と読むのも良い。論語為政篇にも同じ言葉が出て来るから、孔子塾では繰り返し語られた句だったのだろう。

舉直錯諸枉、能使枉者直。
直きを挙げてこれをまがれるにまじわば、く枉れる者をしてたださん。

論語 孔子 キメ
真っ直ぐな者を曲がった者の群れに交えると、民は服従します。(論語為政篇19

鄕(郷)

論語 郷 金文
(金文)

論語の本章では副詞として”さきに”。本来の意味は”さと・くに・ふるさと”だが、「キョウ」という音に、”むかう・すすめる・先頭”の意味があり、鄕から派生してそれらの意味を表す「嚮」という字が出来た。「嚮導艦」などと使うのはその用例。

舜(シュン)・皋陶(コウトウ)

論語 舜 金文大篆
「舜」(金文)

夏王朝より前の神話時代に、舜という聖王がいて、皋陶を推薦させて重く用いた事が『史記』五帝本紀に見える。

論語 舜 論語 皋陶

皐陶よ、蛮族(蛮夷)が中華(夏)の地を乱し、盗賊や謀反人がいる。そなたは司法長官(士)になれ。入れ墨・鼻削ぎ・足切り・去勢・死刑の五刑には基準がある。五刑の処刑場には三つの定まった場所がある。五刑をゆるめた五流には、決まった流し場所がある。五つの流し場所には遠・中・近の三つの区別がある。それらに明らかに従い、偽りのない司法を行え。

湯・伊尹(イイン)

論語 殷湯王 論語 伊尹

同じく『史記』に、殷王朝を開いた湯という聖王がいて、伊尹を重く用いた記述がある。

論語:解説・付記

論語の時代は無論、『史記』は成立していなかったが、それの元となる伝説に、古典に詳しい子夏は通じていた事が分かる。子夏はおとなしい性格で(論語先進篇15)、樊遅もまた武人でありながら素直な性格だったことが論語の本章よりわかる。

論語はある一面、前半に影響が強い曽子・有若派と、後半に影響が強い子貢派の派閥争いの記録でもあるが、多くの弟子の中には本章の二人のような、おとなしく争いを好まない者もいた。「互いに教え合いなさい」(論語学而篇8)と孔子が諭した通りの風景で、微笑ましい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)