論語299顔淵篇第十二(21)樊遅従って

論語顔淵篇(21)要約:若い弟子の樊遅ハンチは、孔子先生の二代目ボディガード。まだ学び始めて間もないので、学問こそ他の弟子には及びませんが、素直で頼もしい人物でした。そんな樊遅を先生は可愛がり、共に散歩に出かけたお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲從遊於舞雩之下曰、「敢問、崇德、修慝、辨惑。」子曰、「善哉問。先事後得、非崇德與。攻其惡、無攻人之惡、非修慝與。一朝之忿忘其身、以及其親、非惑與。」

書き下し

樊遲はんちしたがつて舞雩ぶうもとあそぶ。いはく、あへふ、とくたかくし、とくをさめ、まどひべんぜむことを。いはく、かなとひや。ことさきにしるをのちにするは、とくたかくするにあらあくめて、ひとあくむることきは、とくをさむるにあら。一てう忿いかりわすれて、もつそのおやおよぼすは、まどひあら

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 舞雩従遊

樊遅ハンチが先生にお供して雨乞い台のもとに散歩した。樊遅が言った。「教えて下さい。人格力を高め、隠れた欠点を改め、矛盾を見分けるにはどうしたらいいですか。」先生が言った。「いい質問だ。仕事を先に済ませてから報酬を受け取るのは、人格力を高めはしないかね? 自分の欠点を責めて、他人の欠点を責めないのは、隠れた欠点を改める事にならないかね? 一時の怒りにその身を忘れて、親に迷惑を掛けるのは、矛盾ではないかね?」

意訳

先生が樊遅を連れ、雨乞い台へ散歩した。

論語 樊遅 樊遅
樊遅「教えて下さい。人格力(徳)を高め、隠れた欠点(慝)を改め、矛盾(惑)を見分けるにはどうしたらいいですか。」

論語 孔子 楽
孔子「いい質問だ。カネカネと言って仕事を後回しにすると、徳のない人だと言われるだろ? 他人のここがイカンあそこがイカンと文句付けてると、自分が悪くなるばかりだろ? 畜生、とキれて大事な親に迷惑を掛けるのは、あとで何でこんな事を、と後悔するだろ? 人の矛盾とはたいがい、そういう一時の怒りから出て来るものさね。」

従来訳

樊遅が先師のお伴をして舞雩のほとりを散策していた。彼はたずねた。――
「生意気なおたずねをするようですが、徳を高め、心の奥深くひそんでいる悪をのぞき、迷いを解くには、どうしたらよろしうございましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「大事な問題だ。為すべき事をどしどし片付けて、損得をあとまわしにする。これが徳を高くする道ではないかね。自分の悪をせめて他人の悪をせめない。これが心に巣喰っている悪をのぞく道ではないかね。一時の腹立ちで自分を忘れ、災を近親にまで及ぼす。これが迷いというものではないかね。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

舞雩(ブウ)

論語 舞 金文 論語 雩 金文
(金文)

論語の本章では”雨乞いをとり行う台”。『字通』によると、頭を剃った男の儒者=下級神官が踊って雨を呼んだという。なお論語の時代、「舞」と「無」は書き分けられず、同じ言葉だったことが古書体から分かる。
論語 無 金文
「無」(金文)

德(徳)・慝・惑

論語 慝 金文大篆
「慝」(金文)

論語では「徳」は能力・技能・地位を背景にした潜在的な人格力・人間の持つ機能。「慝」は匿(かくす)+心で、隠された後ろ暗い自分の心。性根の悪さ。「惑」は”矛盾”。

『学研漢和大字典』によると「慝」は会意兼形声文字で、匿(トク)は「匸+若」の会意文字。柔らかい桑の葉(若)を匸印の囲いの中に隠すことをあらわす。慝は「心+(音符)匿」で、隠しだてをする心。語義は以下の通り。

  1. {名詞}隠しだて。内密の悪事。また、人に知られずに悪事をなす心。「邪慝(ジャトク)」「民乃作慝=民乃ち慝を作す」〔孟子・梁下〕
  2. {名詞}心中に隠して出さない恨み。「修慝(シュウトク)(恨みの気持ちを改める)」。

一朝之忿、忘其身以及其親

論語 忿 金文大篆
「忿」(金文)

論語の本章では、「及」とは一時の怒りに親に手を挙げる事なのか、暴れたあげくに親に迷惑を掛ける事なのか、はっきりしない。単純に”怒りが及ぶ”とすると前者だろうが、断定しがたい。「親」も”おや”なのか”身内”なのか断定出来ない。

『学研漢和大字典』によると「忿」は会意兼形声文字で、分は「刀+八印(両方に割れる)」からなり、両がわに割れること。忿は「心+(音符)分」で、かっと破裂するように急におこること。憤慨の憤と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章に登場した樊遅は、年若い孔子の弟子で、学問に優れてはいなかったが、人が素直で年下に質問するのも恥じなかった。武芸の達者で、斉国とのいくさではゼンの副官を務め、武闘派の弟子・子路が仕官した後では、孔子のボディガードとして付き従った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)