論語297顔淵篇第十二(19)季康子政を孔子に

論語顔淵篇(19)要約:泥棒の流行に、ついに頭に来た若家老。「悪党どもの首を、一人残らずはねてやるう~。」孔子先生が諌めます。元はと言えば政治が悪い。つまりは政治をとっているあなたが悪い。首を切っても止みませんよと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季康子問政於孔子曰、「如殺無道、以就有道何如。」孔子對曰、「子爲政、焉用殺。子欲善、而民善矣。君子之德風、小人之德草。草上之風必偃。」

書き下し

季康子きかうしまつりごと孔子こうしふていはく、無道ぶだうころしてもつ有道いうだうさば如何いかん孔子こうしこたへていはく、まつりごとすに、いづくんぞころすことをもちゐむ、ぜんほつさば、したみぜんならむ。君子くんしとくかぜ小人せうじんとくくさなり、くさこれかぜくはふればかならす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 季康子 論語 孔子
季康子が政治を孔子に問うて言った。「もし無法者を殺して法治を実現すればどうか。」孔子が答えて言った。「あなたが政治を行うのに、どうして殺人を用いるのですか。あなたが善を求めれば民は善になります。貴族の持つ機能が風なら、民衆の持つ機能は草です。草に風が吹けば、必ずなびきます。」

意訳

季康子「いっそ悪党どもを根こそぎ斬首して、法を徹底させよう。」

論語 孔子 キメ
孔子「それは悪政というものです。政治に死刑は要りません。あなたが善を求めたら、民は善人になります。なぜなら為政者の威力は風で、民衆は草に過ぎません。為政者の風が吹けば、みな従います。」

従来訳

季康子が政治について先師にたずねていった。――
「もし無道な者を殺して有道な者を保護するようにしたらいかがでしょう。」
 先師がこたえられた。
「政治を行うのに人を殺す必要がどこにありましょう。あなたが、もし真に善をお望みであれば、人民はおのずから善に向います。為政者と人民との関係は風と草との関係のようなもので、風が吹けば草は必ずその方向になびくものでございます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

季康子

論語 季 金文
「季」(金文)

魯国筆頭家老家・季氏の若い当主。

無道

論語 無 金文 論語 道 金文
(金文)

論語では「道」とは”方法・やり方”のことで、本章では為政者にとって望ましい道=為政者の意のままになる、法による支配を指す。それが無い者、つまり犯罪者。なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

就有道

論語 就 金文大篆
「就」(金文)

論語の本章では”治安状態のいい社会”。

論語学而篇14に出て来る「有道」を”道を心得た者”としか解しようがないことから、従来訳でもここではそう訳している。しかし有道も無道も本来は、道が”有る状態・無い状態”を意味するので、「就有道」とは”法が有る状態”、つまり法治。

孔子も行政官兼司法官として、中都の代官になった時、取り締まりを厳しくして住民を震え上がらせたことが『史記』に見えるが、当時の為政者の通例として、法を公開しようとはしなかった(論語為政篇3)。孔子は他国での法の公開を非難している。

つまり自分勝手に法を運用したわけで、領民としてはたまったものではなかっただろう。孔子はそう言う後ろ暗い法治の効果を知っていたから、本章で法治を勧めなかったのか、それはわからない。ただしむやみに人を処刑するのには反対だったことは信じていい。

論語 善 金文
(金文)

論語の本章では”善事”。

論語での「善」はほとんどが”能力”のことだが、ここではいわゆる”良い事”と解する他はない。詳細は論語における「美」と「善」を参照。

德(徳)

論語 徳 金文
(金文)

論語での「徳」とは道徳・人徳ではなく、能力や技能や地位を背景にした人格的迫力、生物が持つ機能の事。

はその力をたたえず、その徳を称える也。

論語 孔子 ぼんやり
千里の馬でも走らないと人は褒めないが、走らなくとも走る力に気付かないのだろうか。(論語憲問篇35

馬に道徳などあったものではなく、徳を道徳的な何かと解釈するのは誤り。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子の教説の中心概念の一つ、「徳」を明快に示す章として意味がある。徳が何かしら道徳的な意味を持たないことは上記の通りで、「君子の道徳が風で、民の道徳が草」と理解しては、何のことか分からない。しかし徳の本当の意味は忘れられている。

この発端は古注にある。

古注
論語 古注 孔安国 論語 古注 何晏

孔安国いわく、季康子が身を正せば、民も身を正すのである、風が吹けば草が倒れるようなものである。民の教育とは、このようなものである。

付け足し。君子は行動に当たって、風のような道徳に従うのである。民は草のような道徳に従うのである。(『論語集解義疏』)

孔子から七世紀後の時代では、「徳」の意味が分からなくなっていたらしい。

そこに後漢時代の、ごますりと偽善の大流行が混ざって、わからないのを道徳的な何かだと決めつけてしまった。その結果論語の意味はますます分からなくなったが、信徒が経典を読めるようになると、司祭は困るのである。ローマ教会がドイツ語訳聖書を嫌がったように。

このおかしさは、宋代の朱子とその引き立て役も感じたらしく、新注では徳の解釈を敢えて避けている。

新注

論語 朱子 新注 論語 儒者
為政者の行いは民がじっと見ている。死刑など必要ない。為政者が善を行えば、民はそれにならうものだ。

イン氏いわく、「殺すなどという言葉は為政者の言うことではない。身を以て模範を示せば民は従い、言葉で教えれば言い返してくるだろう。どうして死刑の必要があろうか。」(『論語集注』)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク