論語295顔淵篇第十二(17)季康子政を孔子に

論語顔淵篇(17)要約:門閥家老家の若家老が、孔子先生に政治を問います。先生は原則論だけを言いました。人を導く者はまず、誰よりも正しい人間でなくてはならない。具体的な行動は、若いあなたが自分で考えなさいと。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季康子問政於孔子。孔子對曰、「政者、正也。子帥以正、孰敢不正。」

書き下し

季康子きかうしまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、せいせいなりひきゐるにせいもつてせば、たれあへただしからざらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 季康子 論語 孔子
季康子が政治を問うた。先生が答えて言った。「政治とは正事です。あなたが国を率いるのに正しさを原則とすれば、誰がわざわざ正しくならないでしょうか。」

意訳

季康子「政治の要点とは?」
孔子「政とは正です。あなたが為政者として正なら、誰が好きこのんで不正になりましょうか。」

従来訳

季康子が、政治について先師にたずねた。先師はこたえられた。――
「政治の政は正であります。あなたが真先に立って正を行われるならば、誰が正しくないものがありましょう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

孔子對(対)曰

論語 対 金文
「対」(金文)

論語の本章では、”孔子が回答して言った”。

貴人に問われた孔子が回答する際は、「子曰」でも「子答曰」でもなくこのように表記するのが論語や孔子家語など儒教関連書籍の原則。

『学研漢和大字典』によると「対」は会意文字で、對の左側は業の字の上部と同じで、楽器を掛ける柱を描いた象形文字。二つで対をなす台座。對は、その右に寸(手。動詞の記号)を加えたもので、二つで一組になるようにそろえる。また、二つがまともにむきあうこと、という。

論語:解説・付記

論語の本章では、「政」「正」の「セイ」の音が掛詞になっている。

孔子はこの手の掛詞を好んで使ったらしい。他の一例が論語顔淵篇3で司馬牛を追い払うように言った際に使った「仁」と「訒」(ジン)。しかしこの例から見ると、どうにも感心しかねる修辞法だったようで、言いくるめたり開き直ったりする際に使っている。
論語 孔子 たしなめ

季康子は父親の遺言に基づき孔子を放浪先から呼び戻した、若き筆頭家老だが、同じく若い殿様の哀公同様、孔子を重用はしなかった。言わば敬して遠ざくの態度だったようで、その態度を孔子没後に子貢は下記のように非難したことが『史記』に見える。

論語 子貢 怒り
先生の生前には仕事を与えないでおいて、亡くなってからあのような泣き言を言うのは、礼法にかなっていない。私一人が取り残され、だって? その言い方は周王だけの特権だ。ろくな死に方をしないぞ。」(『史記』孔子世家

この非難は哀公に対するものだが、季康子もいわば同罪のたぐいだったろう。

この背景を考えるには、少し想像の飛躍を必要とする。孔子は国外最後の政治工作を、南方の陳・サイ国で行っている。孔子滞在中、両国は勃興する呉国の侵略にさらされた。そして孔子一門と呉国は、子貢がたびたび接触して、アポ無しで会う程度には細からぬ関係を築いていた。

論語 呉王夫差
その呉国の王・夫差が、軍を率いてたびたび魯の隣国・斉を攻めた。魯国も攻められ、属国同然の取り扱いを受けている。魯は斉の侵攻が無くなった代わりに、呉の勢力圏内に置かれたのだ。夫差はさらに兵を進め、もと魯を保護下に置いていた晋の勢力と対抗する。

孔子が帰国したのは、そんな状況下だった(BC484)。背後に呉国の力があると見ていい。

そして二年後、呉王夫差は黄池の地に諸侯を集めて晋・定公と覇者の座を争う。晋は呉を覇者と認めたものの、呉は留守の本国を越軍に攻められて大敗し、一挙に没落へと向かう。その年、孔子は一人息子のを亡くしたが、葬儀の費用にも事欠いている(論語先進篇7)。

後ろ盾となる呉国の没落と同時に、左遷されたのだろう。
論語 孔子 哀

論語の中で季康子は、何度か孔子と問答しているが、それを受け入れて何か政策に反映させたという話はなく、一路季氏の殿様昇格に向けて邁進中だった。孔子に政才を評価された冉有は、そのあたりを気付いていて、『左伝』によれば季氏を動かす際にその弱みを突いている。

二子之戦うを欲せ不る也、宜く政季氏に在らん。子之身に当たりて、斉の人魯を伐つに、而)て戦う能わ不らば、子之恥也。大は諸侯於列せ不ら矣と。(『春秋左氏伝』哀公十一年)

論語 冉求 冉有
他の門閥家老二家がこのいくさから逃げ回るなら、政権はあなたの天下だ。あなたの代になって、斉が魯に攻めてきたからといって、ここで逃げたら男がすたりますぞ。諸侯になりたくても、一家老のままで終わりますぞ。

だから本章の孔子の答えも、それほど有り難がる必要は無く、いわばだじゃれの一種として受け取って置いた方がいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)