論語294顔淵篇第十二(16)君子は人の美を

論語顔淵篇(16)要約:悪い噂ほどよく広がる。人は他人の失敗が好きなのです。しかし素のままのそうした人間では、人を導く資格はありません。孔子先生はその事実を弟子に突きつけ、さあお前たちはどうするのだ、と迫るのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子成人之美、不成人之惡。小人反是。」

書き下し

いはく、君子くんしひときをし、ひとしきをさず。小人せうじんこれそむく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「君子は人間の美点を行い、人間の欠点をしない。凡人はこれに反している。」

意訳

論語 孔子
君子は人間のなし得ることの中でよいことをし、悪いことをしない。凡人はその裏返しだ。

君子は他人の美点を褒めそやし、欠点を見逃す。
凡人は人の欠点を言いはやし、美点を見逃す。

従来訳

先師がいわれた。――
「君子は人の美点を称揚し、助長するが、人の欠点にはふれまいとする。小人はその反対である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子・小人

論語 君子 小人
論語の本章では、君子=”立派な人物”、「小人」=”つまらない人物”。

ざまざま解釈があり得るが、「君子」は日本古語の「よき人」に相当する。
(イ)身分が高くて、
(ロ)教養があって、
(ハ)それなりの財産も持っている。

「小人」はその裏。しかしそうなると孔子でさえ、放浪中の身では身分や財産がないから、君子ではなく「小人」になってしまう。

では君子=教養人と定義してしまうと、地位や財産があっても教養のない君子も論語の中には登場するので、これまた難しいことになる。つまりイロハのうちどれかあれば、論語の中で君子と「表記されることがあり得る」と解する他はない。

感覚的には日本語の「偉い人」に相当するだろうか。と言うわけで本章では、君子=”立派な人物”、「小人」=”つまらない人物”と解しておくのが一番いいようだ。

論語 人 金文
(金文)

論語の本章では、”自分”ととらえるか”他人”ととらえるかで、意訳の甲乙のような解釈の二面性が出て来る。

 論語 成 金文
(金文)

論語の本章では、”する”。”実行する”と”褒めそやす”の二通りの解釈があり得る。

美・惡(悪)

論語 美 金文 論語 悪 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”美点・欠点”、または”善行・悪行”。

『学研漢和大字典』によると「美」は会意文字で、「羊+大」。形のよい大きな羊をあらわす。微妙で繊細なうつくしさ。▽義・善・祥などにすべて羊を含むのは、周人が羊を最もたいせつな家畜としたためであろう。

微(ビ)・眉(ビ)(細いまゆげ)・尾(細いおの毛)・媚(ビ)(なまめかしい)などと同系のことば。類義語の麗(レイ)は、すっきりと整っている。艶(エン)は、つやっぽい。甲(コウ)は、なまめかしい。娟(ケン)は、細くしなやか、という。

「悪」は会意兼形声文字で、穴に押し込まれて落ち込んだ気持、という

論語:解説・付記

論語 井上成美
日本海軍最後の大将、井上成美(しげよし)提督は、本章から名前を取ったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)