論語291顔淵篇第十二(13)訟えを聴くは

論語顔淵篇(13)要約:日本の時代劇同様、古代中国では行政官は司法官と兼業でした。孔子先生も判事になりましたが、できることなら人を裁きたくない。犯罪者の出ない社会を作る事こそ、先生が望む政治の姿でした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「聽訟、吾猶人也。必也使無訟乎。」

書き下し

いはく、うつたへくは、われひとのごときなりかならうつたへから使めむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「裁判の判事は、私は人並みに務まる。だが必ず訴訟そのものを無くしてみせたいものだな。」

意訳

論語 孔子 キメ
行政官が片手間に判事を務めればいいというものではない。訴訟そのものを無くすよう統治せねばならない。

従来訳

先師がいわれた。――
「訴訟ごとの審理判決をやらされると、私もべつに人と変ったところはない。もし私に変ったところがあるとすれば、それは、訴訟ごとのない世の中にしたいと願っていることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”判事を務める”。

耳で直接聞く、の意の他に、政治や裁判など”行政行為を行う”の意味がある。清の西太后が幼少の同治帝に代わり、玉座の後ろに御簾を掛け、その後ろに座って大臣達に指示を出したのを、「垂簾聴政」(スイレンチョウセイ)と言った。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、論語 トク 外字(トク)は直(チョク)と同系で、まっすぐなこと。壬(テイ)は、人がまっすぐにたったさま。聽は「耳+論語 トク 外字(まっすぐ)+(音符)壬」で、まっすぐに耳を向けてききとること。

類義語の聆(レイ)は、耳を澄ます。聞は、へだたりを通して耳にはいる、また、かすかに音がきこえるの意。語義は論語語釈「聴」を参照。

吾猶人也

論語 猶 金文 論語 猶
「猶」(金文)

論語の本章では、”私もやはり人と同じだ”。「猶」(ユウ)は再読文字で、「なお~のごとし」と読む。

吾猶人也。 吾猶お人のごとき也。

『学研漢和大字典』による原義は、酒壺から香気がただようさま。

必也

論語 必 金文 論語 也 金文
(金文)

論語の本章では”ぜひとも”。ここでの「也」は、句頭の主語・副詞を強調する意を示す。

必也使無訟乎。ぜひとも訴訟を無くしたいものだなあ。

この句について既存の論語本を参照すると、儒者の間で議論があるようだ。荻生徂徠は「どうしても裁判について言うなら」と解したと吉川本にある。訳者としてはどうでもいいと思うし、吉川本にも「細心すぎる」という。

孔子は別に裁判について語りたいわけではなく、抱負を述べたまでだと訳者は解する。

論語 訟 金文 論語 訟
(金文)

論語の本章では”訴える・法廷”。訴訟と言うが、「訴」は人を排斥するようなことをいうこと。「訟」は公に訴えること。

『学研漢和大字典』によると「訴」は会意文字で、「言+斥(逆方向に切りこみを入れる)」。乍(サ)(ざくっと切れ目を入れる)・作(作為を加える)・泝(ソ)(川をさかのぼる)と同系のことば、という。

必也使無訟乎

論語の本章では”ぜひとも訴訟を無くしたいものだなあ”。「使」(しむ)は使役を意味し、句末の「乎」(か)はここでは詠嘆を意味する。

必也使無訟 必ず也訟え無から使め

論語:解説・付記

論語の本章は前章と同じく、過去の中国で行政官が判事を兼ねているからこそ言えること。裁判・刑罰は権力が最もその姿をむき出しにする場面だからだろうか、儒者は喜んで本章に注を書き付けている。読解に役立つ注ならいいのだが、ごますりとこき下ろしばかり。

新注

論語 儒者
范祖禹氏「裁判の判決を下すのは、事件の結果を罰して予防するだけだ。民の性根を叩き直しておとなしくさせれば、そもそも裁判などやらずに済む。

楊時氏「子路はカタコトだけで判決が下せると言うが、愚かで乱暴者だから、礼儀や譲り合いで国を治める方法を知らんのだ。だから訴訟沙汰が止まない。だからここに孔子様のお言葉を記して、聖人にとっては裁判など造作もないことを示したまい、そもそも民に訴訟沙汰を起こさせないことの尊さを記したもうたのだ。」(『論語集注』)

オッソロシー人たちですなあ。みなさん、君子ゴミ溜めに近寄らずですぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)