論語詳解288顔淵篇第十二(10)子張徳をたかめ*

論語顔淵篇(10)要約:政治家や官僚より学者に向いた弟子の子張。人格力と判断力を高める方法を問います。孔子先生はその基本を正直だと言い、人の心は常に揺れ動くもの、そこに気付けば迷いはなくなると諭しました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張問崇德、辨惑。子曰、「主忠信、徙義、崇德也。愛之欲其生*、惡之欲其死*。既欲其生、又欲其死、是惑也。」(誠不以富、亦祇以異。)*

校訂

武内本:清家本により、生の下、死の下に也の字を補う。已ママ下(文末)八字詩小雅我行其野の句、程氏云、此二句錯簡、当に第十六篇斉景公夕馬千駟の上にあるべし。

書き下し

子張しちやうとくたかまどひくをふ。いはく、まごころまことおもんじただしきにうつるはとくたかめるなりこれあいしてそのくるをほつし、これにくみてそのほつす。すでせいほつし、またほつするは、まどひなり。〔まこともつまず、またまさもつあやしまる。〕

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 論語 孔子
子張が人格力を高め、矛盾を解釈する方法を問うた。先生が言った。「まごころと正直を信条とし正義にかなった行いをすれば、人格力は高まる。誰かを愛すれば生きていて欲しいと願う。誰かを嫌えば死んでしまえと願う。生きていて欲しいと願っているのに、死んでしまえと願うのが、矛盾だ。それでこの解釈はといえば」

意訳

論語 子張 徳を高める
子張「人格力を高める法を教えて下さい。」
孔子「心にもない事を言うな。ウソ付くな。正義の味方であれ。そうすればいやでも人格力は高まる。」
子張「矛盾を解釈する法を教えて下さい。」

論語 孔子 説教
孔子「好きになった人は生きて欲しいと思うし、嫌いな奴は死んじまえと思う。だが時として、好きなのに死んじまえと思う事がある。これが矛盾だ。それでその解釈の法は」
論語 孔子 説教中止

従来訳

論語 下村湖人

子張がたずねた。――
「徳を高くして、迷いを解くには、いかがいたしたものでございましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「誠実と信義を旨とし、たゆみなく正義の実現に精進するがよい。それが徳を高くする道だ。迷いは愛憎の念にはじまる。愛してはその人の生命の永からんことを願い、憎んではその人の死の早からんことを願う。何というおそろしい迷いだろう。愛憎の超克、これが迷いを解く根本の道だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

崇德(徳)

論語 崇 金文大篆 論語 徳 金文
(金文)

論語の本章では”個人の能力を高める”。

『学研漢和大字典』によると「崇」は形声文字で、「山+(音符)宗」。↑型にたかいこと。転じて、↑型に貫く意を派生した。縦(ショウ)(たて)・嵩(スウ)(縦にたかい)などと同系のことば、という。

「徳」は論語のほぼ全てに渡って、人徳とか道徳とか解釈すると論語を読み誤る。あからさまに見せない人格力、人間が持つ機能のこと。詳細は論語における「徳」を参照。

辨(弁)惑

論語 弁 金文 論語 惑 金文
(金文)

論語の本章では、「惑」は”矛盾”。「弁」は”分別”。二つで”矛盾を見分けて解決する”こと。

『学研漢和大字典』によると「弁」は会意文字で、冠の形に両手を加えたもの。ベンという語は被(ヒ)(かぶる)・蔽(ヘイ)(おおう)などと同系。▽辨は「辛(刃物)二つ+刀」、辯は「辛(刃物)二つ+言」、瓣は「辛(刃物)二つ+瓜」の会意文字で、刃物や刀で物事や瓜を切りわけることをあらわす、という。

字体は三種類あり、それぞれの語義は論語語釈「弁」を参照。

忠信

論語 忠 金文 論語 信 金文
(金文)

「忠」は”まごころ”で、自分に嘘をつかないことを言う。詳細は論語語釈「忠」を参照。「信」は”正直”で、他人に嘘をつかないことを言う。詳細は論語語釈「信」を参照。

徙義

論語 徙 金文大篆 論語 義 金文
(金文)

論語の本章では、”正義にかなった行いをする”こと。

『学研漢和大字典』によると「徙」は会意文字で、「止(あし)+止(あし)+彳(いく)」で、左の足をA点よりB点にずらせることを示す。

摩擦をおこしつつ、ずるずると動く意を含む。類義語の移は、横へ長く伸びて行くこと。遷(セン)は、抜けがらを残して、中身が他所へ去って行くこと、という。

「義」とは”正しいこと”。誰かが正義を行っているのを見て、それに手を貸す、あるいは自分が正義の味方になれる機会に出くわして、それまでの考えを改めて正義の味方になることを、「義に徙(うつ)る」という。

義について詳細は論語語釈「義」を参照。

この文字=言葉は戦国末期まで現れず、論語の当時に存在しない。詳細は論語語釈「愛」を参照。

愛之欲其生、惡之欲其死

ここでの「之」は直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持たない。

論語:解説・付記

論語の本章は、最終部分が抜け落ちている。

矛盾の解釈法を孔子は説明していないが、それはある時その部分の簡(ふだ)が紐から外れて紛失してしまったため。そこへそそっかしいのが季氏篇の簡を組み込んでしまったので、わけの分からないことになった。結局孔子による分別の法は分からずじまい。

論語 竹簡

いやおそらく、そそっかしいのではなくて、儒者が体裁を繕うために、どうでもいい簡を差し込んだのだ。文字が読める者なら、木に竹を接いだようだと分かるはずだが、文意より自分の地位や評判を優先させたわけ。つまり儒者にとって論語とは、その程度の価値しかない。

たとえるならこういうことだろう。

論語 大仏
豊臣秀吉が京都の方広寺に大仏を建立したが、地震で崩れてしまった。「地震すら予知できないのかこの大仏は」と秀吉は怒り、矢を射かけた。代わりに信州の善光寺から仏像を借りて安置したが、秀吉が病気になったので仏像を返してしまった。その年秀吉は世を去った。

要するに大仏が尊いのではなく、大仏がないと体裁が整わないので置いただけ。儒者にとって論語とは自分を権威づけるメシの種だが、メシが食えればそれでいいのであり、解釈はどうせ儒者が独占するから何でも混ぜる。文字が読めずとも、簡抜けは分かってしまうからだ。

こういう了見の者どもが、論語の解釈を2,500年も独占したわけ。無論、数多い儒者の中には良心的な者もいただろうが、中国人一般の傾向として、実利はことのほか重視するが事実はどうでもいい。良心的な儒者だろうとも、そこからはみ出すことはめったにない。

ちなみに方広寺の大仏はその後何度も倒壊、焼失するたびに再建されたが、その都度縮んでいき、天保年間に再建された時はたったの2m、それも上半身だけという、大仏はおろか中仏とも言えぬ小仏になってしまった。それさえ戦後に火事で焼け、以後再建されていない。

なお新注で程氏が指摘した錯簡だが、元ネタとされる『詩経』については、移動先の論語季氏篇15の語釈を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)