論語詳解283顔淵篇第十二(5)司馬牛憂いて曰く*

論語顔淵篇(5)要約:孔子先生にも見放され、自分の一生は何だったのかと嘆く司馬牛。事情を知らない弟子の子夏は、知らないながらも司馬牛を慰めます。すでに命を絶つ決断をした司馬牛。最後に兄弟弟子の優しさに触れたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

司馬牛憂曰、「人皆有兄弟、我獨亡。」子夏曰、「商聞之矣、『死生有命、富貴在天』君子*敬而無失、與人恭而有禮、四海之內、皆兄弟也、君子何患乎無兄弟也。」

校訂

武内本:(猪飼)敬所云下句によって之を推すに、此の所「執事」の二字を脱するか。

書き下し

司馬牛しばぎううれへていはく、ひとみな兄弟けいていり、われひとしと。子夏しかいはく、せうこれたり死生しせいめいり、富貴ふうきてんりと。君子くんしゐやまうしなはず、ひとくみしてゐやにしれいあらば、四かいうちみな兄弟けいていなり君子くんしなん兄弟けいていうれへむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 司馬牛 論語 子夏
司馬牛が憂いて言った。「人には皆同世代の理解者がいる。私だけにはいない。」子夏が言った。「商(子夏)はこう聞いています。生き死にには運命が伴います。富貴は天が定めます。君子は行動を慎んでその態度を失うことが無く、人に味方するにはうやうやしく礼儀を伴っていれば、世界中がみな兄弟となります。君子たる者、なんで兄弟がないことを憂うる必要がありましょうか。」

意訳

司馬牛「誰にでも同世代に理解者がいる、なのに私にはいない。」
子夏「そうでもないでしょう。生きるも死ぬも運命です。亡命で地位と財産を無くされたそうですが、富貴だって同じです。君子は君子らしく振る舞えば、世界中が兄弟です。それが礼法の教えというものです。」

司馬牛「ハハハハハ。君はいいな。何もわかっちゃいない。」

従来訳

論語 下村湖人

司馬牛が沈んだ顔をして子夏にいった。――
「誰にも兄弟があるのに、私だけにはない。」
 すると、子夏が慰めていった。――
「死生や富貴は天命だときいているが、兄弟に縁のうすいのも、やはり天命だろう。おたがいに道に志して、心につつしみを持ちつづけ、礼をもって社会生活の調和を保って行くならば、四海のいたるところに兄弟は見出せるではないか。道に志す者が何で肉親の兄弟に縁のうすいのをくよくよ思う必要があろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

人皆有兄弟、我獨(独)亡

論語 皆 金文 論語 独 金文大篆
「皆」「独」(金文)

論語の本章では、”人には皆兄弟がいるのに、私だけはいない”。これは事実ではない。兄に桓魋カンタイがいる。従って兄弟とは、同世代の理解者のこと。

『学研漢和大字典』によると「皆」は会意文字で、比は、人が肩を並べたさま。白は、自(鼻の原字)で、鼻のこと。白ではない。替(かわる)や晋(すすむ)の下部も白印(→自)で、自印は、人間の動作をあらわす。皆は「比(ならぶ)+自(そうする)」で、みんな並んでそろうことを示す。

偕(カイ)(何人かがいっしょにそろう)・諧(カイ)(ことばの音調がそろう)などと同系のことば。類義語の咸(カン)は、みんなあわせての意。都(すべて)は、いっしょに集まっての意、という。

「独」は会意兼形声文字で、蜀(ショク)は、目が大きくて、桑の葉にくっついて離れない虫を描いた象形文字。ひつじは群れをなし、犬は一匹で持ち場を守る。獨は「犬+(音符)蜀」で、犬や桑虫のように、一定の所にくっついて動かず、他に迎合しないこと。

觸(=触。くっつく)・屬(ゾク)・(ショク)(=属。くっついて離れない)などと同系のことば、という。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

貴 金文(戦国)
(金文・戦国時代)

論語の本章では”とうとい”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯wəd。同音は存在しない。詳細は論語語釈「貴」を参照。

君子敬而無失

論語 敬 金文 論語 緊張 敬
「敬」(金文)

論語の本章では、”君子は慎みの心を保ち、それを失わなければ”。「失」を”過失”と解して、「君子は敬虔な心で過失がなければ」と訳すのも良い。『学研漢和大字典』による「敬」の原義は、体を引き締め緊張すること。論語語釈「君子」も参照。

四海

論語 四 金文2 論語 海 金文
(金文)

論語の本章では、”中華世界全体”。

中国は東西南北四つの海に取り囲まれている、と考えられていた。「四海の内」とはつまり全世界。しかし異民族を含めて「兄弟」と言ったとは思われない。中華思想の通用する範囲内に止まる。

論語:解説・付記

前々章・前章と同じく司馬牛ばなし。孔子にはぐらかされ、開き直られた司馬牛が、何も知らない子夏に嘆きを聞かれた時の問答だろう。孔子存命中の子夏は頭が固く、チマチマしたことにこだわり、だから代官になったときに「チマチマするな」と孔子に言われた。

焦るんじゃない。政治とは時間がかかるものだ。チマチマした業績を狙ってはならない。そんなことでは大きな業績は上がらないから。(論語子路篇17)

従って司馬牛が何をさせられていたか、今なぜ落ち込んでいるのか、全く分からなかっただろう。しかし人はいいので、落ち込んだ司馬牛を慰めようとしたわけ。しかしそのかいなく、おそらくこの直後、司馬牛は魯国都城の門前で、見せつけるように自ら世を去った。

さて司馬牛に関するここまでの三章だが、おそらく後世の付け足しではないか。この論語顔淵篇の原形を編集した子貢は、孔子を尊崇することが篤く、師の不名誉になりかねない話を記すとは思えないからだ。政治的に活発だった子貢が、司馬牛の事情を知らなかったはずもない。

論語が現伝の姿に整っていった前漢代、儒者は多くの伝承を論語に付け足していったことがわかっている。この三章がそれだと指摘する説を知らないが、この顔淵篇で顔回・冉雍が仁を問うた後、同じく仁を問うた司馬牛の話を付加し、ついでにその他の問いも加えたのだろう。

しかし博覧強記な儒者たちが、訳者と同じ様な疑念を孔子に持って不思議はない。それに目を閉じて加えたのは、儒教の国教化とその確定という、儒者にとって建設の時代だったからだろう。教勢拡大が至上命題である以上、疑念の類には目をつぶっていたに違いない。

仮に司馬牛問仁の章だけは始めからあったにせよ、後二章は後世の付加だろうと考える。三章の史実性については論拠を持たないが、各章が短いこと、論語の他の章と矛盾がないこと、そして何より司馬牛の変死という『春秋左氏伝』の記録から、かなり確かな話だと考えている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)