論語詳解280顔淵篇第十二(2)仲弓仁を問う*

論語顔淵篇(2)要約:人格者の弟子の仲弓。孔子先生は具体的な例を挙げて、仲弓に仁の修練法を説きます。仁とは思いやりで、この常時無差別の愛を身につければ、自分もまた思いやりに包まれて生きていけると説いたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

仲弓問仁。子曰、「出門如見大賓、使民如承大祭、己所不欲、勿施於人、在邦無怨、在家無怨。」仲弓曰、「雍雖不敏、請事斯語矣。」

書き下し

仲弓ちうきうじんふ。いはく、もんでては大賓たいひんるがごとく、たみ使つかふには大祭たいさいつかうまつるがごとく、おのれほつせざるところひとほどこなからば、くにりてもうらみく、いへりてもうらみし。仲弓ちうきういはく、ようからずといへども、ふらくはことのはこととしたる

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 冉雍 論語 孔子
仲弓が仁を問うた。先生が言った。「門を出たら高貴な賓客を見たようにふるまい、民を使う時は大きな祭を執り行うように振る舞い、自分の求めないことを人に押し付けることがなければ、国の人から怨まれず、家の人から怨まれない。」仲弓が言った。「私は頭の回転が速くないですが、どうかこのお教えを原則にしたいです。」

意訳

冉雍が仁を問うた。

論語 孔子 キメ
孔子「一歩外を出たら、誰もが国賓だと思え。民を労役に使う時には、天罰が下りかねないと思え。いやなことを人に押し付けるな。それなら国内でも家庭内でも、怨まれないだろうよ。」
冉雍「私は理解力がありませんが、今のお話しを肝に銘じましょう。」

従来訳

論語 下村湖人

仲弓が仁についてたずねた。先師はこたえられた。――
「門を出て社会の人と交る時には、地位の高下を問わず、貴賓にまみえるように敬虔であるがいい。人民に義務を課する場合には、天地宋廟の神々を祭る時のように、恐懼するがいい。自分が人にされたくないことを、人に対して行ってはならない。もしそれだけのことが出来たら、国に仕えても、家にあっても、平和を楽しむことが出来るだろう。
 仲弓がいった。――
「まことにいたらぬ者でございますが、お示しのことを一生の守りにいたしたいと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

大賓

論語 大 金文 論語 賓 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”国賓級の高貴な客”。

日本漢語では「賓客」と言ってどちらもお客だが、「賓」とは高貴な身分の客であり、「客」とはよそ者一般を意味する。そこに大が付いているから、大いに高貴なお客様、つまり”国賓”。

『学研漢和大字典』によると「客」は会意兼形声文字で、各とは、足が四角い石につかえてとまった姿を示す会意文字。客は「宀(やね、いえ)+(音符)各」で、他人の家にしばし足がつかえてとまること。また、その人。格(つかえる木)・閣(門のとびらをとめるくい)・擱(カク)(つかえてとまる)などと同系のことば、という。

大祭

論語 大 金文 論語 祭 金文
(金文)

論語の本章では”国家級の重大な祭祀”。

日本漢語ではアキンドの大売り出しも祭りに入ってしまうが、本来は神をまつることであり、「大祭」とは国家規模で行う尊い神・国君の祖先を祀るような大祭祀を言う。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɕia(平/去)またはdia(去)で、前者の同音は鉈(ほこ・なた)・弛(ゆるむ)と施を部品とする漢字群。後者の同音は移などだが、いずれも”ほどこす”意を持ち、論語の時代に存在した文字は無い。

詳細は論語語釈「施」を参照。

己所不欲、勿施於人

論語 欲 金文大篆 論語 欲
「欲」(金文)

論語の本章では、”されたくないことは、人にするな”。

同じ言葉を子貢が発言した際、孔子は「お前に出来ることではない」とたしなめている(論語公冶長篇11)。となるとこの言葉は、孔子塾でのはやり言葉だった可能性がある。もちろん出所は孔子だろう。

論語 怨 睡虎地秦墓竹簡 論語 怨 篆書
(秦系戦国文字・篆書)

論語の本章では”うらむ”。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

文字の上半分は土下座させられた人。下は心。『学研漢和大字典』によると、押さえつけられて晴らせない気持のこと。『字通』によると、心に憂えることがあって、祈るような心情。詳細は論語における「うらみ」を参照。

なおこの言葉は論語に頻出するが、甲骨文・金文は未発掘で、秦や楚の戦国文字に初めて見られる。その字形はかなり異なっており、出所不明の古文に至っては、「怨」とどうやって判別したのか首をかしげる。
論語 怨 楚系戦国文字 論語 怨 古文
(楚系戦国文字・古文)

不敏

論語 不 金文 論語 敏 金文
(金文)

論語の本章では、”さとくないこと”。詳細は論語語釈「敏」を参照。

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しないが、論語の時代には「(言)青」と書いた可能性があり、こちらは論語時代の金文が存在する。また平声(カールグレン上古音dzʰi̯ĕŋ:うける)の同音に靜(静)の字がある。『大漢和辞典』によるその語釈に”はかる”があり、四声を無視すれば音通する。詳細は論語語釈「請」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、前章で顔回に語った内容を別の弟子に語ったもの。
論語 孔子 たしなめ

同じ概念を問う相手によって説明を変えたのは、一つには孔子と同時代の賢者ブッダがそうしたように、「応病与薬」だから。ただし孔子の場合は、教説上での重要概念を定義しないまま放置していることが多く、言わば弟子と問答しながら語義を定めていくような方法を取った。

前章で語ったように、孔子による孔子の儒教と、その根本行動指針である礼は、孔子当人と不可分であって、孔子が死んでしまえばそこで消えて無くなってしまうていのものだった。つまり孔子の普段の立ち居振る舞いや発言が、そのまま孔子塾の教科書だったわけ。

確かに『詩経』や『春秋』など、孔子自身の手による著作と思われる本がないではないが、人生論や経世済民論といった、こんにち儒学の中心と思われている部分の教科書化・定型化には、孔子は無頓着だったし、ブッダのように経説の概念を厳しく規定もしなかった。

この理由は一つに当時紙がなく、筆記し記録するのにコストがかかったため。

ならば『詩経』『春秋』はなぜ書いたか、という疑問が残る。となると孔子の儒教とは今日思われているようなものではなく、就職予備校を経営するかたわら革命を目指した上で出てきた雑然とした何か、でしかないのかも知れない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)