論語279顔淵篇第十二(1)顔淵仁を問う

論語顔淵篇(1)要約:仁とは、思いやり。しかしいつでも誰をも思いやらねば、仁とは言えません。それは人間の持つ欲が、思いやりを妨げるからでした。その欲を押さえるのは礼。一番弟子の顔回に、孔子先生は仁の奥義を伝えるのでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

論語 孔子聖蹟図 克復伝顔
顏淵問仁。子曰、「克己復禮爲仁。一日克己復禮、天下歸仁焉、爲仁由己、而由人乎哉。」顏淵曰、「請問其目。」子曰、「非禮勿視、非禮勿聽、非禮勿言、非禮勿動。」顏淵曰、「回雖不敏、請事斯語矣。」

書き下し

顏淵がんえんじんふ。いはく、おのれちてれいむをじんす。一じつおのれちてれいめば、天下てんかじんなんじんすはおのれる、しひとらむ乎哉顏淵がんえんいはく、もくふ。いはく、れいあらざればなかれ、れいあらざればなかれ、れいあらざればなかれ、れいあらざればうごなかれ。顏淵がんえんいはく、くわい不敏ふびんいへども、こととしてん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 顔回 論語 孔子
顔淵が仁を問うた。先生が言った。「自分に勝って礼法に従うのを仁という。一日でも自分に勝って礼法に従えば、天下は仁へ帰る。仁を行うのは自分が主体だ。他人が主体だろうか。」顔淵が言った。「仁の細目をお願いして問います。」先生が言った。「礼法にかなっていなければ見るな。礼法にかなっていなければ聞くな。礼法にかなっていなければ言うな。礼法にかなっていなければ動くな。」顔淵が言った。「私は頭の回転が速くないですが、どうかこの教えを原則にさせて下さい。」

意訳

顔回「仁とは何ですか。」
孔子「自分の欲望に勝って礼法に従うのを仁という。たった一日でも欲望を抑えて礼法に従えば、誰でも仁を実現できる。ただし仁を行うのは自分でしかない。他人に求めるものではない。」

顔回「仁の実践方法を教えて下さい。」
孔子「礼法にかなっていなければ、見るな。聞くな。言うな。動くな。」

顔回「私は頭の回転が速くないですが、今のお教えを肝に銘じましょう。」

従来訳

顔渕が仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
「己に克ち、私利私欲から解放されて、調和の大法則である礼に帰るのが仁である。上に立つ者が一たび意を決してこの道に徹底すれば、天下の人心もおのずから仁に帰向するであろう。仁の実現は先ず自らの力によるべきで、他にまつべきではない。」
 顔渕がさらにたずねた。――
「実践の細目について、お示しをお願いいたしたいと存じます。」
 先師がこたえられた。――
「非礼なことに眼をひかれないがいい。非礼なことに耳を傾けないがいい。非礼なことを口にしないがいい。非礼なことを行わぬがいい。」
 顔渕がいった。――
「まことにいたらぬ者でございますが、お示しのことを一生の守りにいたしたいと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

克己復禮(礼)爲(為)仁

論語 克 甲骨文 論語 己 金文
「克己」(金文)

論語の本章では、”自分に打ち勝って礼に戻るのが仁だ”。

克己=肉体と本能を持つ人間が、その要求を拒むこと。そうなると従うべき何物も人間にはなくなるが、孔子はそれを礼法として示した。仁は常時無差別の愛を言うが、詳細は論語における「仁」を参照。

ここで孔子は「往礼」(礼にゆく)とは言わず、「復礼」(礼にかえる)と言った。この句の段階では、顔回はもともと仁の中に居たが、「己」に従って礼から出た、ということになる。

一日克己復禮、天下歸(帰)仁焉

論語 帰 金文 論語 仁 金文大篆
「帰仁」(金文)

論語の本章では、”一日の間自分に打ち勝って礼に戻れば、天下は仁に戻る”。

誰かが礼法に従えば、天下が仁で覆われる、のではなく、天下が礼法に従えば、天下が仁で満ちあふれる、ということ。

ここで孔子は、天下の人々もまた、もともと礼の中に居たのだが、己に従ってその枠から出ている、と言っている。礼とは孔子の創造した仁者のスペックに過ぎないのだが、孔子はそうは思わず、天下の人々が元いた場所=仁を見つけたと考えたわけ。おそるべき独善と言える。

子曰く、人之生くるなおし、くらき之生くる也、幸いにし免かる。

先生が言った。「人間の人生とはもともと真っ直ぐなものだ。ごまかして生きるのは、偶然の幸運で天罰を免れているに過ぎない。(論語雍也篇19

ここでは礼を説いていないが、人には本来のあるべき姿があると孔子は考えていた。

ただし論語を読む限り、顔回は孔子と仁や礼の趣味が完全に一致しており、顔回もまた人は本来礼の中に居た、と考えただろう。つまりこの問答は、極めてカルトなオタク話でなければ、珍妙な新興宗教の狂信者が二人揃って高まっているわけ。

後世の儒者はその狂信によって論語を書き換えたり、社会に独善的な道徳や服従を押し付けたが、儒の狂信性はすでに、教祖と一番弟子の中にも濃厚にあった。孔子が論語時代の社会に受け入れられなかったのは、当然だっただろう。だが論語の魅力は狂信性なしにはあり得ない。

論語 武内義雄 論語之研究
なお武内義雄『論語之研究』によると、ここの「一日」は「一に曰く」の誤りだという(p.164)。現伝の論語は各種の伝承の折衷本で(→論語の成立過程まとめ)、編者が異聞をここに書き込んだという。その場合の解釈は以下の通り。

子曰く、己に克ちて礼に復るを仁と為す。一に曰く、己に克ちて礼に復らば、天下仁に帰し焉と。仁を為すは己に由り、し而人に由らん乎哉かな

先生が言った。自分に勝って礼法に戻るのが仁である。(ある本に曰く、自分に勝って礼法に戻れば、天下は仁に満ちあふれるだろう。)仁を実践するのは自分自身だ。人に求めるものではないだろう。

爲仁由己、而由人乎哉

論語 由 金文 論語 己 金文
「由己」(金文)

論語の本章では、”仁は自分で行え。人に行わせる行為だろうか”。

孔子は自分の教説の核心である、仁や礼が論語時代の世間から浮き上がっていることは認識していた。

だから他人が行うものではなく、自分で行うものだった。仁や礼について、孔子がどこまで客観性を保っていられたかはわからない。ただ言えるのは、孔子は自分の教説が論語の時代の世間に受け入れられがたいことは認識していた。その部分では、狂信性から覚めた視点を持っていた。

非禮(礼)勿視、非禮勿(礼)聽(聴)、非禮(礼)勿言、非禮(礼)勿動

論語 非 金文 論語 礼 金文
「非礼」(金文)

論語の本章では、”礼にそぐわないものは見るな、聞くな、言うな、するな”。

下記するように礼法は孔子そのものが基準だから、言わば孔子は思考停止を弟子に要求している。またカルト教団にありがちな引き籠もり性を露呈している。

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”聞く”。孔子の在世当時、直接聞く事を「聴」と言った。「聞」は間接的に聞くことで、論語の本章では両者が区別されている。従って本章の原形は、成立が相当に古いと思われる。

論語 敏 金文 論語 敏
(金文)

論語の本章では、”頭の回転が速く、よく気が付くこと”。『学研漢和大字典』による原義は、休み無く働くこと。詳細は論語語釈「敏」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子一門のカルト性を示す一節。それと共に教説の中心である仁について、明確な定義を行っており、論語を理解するには不可欠の章。だが生涯引き籠もって暮らした顔回はともかく、世間と関わり続けた孔子が、どこまで正気を保っていたのか考え込んでしまう。
論語 カルト教団

礼法は孔子が言うような、周建国時代の英雄・周公が定めたものではない。

論語時代以前から、当時の君子=貴族社会で通用する礼儀作法があったのはもちろんだが、庶民の間にも自然形成された作法はあっただろう。孔子登場前の儒者とは、そういった主に庶民を対象にした作法の教師でもあった。つまり個別の儒者によって礼法は異なった。

孔子はそれら旧儒者の礼法と、貴族社会の礼法を、自分の好みに従って取捨選択し、いわゆる「礼」として弟子に教えた。しかしまとまった教科書が当時あったわけではなく、いわば孔子が礼法そのものだった。現行の『礼記』類の成立が漢代まで下るのはその事情による。

礼法は孔子の構想では、それに従えば人間関係がよくなり、その分生きやすくなるはずだった。しかしそのためには身体と本能を無視せよと孔子は言った。これはその分、生きにくくなることでもある。つまり礼に従い仁を達成する人生を選択せよ、と弟子に迫った。
論語 孔子 説教

仁とは常時無差別の愛を意味するが、当の孔子すら自分は仁者ではないと論語で言っている(論語述而篇33)。その意味で自分で出来もしないことを弟子に要求する孔子は無茶でもある。しかも『仁経』なる教科書があったわけでもない。

この意味で仁は礼と同じで、その定義は孔子そのものに依存した。つまりどちらも意味がブレる。論語八佾篇で孔子が非難した礼法破りも、その根拠は孔子自身だった。そんないい加減なものを学びたがった弟子は多くはなく、だからこそ顔回は孔子にとって特別の存在だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク