論語詳解465微子篇第十八(5)楚の狂接輿歌いて

論語微子篇(5)要約:「狂」とは頭のおかしな人ではなく、悟りきって常人には理解できない人をも指します。放浪中にそんな狂人の男と出会った孔子先生。勝てるに足る人物だと思って追い掛けましたが、男は逃げてしまいました。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

楚狂接輿、歌而過孔子*曰、「鳳兮鳳兮。何*德之衰*。往者不可諫*、來者猶可追*。已而。已而。今之從政者殆而。」孔子下、欲與之言。趨而辟*之、不得與之言。

校訂

武内本:清家本により、孔子の下に之門の二字を補う。衰・諫・追それぞれの下に、也の字を補う。漢石経何の下而の字あり、何而は何如と同じ、荘子人間世篇何如に作る。唐石経、(諫・追の下の)両也の字なし、漢石経あり、此本(=清家本)と同じ。唐石経避を辟に作る。

書き下し

たはけ接輿せつようた孔子こうしよぎりていはく、おほとりおほとりなんとくおとろへたる。ものいさからず、きたものふべし。む、いままつりごとしたがものあやふからと。孔子こうしくだりて、これはむとほつす。はしこれけ、これふことをざりき。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

楚のもの狂い接輿が、歌いながら孔子のそばを通り過ぎて言った。「おおとりよ、おおとりよ。何と徳が衰えたことか。過ぎたことは後悔できない、これからのことは追求できる。やめてしまえ、やめてしまえ、今の政治に携わる者は危ないぞ。」講師は(車を)降りて、接輿と語ろうとした。接輿は小走りして孔子を避けたので、接輿と話すことが出来なかった。

意訳

孔子が諸国放浪中、楚の国でもの狂いの男、接輿と出会った。接輿は歌いながら孔子一行のかたわらを通り過ぎた。
「おおとりよ、おおとりよ。何ともひどい世の中だ。だが過ぎたことに後悔しても仕方がない。これからのことを考えよう。やめちまえ、やめちまえ。政治に関わると命がないぞ。」

孔子は接輿と話そうとしたが、接輿は走って逃げてしまった。

従来訳

楚の国で、狂人を装っていた接輿という人が、先師の車のそばを通り過ぎながら、歌った。――

「鳳凰よ、鳳凰よ、
神通力は、どうしたか。

すんだことなら仕方がない。
これから先はしっかりせい

国の舵取りゃあぶないぞ
やめたらどうぞい。やめたらどうぞい。」

先師は車をおりて、接輿と話をしようとされた。しかし、接輿が大急ぎでどこかにかくれてしまったので、お話しになることが出来なかった。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

楚狂

論語 楚 金文 論語 狂 金文
(金文)

論語の本章では、楚の国のもの狂い。『学研漢和大字典』によると、普通の型をこえてスケールが大きいさま。常識にとらわれないさま。また、そのような人がら、という。

接輿

論語の本章では個人名だが、「接」は”触れる”の他に、”繋ぐ・受け取る・交わる”の意が、「輿」は(乗り物の)”かご・こし”の他に、”大地”の意がある。従来訳の注では、「やはり隱者の一人であろう。名はわからない。孔子の車に接近したので、かりに接輿と名をつけられたのだろうといわれている」という。

兮(ケイ)

論語 兮 金文 論語 兮 乎
(金文)

論語の本章では、語気を表す文末助辞。伝統的には読み下さない。『学研漢和大字典』による原義は息の発散するさま、『字通』によると鳴子という。

諫(諌)

論語 諌 金文合成
(金文)

論語の本章では、”後悔する”。間違いを認めて苦情を言うこと。一般的には君主に対するそれと解し、「いさめる」と読んで”とがめる意見を言って押しとどめる”ことだが、自分に対した場合は後悔の意となる。

德(徳)

論語 徳 金文
(金文)

論語の本章では解釈が分かれ、周王朝の”威力・政治力”と解するのが一つ、”道徳・品格”と解するのがもう一つ。時代から見て、論語では前者と解するべきだが、この微子篇そのものの成立が戦国時代以降と見られる事から、どちらとも決めかねる。

論語 而 金文
(金文)

論語の本章では、語気を表す文末の助辞。この場合、伝統的には読み下さない。

趨(スウ)

論語 趨 金文 論語 趨
(金文)

論語の本章では、”小走りする”。論語の時代、貴人の前では小走りするのが礼だが、本章の場合は孔子に敬意を表すためでなく、語るのがめんどうくさいので逃げ去ったと見るべき。

論語:解説・付記

論語微子篇は、儒者の仲でも道家の思想を好んだ者がつけ加えた篇だと言われる。そこに隠者が描かれているからだが、本章もその一つ。武内義雄『論語之研究』では、内容が史実として疑わしい章の一つに挙げている。その当否は分からないが、こういう伝説があってもいい。

諸星大二郎『孔子暗黒伝』では、接輿はかつて龍使いだった一族の末裔で、賢者であるゆえに世を捨てて自由気ままに生きる人物として描かれている。いつの世にも、頭がよすぎて何を言っているか理解できない人物はおり、接輿も実在したその一人だったと想像したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)