論語と算盤・現代語訳(2)処世と信条2

『論語と算盤』士魂商才

論語と算盤 士魂商才

現代語訳

昔、菅原道真は和魂漢才ということを言った。これは面白いことと思う。これに対して私は、常に士魂商才を提唱する。

和魂漢才とは、まず日本人たるもの、日本特有の大和魂を基本としなければならない。しかし中国は国も古いし、文化も早くから芽生えて、孔子や孟子のような賢者を出しているのだから、政治や文学の面で日本より時間の蓄積がある。だから中国の学問や芸術も習得して、才能を磨かねばならない、ということだ。

その中国の古典は沢山あるが、中でも孔子の言行を記した論語が、その中心となっている。もちろん尚書、詩経、周礼儀礼など、夏の禹王・殷の湯王・周の文王・武王・周公の事を書いた書物はあるが、それもまた孔子は編纂した本だから、漢学と言えば孔子の学問が中心である。

その孔子の言行を書いた論語だから、菅公もたいそうこれを愛読し、応神天皇の時代に百済(くだら)の王仁(わに)が献上した、論語千字文が朝廷に伝えられたのを筆写して、伊勢神宮に献じたのが、世に言う菅本論語であり、現存している。

私が言う士魂商才というのも同様の意義で、人間が世の中で生きていくには武士的精神が必要ではあるが、武士的精神のみにかたよって商才が無ければ、経済上から自滅を招くようになる。だから士魂と共に商才が無ければならない。その士魂を養うには、読むべき書物は沢山あるが、やはり論語は最も士魂養成の基礎になると思う。

では商才はどうかと言えば、商才も論語で充分養える。道徳上の書物と商才とは、何の関係も無いようだが、その商才も、もともと道徳が根柢にあって、道徳と離れた不道徳、詐欺欺瞞、浮かれた華やぎ、軽々しい浮つきの商才は、いわゆる小才子・小利口に過ぎず、決して真の商才ではない。

そこで商才は道徳と一致したものとすれば、道徳の書である論語で養えることになる。また処世=人が世間で生きていく道は、なかなか難しいが、論語を熟読してよく味わえば、大いによく分かる。だから私は、普段から孔子の教えを尊び信じると同時に、論語を処世の根本的な教科書として、いつも机のそばから離したことが無い。

論語と算盤 徳川家康我が国にも賢者や豪傑はたくさんいる。その中で最も戦争が上手であり、処世=人が生きていく原則の道が巧みだったのは、徳川家康公である。

処世の道が巧みだったからこそ、多くの英雄豪傑をおそれさせ従えて、十五代の覇業を開くことができた。二百余年間、人々が枕を高くして安眠できたのは、実に偉大と言うべきだ。だから処世の道の巧みな家康公は、それだけにさまざまな教訓を残している。

例えば「神君遺訓」なども、我々の処世の道を、実にうまく説いておられる。その「神君遺訓」を、私が論語と照らし合わせて見たところ、実に論旨が一致していて、やはり大部分は論語から出たものだと分かった。

例えば『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し』とあるのは、論語の『士は以て弘毅ならざるべからず、任重く道遠し、仁以て己が任と為す、亦重からずや、死して後已む、亦遠からずや』とある、この曽子の言葉と実によく合っている。

また『己を責めて人を責むるな』は、『己立たんと欲して人を立つ、己達せんと欲して人を達す』という、論語の一節の説く所をお採りになった。また『及ばざるは過ぎたるより勝(まさ)れり』というのは、例の『過ぎたるは猶及ばざるが如し』と孔子がお教えになったのと一致している。

『堪忍は無事長久の基(もとい)、怒りは敵と思え』は、論語の『克己復礼』の意である。『人はただ身の程を知れ草の葉の、露も重きは落つるものかな』は、分に安んじることである。『不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したる時を思い出すべし』『勝つこと計りを知りて負くることを知らざれば、害その身に至る』とある意味の言葉は、論語の各章にしばしば繰り返して説いている。

次に家康公が処世に巧みであったこと、二百余年の大偉業をお開きになったことは、大抵論語から来ていると言える。

世の人は、漢学の教えでは禅譲討伐=武力革命を是認しているから、我が国体に合わないというが、それは一を知って二を知らない説である。それは孔子の言った、『韶(ショウ)を謂う、善を尽くせり、又美を尽くせり、武を謂う、美を尽くせり、未だ善を尽くさず』とあるのを見ても明かだ。

韶という音楽は、堯(ギョウ)・舜(シュン)の業績を音楽にしたもので、史実として堯は舜の徳を褒め称え、位を譲った。だからその事を歌った音楽は、実に善と美を尽くしている。そこへ行くと武という音楽は、武王の事を歌ったもので、たとえ武王は徳があったにせよ、兵力で革命を起こし王の位に登ったのだから、従ってその音楽も善を尽くさない、と孔子は言っておられる。

ここから孔子は、革命は望ましいものではないと思っていた事が分かる。そもそも人を論ずるには、その時代を考えなければならない。孔子は周の時代の人だから、はっきりと露骨に周代の悪事を論じられないから、美を尽くせり未だ善を尽くさず、と婉曲に言っているわけだ。

不幸にして孔子は、日本のような万世一系の国体を見もせず、知りもしなかったからだが、もし日本に生まれ、または日本に来て万世一系の我が国体を見聞したなら、どれほど褒め讃えたかわからない。韶を聞いて美を尽くし善を尽くせり、と誉めた以上の、賞賛尊敬の意を表したに違いない。

世の人が孔子の学を論じるには、十分に孔子の精神を探り、いわゆる眼光紙背に徹するほどの大活眼で孔子を見なければ、表面だけさすったに過ぎなくなるおそれがある。

だから私は、人が世間で生きようとして、道を誤まることがないようにするには、まず論語を熟読せよと言う。

現在は、世の進歩にともなって欧米諸国から新しい学説が入ってくるが、その新しさも我々から見ればやはり古いもので、すでに東洋では数千年前に言っているのと同じ事を、ただ言葉の言い回しをよさげにしているに過ぎないと思われるものが多い。

欧米諸国の、日進月歩の新しい学説を研究するのも必要だが、東洋古来の学説の中にも、捨て難いものがあることを、忘れてはならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)