『孔子家語』現代語訳:五儀解第七(3)

孔子家語・原文

哀公問於孔子曰:「請問取人之法。」孔子對曰:「事任於官,無取捷捷,無取鉗鉗,無取啍啍。捷捷、貪也;鉗鉗、亂也;啍啍、誕也。故弓調而後求勁焉,馬服而後求良焉,士必愨而後求智能者焉。不愨而多能,譬之豺狼不可邇。」

哀公問於孔子曰:「寡人欲吾國小而能守,大則攻,其道如何?」孔子對曰:「使君朝廷有禮,上下和親,天下百姓皆君之民,將誰攻之?苟違此道,民畔如歸,皆君之讎也,將與誰其守?」公曰:「善哉!」於是廢山澤之禁,弛關市之稅,以惠百姓。

哀公問於孔子曰:「吾聞君子不博,有之乎?」孔子曰:「有之。」公曰:「何為?」對曰:「為其有二乘。」公曰:「有二乘則何為不博?」子曰:「為其兼行惡道也。」哀公懼焉。有閒,復問曰:「若是乎、君子之惡惡道至甚也。」孔子曰:「君子之惡惡道不甚,則好善道亦不甚。好善道不甚,則百姓之親上亦不甚。《詩》云:『未見君子,憂心惙,亦既見止,亦既覯止,我心則說。』《詩》之好善道甚也如此。」公曰:「美哉!夫君子成人之善,不成人之惡,微吾子言焉,吾弗之聞也!」

孔子家語・書き下し

哀公孔子に問うて曰く、「請い問う、人を取る之法」と。孔子対えて曰く、「事は官に任せ、捷捷を取る無く、鉗鉗を取る無く、啍啍を取る無かれ。捷捷は、貪る也。鉗鉗は、乱れる也。啍啍は、誕(いつわ)る也。故に弓は調(ため)し、而て後に勁きを求め焉(なん)、馬は服(つな)ぎ、而て後に良を求め焉、士は必ず愨(つつし)み、而て後智の能きなる者を求め焉。愨まず而て能多きは、之を譬うるに犲狼の迩(ちかづ)く可からざる。」と。

哀公孔子に問うて曰く、「寡人、吾が国小に而て能く守らんと欲するも、大は則ち攻む、其れ道は如何」と。孔子対えて曰く、「君を使て朝廷に礼有り、上下和み親しみ、天下百姓皆君之民たらば、将に誰ぞ之を攻めん。苟くも此の道に違はば、民畔くこと帰するが如く、皆君之讐也、将に誰を与に其れを守らん」と。公曰く、「善き哉」と。是に於いて山沢之禁じを廃て、関市之税を弛め、以て百姓に恵む。

哀公孔子に問うて曰く、「吾れ聞く、君子は博(う)たずと。之れ有り乎」と。孔子曰く、「之れ有り」と。公曰く、「何為(なんすれ)ぞ」と。対えて曰く、「其れ二乗有るが為なり」と。公曰く、「二乗有れば則ち何為ぞ博たずや」と。子曰く、「其の兼ねて悪道を行うが為也」と。哀公懼れ焉(たり)。間有りて、復た問うて曰く、「是の若き乎、君子之悪を悪みて道の至るや甚しき也」と。孔子曰く、「君子之悪道を悪むこと甚しからざらば、則ち善道を好むも亦いに甚しからず。善道を好むこと甚しからざらば、則ち百姓之上に親しむこと亦いに甚しからず。《詩》に云わずや、『未だ君子を見ず、憂いて心惙(みだる)るなり、亦た既に見て止む、亦た既に覯て止む、我が心則ち説ばん』と。《詩》之善道を好むの甚也此の如し」と。公曰く、「美き哉。夫れ君子人之善を成し、人之悪を成さざるは、吾が子の言微(なか)り焉(たら)ば、吾れ之を聞かざらん也」。

孔子家語・現代語訳

哀公が孔子に問うた。「人の採用はどうすればいいか。」孔子が答えて言った。「実務は役人に任せ、急がせ、振り回し、口やかましいの三つを行ってはなりません。急がせるのは仕事の出来上がりを貪る事であり、振り回すのは仕事を乱す事であり、口うるさいのは役人のごまかしにつながります。だから弓はまず射て試してから張りの強さを求め、馬は車につないで試し牽きをさせてから良否を決めます。人材の場合は慎み深さを見極めてから、有能かどうか判断すべきです。慎みはないが有能なものは、たとえるならサイやオオカミのような、近寄り禁止の猛獣と同じです。

哀公が孔子に問うた。「私は小さな我が国をどうにかして守ろうと思っているが、大国は遠慮無く攻めてくる。どうしたらいいか。」孔子が答えた。「殿がまず、朝廷で礼儀正しく振る舞われよ。身分の上下が互いに和み親しみ、天下の民は全て我が民、となれば、誰がその国を攻めるでしょう。もしそのようにならなければ、民は家に帰るようにそっぽを向きますし、誰もが殿の仇敵になります。そうなったら誰と共に国を守れましょうか。」哀公が言った。「いい事を言う。」そこで山や沢の立ち入り禁止を解き、関税や市場の場所代を安くし、庶民を恵んだ。

哀公が孔子に問うた。「君子はバクチを張らないというのは本当だろうか。」孔子が言った。「本当です。」哀公が言った。「なぜ。」答えて言った。「車を二乗持っているからです。」哀公が言った。「二乗持っていたら、なぜバクチを張らないのか。」先生が言った。「二乗めで悪の道を走るからです。」哀公はぞっとした。

間を空けて哀公が問うた。「こういうことかな、君子は悪の道をどこまでも憎む、と。」
孔子「君子が激しく悪を憎まなければ、善を好むのも中途半端です。そうなると庶民が貴族に親しむのも、中途半端です。詩に言います。『まだ君子に会っていないので、気分が塞ぎ心が乱れる。会って気分が晴れる、会い終えてやはり晴れる、私は喜びに充ちるだろう』と。詩が善を好むのは、この通り激しいのです。」

哀公「美しいな。君子が人の美点を褒めそやし、欠点を言いふらさないのは。我が師たるそなたがいなかったら、私はこの話が聞けなかった。」

孔子家語・訳注

なし

孔子家語・付記

珍しく1・2はオリジナル。3は劉向『説苑』のコピペ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)