『史記』現代語訳:孔子世家(22)孔子帰国

論語時代史料:『史記』原文-書き下し-現代日本語訳

論語 霊公迎郊

其明年、冉有爲季氏將師、與齊戰于郎、克之。季康子曰「子之於軍旅、學之乎?性之乎?」冉有曰「學之於孔子。」季康子曰「孔子何如人哉?」對曰「用之有名、播之百姓、質諸鬼神而無憾。求之至於此道、雖累千社、夫子不利也。」康子曰「我欲召之、可乎?」對曰「欲召之、則毋以小人固之、則可矣。」
其の明年、冉有、季氏の為に師を将いて、斉と郎に戦い、之に克つ。季康子曰く、「子の軍旅に於けるは、之を学べるか、之を性にするか。」冉有曰く、「之を孔子に学べり。」季康子曰く、「孔子は何如なる人ぞ。」對えて曰く、「之を用いれば名あり(国の名声が上がる)。之を百姓に播(布く)きて、諸を鬼神に質しても、憾する無し。之を求むれば此の道に至る。千社を累(ねかさねる)ぬと雖も、夫子は利とせざるなり。」康子曰く、「我、之を召さんと欲す。可ならんか、」對えて曰く、「之を召さんと欲せば、則ち小人を以て之を固(いやしむ)むこと毋くして、則ち可ならん。」

その明くる年(哀公八年、BC487、孔子65歳)、冉有は李氏の将軍になり、斉と郎の地で戦い、斉に勝った。李康子が言った。「そなたはどこで戦いを学んだのか。生まれつき才があったのか。」冉有が言った。「孔子先生に教わりました。」

李康子が言った。「孔子はどんな人なのか。」冉有は答えた。「先生を用いれば諸国でのあなたの評判が良くなり、その採用は、民衆に知らせても、先祖の霊や山川の神に当否を問うても、後悔することがありません。先生を呼び戻せば、きっとそうなるでしょう。ただし、たとえ千社=二万五千戸の領地を与えて厚遇すると言っても、先生はそれにつられてふらふらとやって来るような方ではありませんぞ。」

李康子が言った。「では私は孔子を呼ぼうと思うが、良いか。」と。冉有は答えた。「先生を呼ぶなら、有象無象の凡人が、先生をうんざりさせるようなことをせねば、まあよろしいでしょう。」

而衛孔文子將攻太叔、問策于仲尼。仲尼辭不知、退而命載而行、曰「鳥能擇木、木豈能擇鳥乎!」文子固止。會季康子逐公華、公賓、公林、以幣迎孔子、孔子歸魯。孔子之去魯凡十四歲而反乎魯。
而して衛の孔文子、将に太叔を攻めんとして、策を仲尼に問う。仲尼、知らずと辞し、退きて載を命じて行かんとし、曰く、「鳥、能く木を択ぶ、木、豈に能く鳥を択ばんや。」文子、固く止む。会々季康子、公華・公賓・公林を逐い、幣を以て孔子を迎う。孔子、魯に帰る。孔子の魯を去りて、凡そ十四歳にして魯に反る。

丁度その頃、衛の家老・孔文子が太叔を攻めようとし*、計略を孔子に問うた。孔子は知らないと言って断った。そのまま衛を去ることにし、車の用意を命じて出て行った。そこで孔子は言った。「鳥はとまる木を選べるが、木は鳥を選べない。〔あなたのパシリにはなりたくない。〕」孔文子はしつこく止めた。一方で李康子は、公華、公賓、公林〔といった孔子の政敵〕を追放し、贈り物を用意して孔子を迎えたので、孔子は魯に帰った。孔子は魯を去っておよそ十四年で、魯に帰ったのである。

*太叔:太叔悼子。晋から衛に亡命した、晋公悼の子・姫慭の子で、衛霊公の寵臣だった子朝の娘を娶った。義父の子朝が衛から逃亡すると、孔文子は太叔に離婚させ、自分の娘を妻合わせたが、太叔は元の妻をかくまっていた。怒った孔文子が太叔を攻めようとしたのである。

春秋時代はこのように、卿大夫=家老格の貴族が互いに争うのが当たり前で、孔子はそうした個人的なもめ事に類する戦いの片棒をかつぐのを嫌がった。孔子は魯を出てからの活動拠点を、主に衛国に置いており、本文にあるように弟子も数多く仕官していた。孔文子に荷担することで、弟子の身に危険が及ぶことを避けたのだろう。

また史記も論語も、最初に孔子を迎えた衛国公・霊公を悪く書きがちだが、霊公は特に仕事も与えない孔子に、いきなりアワ六万斛の捨て扶持をポンと呉れてやっている。アワ1日分は1.28リットルで、1斛≒20リットルだから、六万斛は937、500日分になる。これは2、568.49人が1年食えるだけの給与になる。ものすごい厚遇だと言えるだろう。

さらに霊公が、衛国を出て諸国をうろついている孔子に対する捨て扶持支給を止めたという記録はないから、おそらく霊公死去まで、支給されていたのではないか。また楚から衛に戻った際、新たに即位した出公から、何の報酬も出なかったとは考えにくい。

というのも出公の父・蒯聵が大国晋の後ろ盾を得て、虎視眈々と公位を狙っており、特に後ろ盾のない出公は、孔子一門を味方に付けたい動機があるからである。また孔子も出先の諸国でひどい目に遭うたびに、なぜか衛に戻っている。

孔子放浪年表(佩榮ハイエイ『孔子辭典』に基づく)
BC497
(定公十三年・孔子55歳)
魯国の官職を辞職し、諸国放浪の旅に出る。衛の霊公に一旦は仕えるが、衛家臣の反発に遭い辞去
BC496
(定公十四年・孔子56歳)
衛を去り陳に向かう。匡で陽虎に間違われ受難。のまちでも受難するが、弟子の公良ジュが抜刀して蒲人を威圧、難を逃れ衛に戻る。
BC495
(定公十五年・孔子57歳)
衛を去り魯に戻る。
BC494
(哀公〇一年・孔子58歳)
衛に行き晋に向かうが果たせず。呉、越を破り巨大な骨を得る。呉の使いに骨の由来を説明。
BC493
(哀公〇二年・孔子59歳)
衛を出、曹を通り宋に行く。宋から鄭に逃れる。衛・霊公死去。
BC492
(哀公〇三年・孔子60歳)
鄭より陳に向かい、4年ほど陳・サイで過ごし、楚に出掛ける。
BC491
(哀公〇四年・孔子61歳)
BC490
(哀公〇五年・孔子62歳)

晋の佛肸フツキツの招きに応じようとするが果たせず

BC489
(哀公〇六年・孔子63歳)
楚・昭王の招きに応じ、子貢・宰我を伴って向かうが、陳・蔡の妨害に遭う。楚の宰相・子西も反対し、仕官できず衛へ
BC488
(哀公〇七年・孔子64歳)
衛・出公に仕える?
BC487
(哀公〇八年・孔子65歳)
BC486
(哀公〇九年・孔子66歳)
BC485
(哀公十年・孔子67歳)
BC484
(哀公十一年・孔子68歳)
魯に戻る。のち家老の末席に連なる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)