『史記』現代語訳:斉太公世家・景公

『史記』原文

景公元年,初,崔杼生子成及彊,其母死,取東郭女,生明。東郭女使其前夫子無咎與其弟偃相崔氏。成有罪,二相急治之,立明為太子。成請老於崔[杼],崔杼許之,二相弗聽,曰:「崔,宗邑,不可。」成、彊怒,告慶封。慶封與崔杼有郤,欲其敗也。成、彊殺無咎、偃於崔杼家,家皆奔亡。崔杼怒,無人,使一宦者御,見慶封。慶封曰:「請為子誅之。」使崔杼仇盧蒲嫳攻崔氏,殺成、彊,盡滅崔氏,崔杼婦自殺。崔杼毋歸,亦自殺。慶封為相國,專權。
三年十月,慶封出獵。初,慶封已殺崔杼,益驕,嗜酒好獵,不聽政令。慶舍用政,已有內郤。田文子謂桓子曰:「亂將作。」田、鮑、高、欒氏相與謀慶氏。慶舍發甲圍慶封宮,四家徒共擊破之。慶封還,不得入,奔魯。齊人讓魯,封奔吳。吳與之朱方,聚其族而居之,富於在齊。其秋,齊人徙葬莊公,僇崔杼尸於市以說眾。
九年,景公使晏嬰之晉,與叔向私語曰:「齊政卒歸田氏。田氏雖無大德,以公權私,有德於民,民愛之。」十二年,景公如晉,見平公,欲與伐燕。十八年,公復如晉,見昭公。二十六年,獵魯郊,因入魯,與晏嬰俱問魯禮。三十一年,魯昭公辟季氏難,奔齊。齊欲以千社封之,子家止昭公,昭公乃請齊伐魯,取鄆以居昭公。
三十二年,彗星見。景公坐柏寢,嘆曰:「堂堂!誰有此乎?」群臣皆泣,晏子笑,公怒。晏子曰:「臣笑群臣諛甚。」景公曰:「彗星出東北,當齊分野,寡人以為憂。」晏子曰:「君高臺深池,賦斂如弗得,刑罰恐弗勝,茀星將出,彗星何懼乎?」公曰:「可禳否?」晏子曰:「使神可祝而來,亦可禳而去也。百姓苦怨以萬數,而君令一人禳之,安能勝眾口乎?」是時景公好治宮室,聚狗馬,奢侈,厚賦重刑,故晏子以此諫之。
四十二年,吳王闔閭伐楚,入郢。
四十七年,魯陽虎攻其君,不勝,奔齊,請齊伐魯。鮑子諫景公,乃囚陽虎。陽虎得亡,奔晉。
四十八年,與魯定公好會夾谷。犁鉏曰:「孔丘知禮而怯,請令萊人為樂,因執魯君,可得志。」景公害孔丘相魯,懼其霸,故從犁鉏之計。方會,進萊樂,孔子歷階上,使有司執萊人斬之,以禮讓景公。景公慚,乃歸魯侵地以謝,而罷去。是歲,晏嬰卒。
五十五年,范、中行反其君於晉,晉攻之急,來請粟。田乞欲為亂,樹黨於逆臣,說景公曰:「范、中行數有德於齊,不可不救。」及使乞救而輸之粟。
五十八年夏,景公夫人燕姬適子死。景公寵妾芮姬生子荼,荼少,其母賤,無行,諸大夫恐其為嗣,乃言願擇諸子長賢者為太子。景公老,惡言嗣事,又愛荼母,欲立之,憚發之口,乃謂諸大夫曰:「為樂耳,國何患無君乎?」秋,景公病,命國惠子、高昭子立少子荼為太子,逐群公子,遷之萊。景公卒,太子荼立,是為晏孺子。冬,未葬,而群公子畏誅,皆出亡。荼諸異母兄公子壽、駒、黔奔衛,公子駔、陽生奔魯。萊人歌之曰:「景公死乎弗與埋,三軍事乎弗與謀,師乎師乎,胡黨之乎?」

『史記』書き下し

景公元年、初め、崔杼、子の成及び彊を生む。其の母は死せり。東郭の女を取り、明を生む。東郭の女、其の前夫の子無咎と其の弟偃をして崔氏に相たらしむ。成、罪有り。二相、急に之を治め、明を立てて太子と為す。成、請う、崔に老せん、と。崔杼、之を許す。二相、聴かず。曰く、「崔は宗邑にして、不可なり。」成・彊、怒り慶封に告ぐ。慶封、崔杼と郤有り、其の敗れんことを欲す。成・彊、無咎・偃を崔杼の家に殺す。家皆奔り亡ぐ。崔杼怒る。人無し。一宦者をして御さしめ、慶封を見る、慶封曰く、「請う、子の為に之を誅せん。」崔杼の仇盧蒲嫳をして崔氏を攻めしめ、成・彊を殺し、尽く崔氏を滅ぼし、崔氏の婦自殺す。崔杼、帰るところ毋く、亦た自殺す。慶封、相国と為り、権を専らにす。三年十月、慶封、出でて猟す。初め慶封、已にして崔杼を殺し、益〻驕り、酒を嗜み、猟を好み、政を聴かず。慶舎をして政を用いしめ、已して内に郤有り。田文子、桓子に謂いて曰く、「乱、将に作らんとす。」田・鮑・高・欒、相与に慶氏を謀る。慶舎、甲を発し慶封の宮を囲みて、四家の徒と共に襲いて之を破る。慶封、還り、入るを得ず、魯に奔る。斉人、魯を譲(せ)む。封、呉に奔る。呉、之に朱方を与う。其の族を聚て、之に居る。斉に在りしよりも富めり。其の秋、斉人、荘公を徙し葬り、崔杼の屍を市に僇し、以て衆に説く。九年、景公、晏嬰をして晋に之かしむ。叔向と私に語りて曰く、「斉の政は卒に田氏に帰す。田氏、大徳無しと雖も、公権を以て私し、民に徳あり。民、之を愛す。十二年、景公、晋に如き、平公を見、与に燕を伐たんと欲す。十八年、公、復た晋に如き、昭公を見る。二十六年、魯の郊に猟し、因りて魯に入り、晏嬰と与に魯の礼を問う。三十一年、魯の昭公、季子の難を辟け、斉に奔る。斉、千社を以て之を封ぜんと欲す。子家昭公を止む。昭公乃ち斉が魯を伐ち、鄆(ウン)を取り、以て昭公を居かんことを請う。三十二年、彗星見わる。景公、栢寝に坐し、歎じて曰く、「堂堂たり。誰が此れを有たん。」群臣皆泣き、晏子笑い、公怒る。晏子曰く、「臣、群臣の諛うこと甚だしきを笑う。」景公曰く、「彗星、東北に出で、斉の分野に当る。寡人、以て憂いと為す。」晏子曰く、「君、台を高くし、池を深くし、賦斂は得ざるが如く、刑罰は勝えざるを恐る。茀星(ハイセイ)将に出でんとす。彗星、何ぞ懼れんや。」公曰く、「禳(はら)う可しや、否や。」晏子曰く、「神をして祝(いの)りて来る可くんば、亦た禳いて去る可からん。百姓の苦怨は万を以て数う。而て君一人をして之を禳わしむとも、安んぞ能く衆口に勝たんや。」是の時、景公、好みて宮室を治め、狗馬を聚め、奢侈にして賦を厚くし刑を重くす。故に晏子、此れを以て之を諌む。四十二年、呉王闔閭、楚を伐ち郢に入る。四十七年、魯の陽虎、其の君を攻め勝たず、斉に奔り、斉が魯を伐つを請う。鮑子、景公を諌め、乃ち陽虎を囚らう。陽虎、亡ぐるを得て、晋に奔る。四十八年、魯の定公と夾谷に好会す。犁鉏(リショ)曰く、「孔丘は礼を知れども、怯(よわ)し。請う、莱人をして楽を為さしめ、因りて魯君を執らうらば、志を得可からん。」景公、孔丘の魯に相たるを害(い)み、其の覇たらんことを懼る。故に犁鉏の計に従う。方に会し、莱の楽を進む。孔子、階を歴(また)いで上り、有司をして莱人を執らえ之を斬らしめ、礼を以て景公を譲む。景公、慚じ、乃ち魯に侵地を帰し、以て謝して罷め去る。是の歳、晏嬰卒す。五十五年、范・中行、其の君に晋にて反く。晋、之を攻むること急なり。来たりて粟を請う。田乞、乱を為し、党を逆臣に樹てんと欲し、景公に説いて曰く、「范・中行は数〻斉に徳有り。救わざる可からず。」乃ち乞をして、救いて之に粟を輸ばしむ。五十八年、景公の夫人燕姫の適子死す。景公の寵妾芮姫(ゼイキ)、子の茶(タ)を生む。茶、少く、其の母賎しく、行いを無(なみ)す。諸大夫、其の嗣と為らんことを恐る。乃ち言う、願わくは諸子の長じて賢なる者を択び太子と為せ、と。景公老いて、嗣の事を言うを悪む。又、茶の母を愛し、之を立てんと欲すれども、之を口に発するを憚り、乃ち諸大夫に謂いて曰く、「楽を為すのみ。国、何ぞ君無きを患えんや。」秋、景公、病む。国恵子・高昭子に命じて、少子茶を立てて太子と為し、群公子を逐い、之を莱に遷さしむ。景公卒し、太子茶立つ。是を晏孺子と為す。冬、未だ葬らず。而して群公子誅せらるるを恐れ、皆出でて亡ぐ。茶の諸〻の異母兄公子の寿・駒・黔、衛に奔る。公子鉏・陽生は魯に奔る。莱人、之を歌いて曰く、「景公死するや、埋むるに与らず。三軍の事や、謀るに与らず。師や、師や、胡(いずく)の党(さと)に之かんか。」

『史記』現代日本語訳

景公元年(BC547)、崔杼(サイチョ)にはもともと、子の成と彊がいた。その母は死んだ。そこで東郭の娘を娶り、明を生んだ。東郭の娘は、その前夫との子、無咎とその弟偃を、崔氏の執事にした。成が罪を犯したので、二人の執事は厳しくそれをとがめ、明を立てて跡継ぎにした。成は「領地の崔のまちで生涯を終えたい」と願ったので、崔杼は許した。

しかし二人の執事は許さずに言った。「崔は我が家の中心地ですから、だめです。」成と彊は怒って慶封に告げた。慶封は崔杼と仲が悪く、崔一族が滅びるのを願った。成と彊は、二人の執事・無咎と偃を、崔杼の家で殺した。屋敷の者は逃げ惑った。

崔杼は怒ったが、逃げ散って誰も居ない。ある宦者に馬車を御させて屋敷を出ると、慶封に会った。慶封が言った。「どうです、あなたのために暴れ者を殺してやりましょう。」そこで崔杼の仇敵・盧蒲嫳(ロホベツ)に崔氏の屋敷を攻めさせて、成と彊を殺し、その他崔氏一族を全て殺し、崔氏の夫人たちは自殺した。崔杼は帰るところがなくなり、これまた自殺した。慶封はただ一人の宰相となり、権力を独占した。

三年(BC545)十月、慶封が狩りに出かけた。慶封はやっとのことで崔杼と一族を殺し、ますますおごり高ぶって、酒を好み、猟を好み、政治を放置した。息子の慶舎に政治を任せたが、もう仲違いしていた。家老の一人田文子が家老の桓子に言った。「これはすぐ内乱になるぞ。」田・鮑・高・欒の各家老家は、示し合わせて慶氏を落とし入れようとした

慶舎は鎧を着た兵士を繰り出して慶封の屋敷を囲んで、四家の私兵と共に襲いかかって破壊した。慶封が戻ったが、入れすに魯に逃げた。斉が魯を責めたので、慶封はさらに呉に逃げた。呉では慶封に領地として朱方を与えた。慶封は一族を呼び寄せて、そこに住み、斉にいた時よりも富んだ。その秋、斉では荘公を改葬し、崔杼の死体を市場に晒して見せしめにした。

九年(BC539)、景公は家老の晏嬰(アンエイ)を晋に遣使した。晏嬰は叔向と私的な会談を持ち、言った。「斉の政治はしまいには田氏に握られるでしょう。田氏にこれと言った力はありませんが、公権を握って私的な恩義を施しています。だから民に人望があって愛されています。」

十二年(BC536)、景公は晋に行き、平公と会い、共に燕を伐とうとした。

十八年(BC530)、景公はまた晋に行き、昭公と会った。

二十六年(BC522)、魯の近郊で狩りをし、ついでに魯に入り、晏嬰と共に魯の礼法を学んだ。

三十一年(BC517)、魯の昭公が季子の追撃を避け、斉に逃げた。斉は領地千社(25家=1社)を与えようとしたが、昭公の家臣・子家が押しとどめた。昭公はそこで斉が魯を伐ち、鄆(ウン)を取り、そこに住みたいと願った。

三十二(BC516)年、彗星が現れた。景公、栢寝(地名)に座って、嘆いて言った。「この堂々たる斉国は、誰のものになってしまうのか。」群臣は皆泣いたが、晏嬰がゲラゲラ笑い出した。

景公は怒ったが、晏嬰は言った。「私はお歴々が鳴き真似ごっこをしているのがおかしかったのです。」
景公「彗星が東北に出ており、これは地上で言えば斉に当る。だから私は憂いているのだ。」
晏嬰「殿は宮殿の見晴らし台を高く造り直し、池を深く掘り直し、税収は足りない足りないと嘆き、刑罰が軽すぎると怒っておられる。これではもっと凶悪な茀星(ハイセイ)が出ますぞ。彗星ごときなど軽い軽い。」
景公「ではお祓いしたらいいのか。」
晏嬰「神主を呼んで神様が降りてくるようなら、お祓いして済むかも知れません。でも民の恨み言は万に上っていますぞ? 殿お一人がお祓いしたところで多勢に無勢、民の恨み言には勝てますまい。」

この頃景公は、好んで宮殿を修築し、犬や馬を集め、贅沢にふけって税を重くし、刑罰を厳しくした。だから晏嬰はこう言って、景公を諌めたのである。

四十二年(BC506)、呉王闔閭(コウリョ)が楚を伐ち、郢(エイ)の都を占領した。

四十七年(BC501)、魯の陽虎が主君を攻めたが勝てず、斉に逃げ込み、斉が魯を伐つよう願った。家老の鮑子が景公を諌めたので、陽虎を捕らえた。しかし陽虎は脱走して、晋に逃げた。

四十八年(BC500)、魯の定公と夾谷でよしみの会を開いた。家老の犁鉏(リショ)が景公に言った。「孔丘は礼を知っていますが、臆病者です。どうでしょう、莱人(ライひと、山東半島の原住民)に音楽を鳴らさせ、それに乗じて魯の国君を捕らえたら、願ったりかなったりです。」景公は孔丘が魯で宰相を務めているのを嫌い、魯が覇権を握ることを恐れていた。だから犁鉏の計略に従った。

いままさに会見し、莱の楽隊を進めた。孔子は階段を跨いで上り、衛兵に莱人を捕らえさせ、斬らせた。そして礼法を盾にとって景公を責めた。景公は恥じて、すぐさま魯に占領地を返還してわびて去った。この歳、晏嬰が死んだ。

五十五年(BC493)、晋の家老の范(ハン)・中行(チュウエツ)氏が、晋で反乱を起こした。晋が両氏を激しく攻め立てたので、両氏は斉に来て食糧を要請した。斉の家老・田乞は、乱を起こしてその勢力となる反対党を作ろうとしていたので、景公に説いて言った。「范・中行氏はたびたび斉のために働きました。救わないわけにいきません。」そこで田乞は救援物資を運んで両氏を助けた。

五十八年(BC490)、景公の夫人・燕姫の適子が死んだ。景公の愛妾芮姫(ゼイキ)は、子の茶(タ)を生んでいた。茶は年若く、その母の身分は低く、行いが悪かった。家老達は茶が跡継ぎになるのを恐れていた。そこで景公に言った。「お願いです、公子さま方から年長で賢い方を選んで太子に立てて下さい。」

しかし景公は老いて、跡継ぎについてとやかく言われるのを嫌がった。また、茶の母を愛しており、茶を跡継ぎにしたいと思っていたが、口にするのははばかっていた。そこで家老連に言った。「ただ楽しんで生きればいいのだ。国に君主が居なくてもよかろう。」

秋になって景公が病んだ。そこで家老の国恵子・高昭子に命じて、茶を太子に立て、その他の公子たちを追い払い、莱(莱人が住んでいるような山東半島の奥地)に移住させた。景公が死に、太子の茶が国君に立った。これを晏孺子と呼んだ。

冬になっても、まだ景公を葬らなかった。そして公子たちは殺されるのを恐れて、皆逃亡した。茶の異母兄たちの、公子の寿・駒・黔は衛に逃げた。公子鉏・陽生は魯に逃げた。莱人はこれを歌って囃した。「♪景公死んで、誰も埋めない。国軍の指揮も、誰も取らない。なのにあれに見えるは軍隊じゃないか。いやそうじゃない逃亡公子だ。兵隊さん兵隊さん、いったいどこに落ち延びるんですか?」

『史記』注

論語 斉 魯 地図

クリックで拡大。Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

BC 孔子 孔子 魯国 その他
548 襄公25 景公 4 斉・崔杼、荘公を殺し、景公即位。晋、斉の混乱に乗じて攻撃
547 26 1

 5

  斉・崔杼死す
545 28 3

7

    斉・慶封失脚して呉に亡命
544 29 4 8 弟子の冉伯牛ゼンハクギュウ生まれる 呉の延陵の季子、魯・晋に来たる。三桓の筆頭・季武子、勢力拡大
542 31 6 10 弟子の子路生まれる 襄公死去。3ヶ月後に太子も死去。穆叔が擁立を拒むも、季武子、20歳の昭公を魯公に擁立
539 昭公3 9 13 昭公、晋に朝見しようとするも断られる 斉の晏嬰、晋に来たる
538 4 10 14 昭公、病を称して会盟に行かず。叔孫穆子死去 楚・霊王、申で会盟
537 5 11 15 学に志す 三桓、軍権・徴兵権を四分し、1/2を季氏が、残り1/4ずつを叔氏・孟氏が分け取る
536 6 12 16 弟子の閔子騫ビンシケン生まれる 斉・景公、晋に行く。晋、燕を攻撃。鄭の家老子産、法鼎ホウテイを鋳て法律を公開
  この頃、母死去。知人の輓父バンプの母から父の墓・防山を教えられ、合葬
535 7

13

17 季平子の宴会に出掛け、執事の陽虎に追い返される 季武子死去
534 8 14 18 昭公、楚・霊王から宝物を貰うも取り上げられる 楚・霊王、章華台を造り魯・昭公を召し寄せる
532 10 16 20 幵官ケンカン氏と結婚 晋・平公死去
531 11 17 21 息子の生まれる。葬礼の手伝いをして生計を立てる。のち季氏の倉庫番、牧場管理人となる 昭公、お祝いにコイを孔子に贈る
530 12 18 22 昭公、晋に朝見しようとするも断られる。季氏の家臣南蒯ナンカイ、費邑に立て籠もり季氏に反乱。敗れて斉に逃亡  斉・景公、晋に行く
529 13 19 23 楚・棄疾、霊王を窮死させ平王として即位
527 15 21 26 昭公、晋に朝見し拘束されかかる
526 16 22 27 晋・昭公死去
525 17 23 27 魯に来たタン公から、有職故実を教わる ペルシア、エジプトを征服してオリエント統一
522 20 26 30 このころ、初期の弟子を取る。魯に来た斉の景公と問答。弟子の冉雍ゼンヨウ冉求ゼンキュウ、宰我生まれる 斉・景公と晏嬰、魯に行く
521 21 27 31 弟子の顔回生まれる 昭公、晋に朝見しようとするも断られる
520 22 28 32 弟子の子貢生まれる 周・景王崩御、跡目争い。晋の六卿が平定し敬王擁立
519 23 29 33 周王朝、分裂(孔子辞典)
518 24 30 34 南宮敬叔と共に周の都・洛邑に留学、礼を老子に、楽を萇弘チョウコウに教わる 子死去、跡継ぎの孟子とその弟・南宮敬叔に、孔子に学ぶよう遺言。昭公、南宮敬叔の進言により、奨学金として馬車一台、馬二頭、お付き一人を与える
517 25 31 35 内乱を避けて斉の高昭子のもとへ避難 宮殿に九官鳥が巣をかける。闘鶏が原因で家老同士が私闘、乗じた昭公は季氏を討伐するが、返り討たれて斉に逃亡、さらに晋に行き乾侯に住まう。叔孫昭子死去。 斉、魯の昭公に領地を与えようとする
516 26 32 36 斉で音楽を聴き、「三ヶ月肉の味を知らず」。斉の景公に仕官が内定するが、家老・晏嬰アンエイが反対して取りやめ  

斉、魯を攻撃して鄆を取る。周王朝再統一。彗星現る

515 27 33 37 斉の家老に殺されかけ、魯に帰る。途中、帰国中の呉の公子・季札が行った葬礼を参観。この頃までに主要な弟子を取る。弟子の樊遅ハンチ生まれる

季平子、范献子に賄賂し晋は受入拒否(晋世家)

衛と宋、晋に魯君の受入要求。呉王・闔閭コウリョ即位

514 28 34 38

昭公、晋に受け入れを求めるが季氏の賄賂により実現せず、乾侯に住まう

晋・公室内紛、六卿、公室粛清、六卿強大化

513 29 35 39

昭公、鄆に行こうとして斉・景公の手紙で臣下扱いされ、乾侯を去る

晋・チョウ簡子、刑鼎を鋳て法律を公開

512 30 36 40 晋・頃公死去、定公即位
511 31 37 41 昭公、晋に受け入れ要請。季平子、晋に行き工作 晋、受け入れ拒否
510 32 38 42 逃亡中の昭公、乾侯で死去。季平子に擁立され、定公即位
507 定公3 41 45 チュの家老に、代替わりの冠礼を教える。弟子の子夏生まれる 孟懿子、邾公の作法指南に孔子を紹介 邾公変死、代替わり
506 4 42 46 弟子の子游生まれる 呉王闔閭、楚の都を落とし楚王逃亡。のち秦の援軍を得て奪回
505 5 43 47 弟子の曾参ソウシン=曽子生まれる 季平子、叔孫成子死去。執事の陽虎、跡継ぎの季桓子を捕らえ、家政・国政の実権を奪う
504 6 44 48 陽虎の招きに応じようとするが、実現せず 陽虎、鄭を攻めキョウのまちを奪取。正式に魯の執政となる。この頃孔子を招く
503 7 45 49 弟子の子張生まれる 斉、魯を攻撃し鄆を取り、陽虎に与える(魯世家)
502 8 46 50 公山弗擾フツジョウの招きに応じようとするが、実現せず 陽虎、三桓の当主排除を図って反乱、鎮圧され斉に逃亡。季氏の家臣、公山弗擾、孔子を招こうとする
501 9 47 51 中都の宰=代官に任じられる 陽虎、斉に逃亡。次いで晋に。ローマ、独裁官設置
500 10 48 52 司空=治水頭、次いで大司コウ=奉行職に昇進、家老格となる。斉との外交折衝を担任、定公を救出し占領地を取り戻す 定公、斉の景公と会談し、捕らわれかける
499 11 49 53 家老の少正ボウを処刑する 季桓子と孟懿子、孔子を支持する。斉・鄭・衛との友好を計り、晋と距離を置く
498 12 50 54 三桓の根城破壊を開始、季氏に仕えていた子路に任せる。公山弗擾の反乱を鎮圧。根城の最後、孟氏領・成邑の破壊失敗 公山弗擾、根城破壊に反対して反乱。成邑の代官・公斂処父、破壊に抵抗
497 13 51 55 辞職し、諸国放浪の旅に出る。衛の霊公に一旦は仕えるが、衛家臣の反発に遭い辞去 定公、斉の送った女楽団にふぬけ、孔子を遠ざける 晋内紛、趙鞅失脚するも韓・魏氏の助力で復活。
496 14 52 56 衛を去り陳に向かう。匡で陽虎に間違われ受難。のまちでも受難するが、弟子の公良ジュが抜刀して蒲人を威圧、難を逃れ衛に戻る。家老のキョ伯玉の客人となる 衛太子蒯聵カイカイ、霊公夫人南子を殺そうとして失敗、国外逃亡
495 15 53 57 衛を去り魯に戻る。弟子の子貢、定公の死去を予言する 定公死去。哀公即位
494 哀公1 54 58 衛に行き晋に向かうが果たせず。呉の使いに骨の由来を説明 呉、越を破り巨大な骨を得る
493 2 55 59 衛を出、曹を通り宋に行く。宋将軍桓魋カンタイに追われる。弟子一同とも散り散りになって鄭に逃れる 衛・霊公死去。晋の范・中行氏反乱。斉田乞、景公を説いて二氏を援助
492 3 56 60 鄭より陳に向かい、4年ほど陳・サイで過ごし、楚に出掛ける。各地の王侯貴族より賓客として迎えられる このころかつての学友・南宮敬叔、火消しとして奮戦。季桓子、跡継ぎの季康子に孔子を呼び戻すよう遺言して死去 ペルシア戦争始まる
491 4 57 61   季康子、孔子を呼び戻そうとして取りやめる
490 5 58 62 佛肸フツキツの招きに応じようとするが果たせず 晋・佛肸、孔子を招く。晋・定公、范・中行氏を敗り、二氏斉に亡命。斉・公子陽生、魯に亡命。望んで季康子の妹をめとる。斉・景公死去。子の晏孺子荼即位

『史記』付記

思案中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)