論語=春秋時代の社会:国野制(翻訳)

出典:wikipedia中国語版
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%87%8E%E5%88%B6

を日本語訳の上、増補して公開。


国野制

国野制はまたの名を郷遂制といい、西周時代初期、諸侯国を各地に封じるに当たって、統治階級と被統治階級を区分するために設けられた制度である。西周が採用した分封制に淵源を持ち、実際の運用では、貴族と平民が住む場所の区別となって現れた。しかし春秋時代の末期になると、次第に郡県制度に取って代わられた。

語義

  • 国:またの名を郷といい、通常の淵源は、周が各地を攻略する際に設けた軍事拠点か、諸侯が建てた政治の策源地である。国の土地と人民を管理する者は、載師と呼ばれた。
    載師 大漢和字典
    『大漢和辞典』クリックで拡大
  • 野:またの名を遂といい、各諸侯国の中で、国以外の地域を指す。野を管理する者は、遂人と呼ばれた。
    遂人 大漢和字典
    『大漢和辞典』クリックで拡大

居住者

国の中に住む者を国人といい、国の中には、貴族・貴族に奉仕する手工業者・商人などが住んでいた。

野に住む者を野人あるいは庶人といい、野の住人の多くは被統治階級とされ、農業に従事する平民だった。

国と野の関係

国と野の関係は、統治と被統治の関係であり、野は国に所属した。その結果、どちらの住人かによって、義務と権利に大差があった。[1]

国に住む者が上は貴族、下は商人だったことによって、その住人には一定の政治的・経済的権利があった。国内の重大事、および政治的な対立では、国内の住人には均等な発言権があり(→『左伝』定公八年)、加えて、教育を受ける権利もあった。それと引き換えに、国内の住人には国家防衛の義務があり、兵役に服し、税を納める義務があった。

これに対して、野の住人の多くは農民か、周に征服されたもと異民族で、その結果、参政権が無く、軍人になる権利や教育を受ける権利も無かった。その主な義務は、周の征服地の拡大と、農地の拡大に伴って、その農地を耕作し、周王や諸侯に対して、農産物を提供する事だった。

歴史的意味

国野制が成立すると、領民を統治する方法として急速に諸侯国に広まった。ただし貴族も農民も世襲制だったため、宗族を詳細に調べると、貴族と農民の間の流動性は極めて低く、それぞれが無関係に変化していった。

また野人は被征服民とその末裔であり、国内に住む統治者階級と微妙な関係を持った。その結果、春秋時代の階級対立の具体的な原因になった。[2]

消滅

周の宣王(位BC828-BC782)が即位したのち、野人による公田の耕作を廃止し、野人も国人と同様に、田租を納税させることにした。また戸籍の管理は宗族の手を離れ、国家が統一的に人口を調査し、租税を算定することになった。この二つの改革によって、国人と野人の違いが曖昧になり、階級間の権利の区別も、次第に消滅していった。[3]

史書上の国野制

野人

  • 晉公子重耳…乞食於野人,野人與之塊,公子怒,欲鞭之,子犯曰,天賜也,稽首受而載之。(左伝・僖公二十三)
  • 衛侯為夫人南子召宋朝,會于洮,大子蒯聵獻盂于齊,過宋野,野人歌之曰,既定爾婁豬,盍歸吾艾豭,大子羞之。(左伝・定公十四)
  • 景公射鳥,野人駭之。公怒,令吏誅之。晏子曰:「野人不知也。臣聞賞無功謂之亂,罪不知謂之虐。兩者,先王之禁也;以飛鳥犯先王之禁,不可!今君不明先王之制,而無仁義之心,是以從欲而輕誅。夫鳥獸,固人之養也,野人駭之,不亦宜乎!(晏子春秋・景公欲誅駭鳥野人晏子諫)
  • 晏子入,呼宰人具盥,御者具巾,刷手溫之,發席傅薦,跪請撫瘍。公曰:「其熱何如?」曰:「如日。」「其色何如?」曰:「如蒼玉。」「大小何如?」曰:「如璧。」「其墮者何如?」曰:「如珪。」晏子出,公曰:「吾不見君子,不知野人之拙也。」(晏子春秋・景公病瘍晏子撫而對之迺知群臣之野)
  • 吳使子胥救蔡,誅疆楚,笞平王墓,久而不去,意欲報楚。楚乃購之千金,眾人莫能止之。有野人謂子胥曰:「止!吾是于斧掩壺漿之子,發簞飯於船中者。」子胥乃知是漁者也,引兵而還。故無往不復,何德不報。漁者一言,千金歸焉,因是還去。(絶越書・外傳紀策考)
  • 漢陰老父者,不知何許人也。桓帝延熹中,幸竟陵,過雲夢,臨沔水,百姓莫不觀者,有老父獨耕不輟。尚書郎南陽張溫異之,使問曰:「人皆來觀,老父獨不輟,何也?」老父笑而不對。溫下道百步,自與言。老父曰:「我野人耳,不達斯語。請問天下亂而立天子邪?理而立天子邪?立天子以父天下邪?役天下以奉天子邪?昔聖王宰世,茅茨采椽,而萬人以寧。今子之君,勞人自縱,逸遊無忌。吾為子羞之,子何忍欲人觀之乎!」溫大慚。問其姓名,不告而去。(後漢書・逸民列伝)
  • 夫驢乃服重致遠,上下山谷,野人之所用耳,何有帝王君子而驂服之乎!遲鈍之畜,而今貴之。(後漢書・五行志)
  • 昔魯有兩曾參,趙有兩毛遂。南曾參殺人見捕,人以告北曾參母。野人毛遂墜井而死,客以告平原君,平原君曰:『嗟乎,天喪予矣!』既而知野人毛遂,非平原君客也。豈得以昔之秋胡失禮,而絕婚今之秋胡哉?物固亦有似之而非者。玉之未理者為璞,死鼠未屠者亦為璞;月之旦為朔,車之輈亦謂之朔,名齊實異,所宜辯也。」(西京雑記・第六)

外部リンク

  1. 揭秘周代“国野乡遂制度”
  2. 试从秦部族早期经历看西周前中期对被征服部族的控制兼论西周国野制
  3. 《诗经》与国野制度考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 孔子の生前、君子とはすなわち貴族のことだった。孔子の弟子は司馬牛のような例外を除けば、全て平民の出で、周の古い制度では野人と言われる存在だった。野人は元来国権に従わず、秦の穆公(位BC659-BC651)が乗馬を奪われて手を出せなかった故事が知られる。 […]

  2. […] それも論語時代の意味ではなく、「君子」=”教養があって高潔な人格”という解釈にこだわった。だが孔子の生前、「君子」とは単に参政権のある貴族を言ったに過ぎず、人格だとかは関係が無い。身分も領主貴族とは限らず、単に城壁内に住んでいれば君子だった(→国野制)。 […]